津波と初雪の11月第4週 

2016年11月27日(日) 20時48分
  
先週は福島県沖の地震に続き、東京では54年ぶりという11月の初雪が降りました。

仙台港では1.4mという高さの津波が観測され、大震災から5年が経過した今でもこれだけの余震が起こり得るということに驚きを覚えます。たしか震災当時は、10年ほどは余震が発生する可能性があると言っていたかと、ふと思い起こしました。

津波警報のサイレン、繰り返し非難を呼びかけるアナウンサーの強い口調、逆流する河川の映像、そして地震後の冷たい雪。いずれをとっても震災当時を思い出させるには充分で、胸が詰まってしまうのを禁じ得ませんでした。

被災地に住んでいたわけでも、まして住環境を失ったわけでもない私でもこうなのですから、東北沿岸部の方たちの思いは如何ばかりかと。そんなことを考えた一週間でした。

 

米大統領選のトランプ氏勝利に思うこと。 

2016年11月15日(火) 19時05分
 
ヒラリー・クリントン氏有利の下馬評をひっくり返し、大差で勝利したドナルド・トランプ氏の大番狂わせ。その逆転劇の裏にあるのは、メディアの調査では浮かび上がらなかった、相当数の「隠れトランプ票」であるといわれています。

なかでも興味深いのは、新クリントンではなくても反トランプであるとされる女性層や黒人層、新規移民層などでも、トランプ氏支持がクリントン氏支持を上回ったとする報道です。この点について、とくに女性の間ではトランプ氏以上にクリントン氏が嫌われていたとする見解もあるようですが、それは「トランプ氏は望まれていない」という前提に拘りたいがための無理手だと思います。

私はむしろ、男女平等や差別撤廃、あるいは世界平和などといったお題目よりも、自分の身の回りの生活が第一という切実な心情の現れではないかと考えています。”Love trumps hate(愛は憎しみに打ち勝つ)”とカッコ良く謳ったところで、それも他人に愛を分け与えられるだけの生活の保障があってこそ。「憎しみが愛に勝った」のではなく、「生活が理想に勝った」といえるのではないでしょうか。

では、このアメリカ国民の投票行動は、世界に恥ずべき特異なものかというと、私はそうとも思いません。すでにイギリスのEU脱退、いわゆる”Brexit”でも表出しているように、今や先進国の間にも実生活に対する不満が蓄積しています。首相制のイギリスやドイツでは、いきなりトランプ氏のような急進的な人物がトップに躍り出る可能性は低いですが、フランスやオーストリアのような大統領制の国では、次期選挙で極右政権が高い確率で誕生し得るともいわれています。

そして日本でも、太平洋の向こうの国の話では済まされない同じ状況にあると言えるでしょう。途上国からお客さんがやってくるたびに、国民のお財布から出たお金をお土産にポンと持たせて帰す。それで成果だとご満悦に語られても、共感できる人はどれくらいいるでしょうか?現状で日本が直接投票で政権首班を選ぶとなったとすれば、おそらくやっぱり橋下徹さんのような人が当選するんじゃなかろうかと思っています。

今回の米大統領選であぶりだされたのは結局、国民と政治、そしてメディアや知識層との間の乖離であると言えるのではないでしょうか。この点について、余裕のない国民の側が譲歩するのは不可能ですから、政治・メディア・知識層の側が、もっと世論の内面に目を向け、歩み寄っていかなければならないという警鐘であると受け止められるべきと考えています。

 

雑談テイスト、「雑感」カテゴリ追加のお知らせ 

2016年11月15日(火) 19時00分
 
気が付けば今年も年の瀬が迫ってきてしまいました。このところどうも更新が滞っていましたが、何故と考えると、ちょっと大きな記事を書こうと欲張りすぎていたのかなと感じています。近年は頻度を下げてでも、意見としてまとまったものをというベクトルでこのブログを続けてきたのですが、あまりにも放置では存在意義がなくなってしまいます。かといって、ツイッターのように短すぎる発言の羅列でも、個人の意見を披歴するツールとしてはどうかと思っているので、今後はその中間あたりの内容を「雑談」として発信していこうかなと考えています。

どうしてこんなことを急に言い出したかというと、先週のトランプ氏のアメリカ大統領選勝利がきっかけです。世紀の大番狂わせといわれる同選挙の結果については、もちろん私も思うところはあるけれど、偉そうに発言するほどの根拠も裏付けもあるわけではありません。そこで、あくまで雑感・感想というテイストで書いていく味を残していかないと、あまりにも牛歩なブログになっていますと考えた次第です。

なので、これからはそうした「雑感」カテゴリーの記事を増やしていこうと思いますが、こちらについてはそこまで確信をもって書いている訳ではないということをご承知おきいただければと思いますm(_ _)m

思えば、12年前のドイツ留学の際に、日々のよしなしごとを書き留めておくために始めたブログが、手を変え品を変え、こうして今まで続いてきました。その間、新たなツールとしてミクシィが現れ、スマホが普及し、ツイッターが登場し、NAVERまとめ形式が流行するなど、世の中の情報発信のありかたも絶え間なく変化し続けています。

そんななかで、(一応)試行錯誤を繰り返しつつも、中身はさして変わらず継続している化石のようなブログですが、今後ともお引き立ていただき、よろしく鞭撻いただければ幸いであります。

 

高齢者用電動カートの交通事故についての考察 

2016年09月21日(水) 0時04分
 
もう先月のことなのですが、高齢者用のいわゆる電動カートに乗った老人が自動車に追突されて死亡するという事故がありました。死亡した高齢者は道路の中央を走っていたということで、ネットのコメントでは当然ながら被害者が認知症だったのではないかという憶測が大勢を占めていました。

ですが、私はその事実だけでこの高齢者を認知症とみるのは早計と考えています。相応の老人であれば、誰でも電動カートで摩訶不思議なところを走りかねないものだからです。

どんなに「危ないからやめて」と懇願しても聞き入れてもらえないご老人、あなたの周りにもいませんか?私の近親にもいます。人というものは、歳を重ねると長い人生経験を基盤とした裏付けのない自身が高まっていく生き物のようです。さらには、視力や聴力が衰えることによって周囲の具体的な危険が目や耳に入りにくくなります。

結果として、「自分は大丈夫!」という頑固で絶対的な自身が生まれ、周りを顧みることがあまりなくなっていきます。中学生ぐらいのころに「自分は死ぬはずがない」と感じて行動するようになる時期があると聞きますが、まさに思春期のころに逆戻りしてしまうわけです。

そこへスイッチひとつでスイスイ動く電動カーに乗れば、機械に対する信用と安心から、自信はさらに増幅されます。「後ろから自分が轢かれたり追突されたりしてしまうかもしれない」などという推測は、つゆほども頭に上ってはきません。したがって、路側帯から半分はみ出ていようと、信号もない道路を横切ろうと、中央分離帯の上を走っていようとも、本人には危険だという意識は働かなくなってしまうわけです。

都市部の混雑した道路ではほとんど見かけませんが、地方に行くとこちらがヒヤヒヤするようなこういった方々に遭遇します。さすがに道路のど真ん中はまだありませんが、路側帯と道路本線の間をフラフラしながら走行している電動カートには幾度となく出会いました。

電動カートのご老人を見かけたときは、いつどこにハンドルを切るか分からないという気持ちで、常に緊張して運転しています。轢いてしまいたくなければ、残念ながら後方の運転者が気を付けるしかないのです。

この問題は、電動カートのハンドル操作も機械に100%委ねられるようにならない限りは、解決されないでしょう。ドライバーのみなさま、非都市部の道路を走行される際にはくれぐれもご注意ください!

  

スマホ人間工学 

2016年08月22日(月) 2時02分
  
世間の風潮には逆らえずスマホを持つようになってはや1年か2年くらい。今でもたまに忘れて家を出てしまうこともありますが、無いと焦るくらいには身近になりつつあります。とはいえ、スマホでは通話もメールもしないので、あくまで屋外のネット端末として使用しています。通話とメールは、未だにガラケーを通り越してPHSを愛用しております(笑)。

さて、そんなスマホをいじっていて、ふと気づいたことが1つ。小生は左利きなのですが、両手で使用する時はスマホを右手に持って、左手の人差し指で画面を操作することになります。片手で扱う場合は、左手に持って左手の親指を使います。右利きの方は逆に、右手の人差し指か親指で操作しているはずです。

で、文字入力の場合はあまり問題にならないのですが、画面を盛大に左右にスクロールするときなどに、自分が送りたい方向と逆に画面が動いてしまうことがしばしばあるのです。自分は右に画面を送りたいのに、なぜか左に動いてしまう、といった感じです。

これは何故だろうと考えると、あくまで推測ですが、右利きの人を念頭に置いた人間工学が埋め込まれているのではないかと思い至りました。

人間が指を左右に動かす場合、真横に直線を描いて動かすことは、実はかなり困難です。指の付け根ないし手首またはひじのあたりが支点となるため、これを中心にどうしても弧を描いてしまいます。

たとえば右手の指で右から左にスクロールさせようとすると、どうしても左下にやや下がる形になります。逆に左から右にスクロールさせる場合には、右上にやや上がることになります。これが液晶プログラムに組み込まれていると考えると、左右の動きプラス下に指が動いていれば左スクロール、上に動いていれば右スクロールと判断していると推測されます。

ここで、左利きの場合はこれが逆になりますので(さっきから逆、逆と煩いですが^^;)、左から右へ指を送れば下がり気味になり、右から左に指を動かすとやや上に向くことになります。したがって、本人は右へスクロールしたいのに左へ動いてしまうという現象は、指の軌跡が下がっているために右利きの人が左へスクロールしようとしていると誤って判断されてしまっているのではないかと、勝手に推し測っています。

もしこれが正しければ、スマホ液晶は人間工学についてかなり突きつめられた、日本らしい素晴らしい技術であるといえるように思います。反面、小生のような左利きの人間には少々問題が生じてしまうわけで、せっかくですから「右利き」と「左利き」で切り替えができるようにしていただけると、さらに扱いやすくなるのではないかと考えている次第です。

規制解除まもなき箱根・大涌谷 

2016年08月19日(金) 23時36分
  
今年初めて導入された8月11日の山の日、勤め先の同僚と箱根へ日帰りで行ってまいりました。朝6時30分に出発したのですが、東名高速はすでに川崎から大渋滞でした。

ただ、ほとんどの車はお盆の帰省者で一路故郷を目指しているようで、箱根自体は逆に結構空いていました。

この日のメイン…というわけではなかったのですが、やはり印象に残ったのは規制解除されたばかりの大涌谷でした。とりあえず名物黒たまごをいただきながら噴煙上がる地獄へと向かうのですが、これまで歩いて近づくことのできた山側は、未だ立ち入り禁止となっていました。

他方で、より濛々と煙が湧いていたのは、むしろロープウェイが渡っている谷間の方でした。谷底は硫黄(?)で真っ黄っ黄に染まり、周囲の木々は灰色に煤けてしまっています。数年前に行った時の写真と見比べると、一目瞭然の違いです。


これが今回



これが活動前



周辺の木々はこんな感じです


これは完全に火山活動でしょうと少々危険を感じつつも、その後は箱根の名湯を楽しんできました。大涌谷以外の箱根は至って普段通りでしたので、みなさま余り杞憂せず観光していただければと思います。

  

Windows10のスクリーンセーバーを奇貨に、ドイツ・ザクセンのノイラーテン山城のご紹介。 

2016年08月02日(火) 19時53分
  
7月末までのWindowsアップデートテロの嵐がようやく過ぎ去り、ほっと一安心している8月のはじめ。小生のPCは一度だけアップデート予約ウィルスが作動しただけで事なきを得ました(笑)

使ってもみないで文句をいうなと言われるかもしれませんが、実は小生すでにWindows10に触っております。2か月ほど前に職場のPCが新しくなったのですが、当然ながら中身は10です。今のところ慣れれば問題ない程度の使いにくさなのですが、それ以上になにかと小うるさいのが気になります^^;

で、10では放置時のみならず立ち上げ時にもスクリーンセーバーが毎回ランダムで表示されます。ほとんどが世界中の美しい景色をさらにデコレーションしたようなものなのですが、その中の1枚にどうも見覚えが…。

そうだ!これは数年前に行ったドイツの「ノイラーテン山城(Felsenburg Neurathen)」ではないか!



こ〜んなところにある城跡で(右手の人だかりのあるあたりが塔の跡)、



復元予想図はこんな感じだそうです。

城とはいってもドイツでは珍しい建物がまったく残っていない城跡で、土台となっている岩山にかつての柱穴などがみられるだけです。というのも、これまたドイツでは珍しい総木造のお城だったからのようで、石林のように細くそそり立つ岩山の上に木組みの塔を建て、それぞれを木橋で繋いだものだったそうです。

今ではテーマパークのような有料エリアになっていて、柱穴に鉄格子の橋を渡しています。木製よりは鉄の方が安心とはいうものの、下を向けば隙間からはるか彼方に地上が見え、



横を見れば史跡保存のためとはいえ、当時の穴にそのまま鉄材を乗っけただけのちょっとおっかなびっくりな設備でスリル満点です☆



さて、そんなノイラーテン山城があるのはドイツ東部のドレスデンからプラハ方面へ電車で30分。「ザクセンのスイス」と呼ばれる奇岩巨岩が連なる絶景の観光スポットです。最寄駅のクーアオルト・ラーテン駅からポンポン船の渡しで対岸に渡り、歩くことものの30分足らずでこの景色に出会えます。文化・芸術の都ドレスデンを訪れたら、ちょっと足を延ばして自然観光というのもオススメですよ!

というわけで、図らずも(?)Windows10をお持ちの方は、スクリーンセイバーの画面にちょっと注目してみると気も紛れるでしょう^^

ちなみに、ちょっと詳しい方なら抹消された世界遺産「ドレスデンのエルベ渓谷の文化的景観」というのがあったのをご存じでしょう。「エルベ渓谷」というと、この「ザクセンのスイス」が含まれているように感じと思いますが、実はここはもともと登録範囲外でした。とても紛らわしい話ですが、これにはウラがあると私は睨んでいます。詳しくは以前こちらに記事にしたので、興味のある方はご参照ください。

  

富士山の恵みを感じられるオススメ観光スポット!柿田川湧水群 

2016年06月19日(日) 22時05分
  
先週に続いて旅行ネタで行かせていただきます。しかも、前回より1週間前の話題になります(笑)。静岡県の御殿場から伊豆方面へ、いつものごとく趣味の城跡めぐりに出かけていました。

その途中で立ち寄った泉頭城というお城の跡は、今では柿田川湧水群として立派な観光名所となっています(むしろ城跡だなんて逆に普通の観光客の方には分からないでしょうが^^;)。ここには富士山からの地下水がこんこんと湧き、流れ出ているのですが、その量や湧き方がそんじょそこらとは一味違います。別府の地獄めぐりのようにボコボコと、「わき間」と呼ばれる湧水の噴出孔が数えきれないほど至るところに。あっちでボコボコ、こっちでポコポコといった具合です。
 
 

 

 

柿田川自体はこの湧水群から始まり、狩野川に合流するまでのわずか1.2kmほどしかありません。ですが、数あるわき間から溢れた湧水が合流して川と為す頃には、信じられないほどの水量の幅広い透き通った一大河川となります。

 

そのさまを見て、私の近くを歩いていた人は「(信州の)上高地みたいだ」と言っていました。私はむしろ同じ安曇野の大王わさび農場あたりの風景を思い出しましたが、ずっと都会に近いこんなところでこんな景色に出会えるとは、思ってもみませんでした。そう、この柿田川湧水のもっとも驚くべき点の1つは、そのすぐ脇を国道1号線が通っているということです。清水さやけき公園を一歩出れば、絶えることなく車が走り続けるバイパスがあり、大規模小売店が建ち並ぶ三島市街の喧騒がすぐそこにあるのです。

そんな柿田川湧水の水は当然ながら名水百選に選ばれており、駐車場と飲食店エリアの間には無料の水汲み場も設けられています。また、芝生の広場などもあるので、家族連れでゆったり楽しむことも可能です。国道1号線沿いにあるのでもちろんアクセスも良好。夏のプチ旅行にはもってこいの観光地としてオススメですよ。

それでは最後に、そんな柿田川湧水でもっとも感動したわき間の美しい一枚をどうそ。



  

でかいぞ!牛久大仏 

2016年06月15日(水) 0時01分
 
梅雨とも夏ともつかない変わりやすい天気が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先週末は、茨城県の牛久市へ仲間と趣味の城跡めぐりへ行ってきました。なぜ牛久かというと、仲間の一人がぜひ牛久大仏を見てみたいということだったので(笑)。そんなに熱心な仏教徒というようには見えない方なんですが、まったく信心のない私にしてみればそう言ってくれる人でもいないと、訪ねる機会はなかったかもしれません^^;

知る人ぞ知る牛久大仏は、ギネスブックに「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として登録されているシロモノです。周辺はのどかな山里で遮るものは丘と森くらいしかないので、かなり遠くからでもそのご尊顔を拝することができます。とりあえず2qほど離れた場所から撮影したものがコチラ。



手前の森の樹々と比べれば、その大きさが分かるのではないでしょうか。ウルトラマンやゴジラのようなちょっとした特撮レベルの迫力です^^;

そして最後の城跡を訪ね終った後にいよいよそのおみ足の下へ。



大きさもさることながら、「頭は大仏、体は観音菩薩」といった感じのちょっと違和感のあるフォルムも特徴的です。大仏は有名ですが、いったいどこの寺が建てたのだろうと思ったら、かの東本願寺なのだそうです。

と、ここでひとつ目の注意点です。歩き詰めでようやく着いた私はとりあえず軽食がてら休憩がしたいと思っていたのですが、牛久大仏には飲食店が1つしかないうえに15時で閉まってしまいます。時計をみるとジャスト15時!軽い食事に出来ればビールと思っていた私は、あえなく御仏の無慈悲に打ちのめされてしまいました…。

若いメンバー2人は入場料を支払って胎内まで満喫してきたようですが、オジサン組はもはや気力を失い、脇のお土産屋さんで缶発泡酒とせんべいを買って、腰を下ろしてしまいました^^;

そして2つ目の注意点としては、「牛久」大仏というもののJR牛久駅からは結構離れています。駅から大仏までほぼノンストップのバスが出ていますが、運賃は500円を超えます。その代わり、車でのアクセスはひじょうに良好で、圏央道の阿見東ICのほぼ目の前にお立ちになっておられます。

さらには、阿見東ICに隣接して「あみプレミアム・アウトレット」があるので、自家用車で参拝した後でアウトレットモールでお買い物と食事を楽しむというのが、おそらくもっとも正しい牛久大仏のお参りの仕方なのだろうと思われます。

首都圏の東側にお住いのご家族連れの方々には、ぜひ一度お試しがいのある休日スポットだと思いますよ^^ノ

ちなみに、この日の写真は大仏に終わり、牛久沼の河童に始まっておりました。最後に何かを語りた気なオトナの雰囲気漂う河童の像をどうぞ^^



  

東京湾アクアラインと海ほたる 

2016年05月24日(火) 22時48分
  
このところ一気に季節が夏に近づいた感じですね。先週末は趣味の城跡めぐりで東京湾アクアラインを初めて通り、房総半島まで行ってきました。その日は潮干狩りの解禁日だかなんだかで、運悪く行きも帰りも大渋滞でした。原因ははっきりしていて、千葉県側・神奈川県側どちらから行ってもアクアラインの入口で2車線道路と2車線道路が合流して2車線になっているからでしょう。建設時にはこんなに混雑するとは考えなかったのでしょうか。皮肉なものです^^;

ただ、それさえなければ便利で綺麗な道路ですし、途中の海ほたるもそれだけで十分観光地として成り立つように思いました。造られたばかりの頃は無駄な道路の筆頭のようにいわれ、故ハマコーさんがいろいろと槍玉に挙げられていましたが、あれから東京ドイツ村ができたり木更津がベッドタウン化したりと需要は確実に伸びているのでしょうね。

神奈川県側から入ると、途中の道路脇にはこれぞ川崎!といった大工業地帯の風景が広がり、真上には羽田に着陸する飛行機が間近を飛んでいたりと、車窓からの景色もまた立派な観光資源になっています。



一日中遊べる…とまではいえませんが、360°オーシャンビューの海ほたるは歩いているだけで十分時間が過ぎていきます。


海ほたるから神奈川県側を望む



横浜方面の眺望



君津・富津の工業地帯を望む


春霞でだいぶ煙っていますが、冬場だとおそらくかなり美しくはっきり見えるのでしょう。ただし、海風が常に吹き付けるのでとみに寒いでしょうが。

開通から来年で20周年となるアクアライン。そんな海ほたるはセキレイの住処としても定着しているようでした。デッキには巣からはぐれたのか一羽のひなが佇んでいて、近づいてもなかなか逃げようとしません。手の届きそうなくらい近寄ってカメラを向けても飛び出さないので、彼女(彼?)をモデルに撮影会をしてみました。





なかなか可愛いもんですね。

そうこうしているうちに成鳥が一羽やってきて、ひなに近づいていきます。どうやら親鳥が餌を与えに来たようでした。慌ててカメラを向け直しますが、一瞬のこととて上手くは撮れませんでした。



海ほたるではUターンができるので、ここを目的地に遊びに来るのも、小さなお子さん連れのご家族なんかには良いのではないかなと思いました。それでは最後に、満月の夜景をどうぞ。道路が輝いているのは渋滞しているからです(笑)。



  
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像うじょう
» トンデモ神社のご紹介 (2016年07月18日)
アイコン画像さわちゃん
» トンデモ神社のご紹介 (2016年07月18日)
アイコン画像うじょう
» 近年の天気予報についての愚痴。 (2015年07月11日)
アイコン画像k,y
» 近年の天気予報についての愚痴。 (2015年07月11日)
アイコン画像うじょう
» ドイツ発、パタノスター存続の危機 (2015年06月19日)
アイコン画像k,y
» ドイツ発、パタノスター存続の危機 (2015年06月18日)
アイコン画像うじょう
» トレイルランニングは迷惑者か (2015年03月15日)
アイコン画像儀一
» トレイルランニングは迷惑者か (2015年03月13日)
アイコン画像うじょう
» 城崎温泉街火災復旧応援ブログ (2015年03月03日)