馬連スタンダードで人生が変わる!と【しゃべくり007】ギャンブルをする人が凄く苦手な石原さとみ

May 27 [Tue], 2014, 9:36
こんにちは(^^)



今日も馬連スタンダードレビュー特集中です(^^)

↓↓

優良教材馬連スタンダードレビューはこちら



馬連スタンダードは、実は全く効果が無い?

そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!



手塚 茂さんが自信を持って世に送った情報教材馬連スタンダードを

超お得な特典付きでお届けしています。





購入前はまあ色々でしょうけど、実際のところは・・・

詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。

↓↓

優良教材馬連スタンダードレビューはこちら



て事で、あとはぐうたら日記です。

読み飛ばして下さい^^;



けさのブレックファーストはやっぱりご飯と、ゆでたまごと手鞠麩のお吸い物

私の大好物ばかりです。



10分で食べ終わり、8時50分にマンションを目を擦りながら出発です^^;



いつも通りministopに「あっ」と思って
、ジョージアのカフェオレを並んで購入(-_-;)



いつものルーチンですので^^。



事務所に到着すると、毎日の日課のライブドアニュースを確認してみると

トップニュースは・・・

↓↓

 「日本ダービー・G1」(6月1日、東京)

 皐月賞2着のトゥザワールドが頂上決戦でのリベンジに燃える。今年はJRA60周年のメモリアルイヤー。10年前の50周年レースを制したのが父キングカメハメハだ。父子制覇を達成し、母トゥザヴィクトリー(99年桜花賞3着&オークス2着)、全兄トゥザグローリー(10年ダービー7着)がかなえられなかったクラシックのタイトルをつかむ構えだ。

 前走後は放牧へ出さず自厩舎で調整。栗東CWでビシッと攻められ併走先着を決めた1週前の動きに、中澤助手は「弥生賞のあとの方が疲れはあった。(今回は)回復が早かったし、皐月賞の時と比べても1週前の動きはいいと思う。思い通りに調整はできている」と納得の表情だ。

 新馬戦こそ2着に敗れたものの、2戦目から弥生賞まで4連勝を達成。完成度の高さは折り紙つきだ。「賢い馬で学習能力が高い。次のレースでは課題を克服してくれている」と進化は止まらない。初コースにも「精神的にどっしりとしている。自在性があるし、時計にも対応はできる」と心配はしていない。

 鞍上の川田はハープスターで挑んだオークスで2着に敗れたが、ダービーVなら史上8人目の5大クラシック完全制覇の偉業達成となる。悔しさを味わった人馬が、競馬の祭典で輝きを取り戻す。
(この記事はデイリースポーツから引用させて頂きました)



出た!

ホント、どーでもいいわ。



ハイ、それでは本日のメイン。本日の作業予約。

予定通りに進めばメルマガアフィリエイトに8時間と、モバオクで仕入れに2.5
時間





なかなか大変だけど問題無いだろう



今日もがんばって稼がねば!



稼ぐとなれば、こんなのあります。

↓↓





あら^^;関連してない?

確かに・・・^^;



そんな事より、今日のよるごはんは何しよ?

しゃぶしゃぶか海老炒飯がくいてーなー^^;



恐らく今度の記事更新はどうしても明日になります^^;

お待ちしております。