個人ウェブページへ移管のお知らせ

July 25 [Thu], 2013, 23:34
みなさま

このたび、いろいろ試行錯誤の結果、
個人のウェブページに移管することにしました。

そちらでは、これも趣味の「写真」を中心にしたいと思っています。

お茶も好きですので、まだ整備できていませんが
お茶の話ができるウェブページにしていきたいな・・・なんて思っています。

URLはこちらです。

 http://okamuratomoaki.wix.com/camela

ぜひおたずねいただけたら嬉しい限りです。

あっぱれモロッコのお茶

May 12 [Sun], 2013, 17:46
先日、妻とモロッコで旅行をしてきました。

モロッコを旅先に選んだ理由のひとつに、モロッコのお茶を飲みたいという気持ちが
1%くらいあったのは、ハネムーンと趣味を混同するなと叱られるかもしれないと恐れたので、
わが妻には言ってません。恐妻ではありませんので悪しからず。

しかし、僕がお茶を好きなことは妻も重々承知なので、
たぶんここに書くようにモロッコのおいしいお茶を飲む僕の顔から
バレバレだったことは明らかです。

さて早速モロッコのお茶を紹介しましょう!



ブログのことを考えていなかったので鮮明ではないですが、
基本的に出てくるのは以下のもの。

・アルミのティーポット(お金持ちは銀らしい)
・さまざまな装飾を施した耐熱グラス
・アルミの茶托
・スプーン
・角砂糖

モロッコ人は、やたらとグリーンティーを飲みます。
日本人より消費量は多いかもしれません。
そしてペットボトルではなく、ちゃんとポットで淹れて飲んでらっしゃいます。

彼らがやたらと茶を飲む理由、それはムスリムなので酒がタブーだからです。
アフリカだから生産地が茶より近いのに、コーヒーは陰をひそめていました。
また、フレッシュなジュースもよく飲むようです。

なお、モロッコではミントティーのことを、
別称「モロッコ・ウィスキー」と言っているようです。
お酒は飲めないけど、ミントティーは飲んで楽しく、しかもあったまるからです。

さて、モロッカン・ティーの最大の特徴、それは単純に湯と茶葉だけで
つくるお茶ではないところ!

飲んでみると、どこかでなじみのある風味・・・
そう、歯磨き粉です。歯磨き粉に概して入っているもの、それはミントです。

ミントの葉っぱを、茶葉とともにタップリポットに投入して、
あつあつの熱湯を注いで作るようです。
しかもそこに砂糖をけっこう大量に溶かしているようです。

これ、はっきり言って歯磨き粉の味に近いのですが、
めちゃくちゃ美味しいです。旅行者は歩き回るので足腰がだいぶ疲れます。
そんなとき、そこらにやたらと乱立しているカフェで一休み。
ミントティーを、だいたいひとり10〜20DH(100〜200円)で注文。

しばらく待つと、ウェイターがポットとグラスをうやうやしく持ってきて・・・
日本茶のようにしずしずと注ぐのではなく、がばがばと高いところから注ぎ、
音と泡を故意に作り出しています。

聞くところによれば、この理由は正確にいえば空気をふくませて
香りをよくたてるためだそうですが、現地の人に聞いてみたら、
「音が出てるほうが美味しそうでしょ」とのこと。

そう、屁理屈はどうでもよいのです。
こういう感じは、ぼくも日本でお茶を淹れるとき参考にしたいと思います。



これは、世界遺産の「アイト・ベン・ハドゥ」にくらす
ベルベル民族の女性が淹れてくれたときの様子。

ちょっとぐらいお茶がはねても、美味しいお茶が入ればそれでよいのです。

砂糖が大量に入っていて、疲れた体に染み渡ります。
あったかいのと、ミントの清涼感と、砂糖の甘さと、お茶の渋みが最高です。

なおモロッコではお茶を生産していません。消費するお茶は中国から仕入れています。
そもそもモロッコでのお茶の消費は、イギリス人が中国から本国へ持って帰ろうとした
お茶を、輸送の都合でモロッコで降ろしたことが始まりと言われているようです。

それまでは何を嗜好品としていたのでしょうね・・?

いずれにしても、かの国のマーケットの喧噪と古代から伝わる町並み、
そこで今でも普通に営まれている昔のくらし、ぶっきらぼうでもフレンドリーな人々・・

もし日本でモロッコのお茶に出会えることがあれば、
その香りと味がきっと目でみた風景を強烈に思い起こさせてくれると思います。

---

番外編



モロッコの重要な飲み物そのA

いたるところにあるオレンジジュースの屋台。
これもモロッコの日常の飲み物のようです。

注文してからオレンジを搾って作ってくれます。
1杯のジュースに2〜3個のオレンジを使うようでした。
これは、濃縮還元のオレンジジュース、あるいは
果汁100%未満の香料入りジュースがはっきりいって偽物としか
思えなくなるような味です。本当に美味しかったです。
値段も50円くらい。



モロッコの重要な飲み物そのB

水道水が飲めないので水を買って飲みます。
50円くらいです。

たしか台湾で買って飲んだ水はとても不味くて飲めたものではないと思ったのですが、
こちらの水はどこから汲んだものかわかりませんが美味しかったです。





上:お土産に買ったミントティーグラス
下:同じく土産の、陶器タイル

日本でももうちょっと自由にお茶を飲みたいと思うようになったので、
派手な装飾のグラスと、そしてタイルは茶托などに。

以上、モロッコのお茶リポートでした。
こうこく
頂戴したお便り
うまらくだのこと
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:うまらくだ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年
  • アイコン画像 職業:その他
読者になる
お茶が好きな人間、もとい馬・らくだ。
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/umarakuda/index1_0.rdf