とにかく、怖かった。 

2007年07月24日(火) 16時55分
あんなとき、どうするべきか、わからない

昨日、スーパーでお昼を買おうと入り口に向って歩いていると
突然、猛ダッシュでおじいさんが飛び出してきた。
ちょっと普通じゃなかったので、ずっと見てたら、
そのおじいさん、行き成り、私の目の前で倒れたのよ!

なんていうか、怖かった。
だって、ほんとうに倒れていくんだもん
そのまま起き上がらないんだよ
この人死ぬんじゃないのとか本気で思ったのは初めてだったし
どうしていいか、わからずに、大丈夫ですか!しか言えなかった。近寄れなかった。
近くにいた大人の人が駆け寄ってきてくれて
そのおじいさんを助けてくれて
スゴイと思ったなぁ。おまけに、あれは自己嫌悪にも陥る…
自分って何にも出来ない。って本気で思う。
もうちょっと、何かできただろうって後で思う…

あんなときの対処の仕方とか、いろんなこと知っておきたくなる…

さては!? 

2007年07月19日(木) 23時20分
むむう。どうしようか私は迷っているのです…
何だか最近、7時(19時)頃になると必ずといっていいほど、右耳の付け根あたりに痛みが走る。
ズキンズキンって。
でも、我慢できるぐらいの痛さで…ほんの数分後には直ってるんだよねぇー
だから病院に行くべきか行かざるべきか…
行ったとしても、その痛みがなきゃ上手く説明できないし、行かなかったとして変なもんだったら怖いし…私ってば、悩める乙女!!

というか、昔に似たようなものがあったかな…

小3のときは、夜になると決まって泣きじゃくり中々眠れない日々を過ごし
中1か2のときは、3時になると必ず熱を出すという摩訶不思議な風邪をひいたし

あげてみると、そんなに似てないかな……ただ、決まった時間にってとこだけかな
な、なんか…気味悪いなヾ(;´Д`●)ノ



懇談が終って、ふう、一安心。
目指せ奨学金!!というかその前に大学へ行くのか!?自分!
とまぁ、自分の懇談が終ってくつろいでいたのですが
今日、妹の懇談が終って吃驚…

私『え!?アヒル!!??』
母『こんな数字があったことさえ忘れてたわ』
父『お父さんの思ってたよりはマシやけどなぁ〜』

とまぁ、こういった感じで……いやいや、女は頭がダメでも他でも生きていけるよ。
男のバカはもうどうしよーもないけど、女のバカはまだ可愛いってもんだよ。
と妹の将来について何故か私が心配する。
本人はへこたれた様子もなく、懇談が終ってお昼も食べに帰ってこずにテニスに夢中で…
すぐにヤメルと思った部活の長続きにも驚き…
あの子は可笑しな生物だ…うーむ(o´д`o)



最近の衝撃的発言集! 

2007年07月12日(木) 21時23分
『関西じゃぁ1,2番めぐらいに難しいかなぁ』

マジっスかーヾ(;´Д`●)ノ
少し前に、美術部の顧問でも美術の教師でもある私の担任に、受けたい大学は難しいか聞いたところ
そんな返事が返ってきた。なんでも小さな大学なため少人数しか募集しないためらしい…
少人数なためにレベルがハイらしい…仮に入れたとしても後が辛いらしい…うおぉ_| ̄|○




『いや、別に面白くないよ』

な、何か冷たい。しかも、鼻で笑ったわこの人!
バイトの時に、コップに水をいれまくってたときに(お客さんのラッシュにそなえて)
ちょっと水が入れるのが面白かったので、これ、面白いですよねー!
と横の店員さんに私の感動を伝えると、そんな言葉が返ってくる。
…ぷちショック。せめて、せめて、苦笑いにして!!




『これ、すっぱいよ?大丈夫?』

大丈夫ですよ!それに私はコレが食べたいのー!!
オムライス屋さんでトマトのやつを頼むとそんな事を言われた。
極め付けに、自分の席へそれを持っていくときに

『前向いて、気をつけて持っていくんやでー』

踏んづけてやりたい!あのヤローq(`Д´●)
そんな微妙な親切いらねぃやい!
もっと……お姉さんには、この少しすっぱい大人の味がベストさ。とか
お嬢さん、僕が持っていきます。さぁさぁ。とか
そういう気の利かした接客をお願いするよ!




『なんや、落としてもたんか!おじちゃんも拾たろ』

スーパーで、キッチンペーパーが山積みにされていたものが目の前で倒れていったので、素晴らしい私はそれを拾っていたら、後ろからおじさんが来てそんな事を言った。
いやいやいや!私が落としたんじゃないんだよーー、おじさんーー!
そんな、この積み方が悪いんや。だなんて私をフォローしなくていいよー!!




『今度鳴らしたら、100円罰金しやなあかんなぁ〜』

それだけはご勘弁を(>人<*)
従業員は出勤時に「お客さんがきたよー」と知らせるベルを鳴らさないように店に入らなければいけない。だけど、私はそれが上手くできない。絶対に鳴らしてしまう…店長に呆れられる…
ひゃ、ひゃくえん!?100円あったら、学食のジュース買えるんだよッ!それだけはヤメて!!




『席、あそこ空いてるで!』

私の目線に合わせてそんなことを言ってきた電車の運転手さん。
う、うん。空いてるね。そうだね……でも、なんでそんなに楽しそうなの?
なんでちょっと発見した!って感じなの!これって…レディー扱いですよねッ!?




『うわー、これやったら、月5万家に入れてもらわなムリやわ』

給料全部じゃんΣ(゜ロ゜ノ)ノ
大学の資料が今日届いたので、学費欄を見てたら…えっと、母様にそんなことを言われた。
いやね、私はね、3年間で80万溜めればいいんだと思ってたのよ。てっきり。
でもね、年間160万授業料がいって、それが4年だから……あぁ、頭が痛い…
はたして、そんな大金を叩いてまで大学に行く価値があるのだろうか、とまた悩む…



おまけに

『高校の成績3.8やったけど、奨学金ムリやったわ』

という兄の発言。まぁーじぃー!私、中学で3.7だったよ!?
高校とかそれより下がる予定なんだよ?
そんな、奨学金がムリだったら、もう、ムリだよ。何がムリだなんて、全部だよ。
(兄の場合もう一つ奨学金があるらしいので、そちらをお願いするので大丈夫。多分。)
どーしよーー!保育士になりたいよ〜、美術の勉強もしたいんだよ〜〜
そこの大学しかない学科なんだよ〜〜

なんか…悲しくなるよね!うん! 

2007年07月07日(土) 21時59分
今日はバイトの帰り、後1分というところで電車に乗り遅れたので、
30分ほど待つことを余儀なくされた私……。

そこで電車を待っていると、おじさんとおじいさんの間くらいの年の人が
『泉佐野はどっち方面が早い?』
と聞いてきたので、
『多分、あっちだと思いますけど……よく、わかりません…すみません』
と返すと、その人はお礼を言って立ち去った。

そして、
戻ってきた。2つジュースを持って。
それでもって、
『どっちがいい?』
と聞いてきた。どっちも炭酸だ。レモンだ。違いは?
『いえ、いいです』
でも、やっぱ知らない人だし…知らない人からものもらっちゃいけないし。
落ちてたものも何でもかんでも拾っちゃダメだし…
私は一応断った。
でも、その人はもう一度勧めてくるので、受け取った。

それでもって、その人と世間話をした。
『遊びの帰りかい?』
『いえ、そこの店でバイトしてるんです』
『え…いくつ?』
『(もしや・・・)高1です…』
『へぇー若いなぁ。てっきり』
『あはは、よく中学生に間違えられます』
『おぉ、そうやろそうやろ』
くっ、くつじょくぅーー!!
こんな時間に中学生は出歩かないやい!(私の基準。中学生は7時には家にいるもんだ。)
でも、そんなこと口に出せるわけないし…
あはは。と笑うしかなかった私。あぁ、哀れ……


そして、家に帰って、もらったジュースを飲むべきか飲まざるべきか悩んだ。
も、もし変なもんとか入ってたらーー!
でも、そんな人には見えなかったぞ…
いやいや、人は見かけによらないのだ。外見が小さくても中身は立派な大人ってこともあるでしょ!
っと悩んだ末に、私は、飲んだ。
普通のレモンの炭酸だった。プッハー!って気分。
ちゃんと私は健康だ!疑ってごめんなさい!
…っていうか、これで、お相子だよね!!

自分は保育士にはなってはいけない気がしてきた・・・ 

2007年06月26日(火) 23時19分
「お姉さん、コーヒーおかわり」

あぁ!今、今、この人は何ていったの?お姉さん?お姉さんと言ったわー!!
ダレを?私を!私がお姉さん!!うほほーい!!

という感じで、お客さんの一言でテンションハイ。
うぅん、お姉さんって響き・・・うっとり〜。



しかーし!今日はとってもとっても、泣かしたい餓鬼が来た。大人びたお子様が来た。
見た目は小学校3年生くらいのおチビなマルコメ。いかにも生意気そうな顔。
そしてそのマルコメは

「ねぎ抜きってゆったんやけどー入ってるんやけどー」(めちゃくちゃ偉そう。もしこれが自分の身内のものだったら私は容赦なく睨みつけ、二度とそのような口をきけなくしてやるところだ、なんてこれっぽっちも思ってない。)

そして、そのマルコメの父と母は、それぐらいいいじゃないか。ここのお皿に出しなさいよ。と言う。
だけどマルコメは

「嫌、いーやー、変えて、嫌」(てめぇー好き嫌いしてるくせに舐めた口きいてんじゃねぇーよ。って神のお告げが聞こえた。私には。)

まぁ、それから、私は心が広いしぃ〜、変えてあげたけど〜。
そして、その家族にまた呼ばれて、行ってみれば
またもマルコメが

「これ、お寿司の変更とかできやんの」
「(目上の者にむかってなんて口のききかた!殴るぞ!)すみませーん、変更はできないんですよ」
「タコをエビにかえて」
「(キィィイィー!殴りてぇー!!)すみません、変更できません」

まぁ、中々理解しないマルコメは無視して、その母親にオーダーを聞く。
自分の息子の躾しなおせよ!と言ってやりたかった。
そして、最後に、その母親が

「ワサビ抜きにしてあげてください」

はっはー!ガキめ!ワサビも食べれないのか!ヤーイヤーイ!
私なんてわさビーフ食べれるからぁ〜。ざまぁみろぉ〜。
生意気な口聞くまえに、大人の口にしてこいってのぉー。オーホッホ!

と心の中で優越感にひたりながら、今日も一日働きました。

何か、蚊にさされまくりなんだけど・・・ 

2007年06月24日(日) 0時10分
むむ、毛先が!
ということで、今日はなんと私、新品のハブラシをおろしました!
少しドキドキしながら磨いたのですが・・・・・・実に、痛い。
毛が容赦なく歯茎に突き刺さっている気がします・・・。
いで!を連発しながら磨いてました。
早くやわらかい毛先になるよう一番星に願います。



コンビニ行ったら、大好きなプリンの新シリーズが売ってました。
バニラ味です。
少し、26円普通のより高いんですが・・・奮発して買いました。食べました。
一口に口に含んだ瞬間

ほわぁ〜、し・あ・わ・せぇー

とろける!口内でプリンとける!もう最高なうまさ!!
あれはやみつきになること間違いなし!
私は生涯、あのプリンを愛し続けることを近います



バイトから帰ってきたら、妹がビビンバの上にハンバーグがのったものを食べてました。
美味しそうだったので、大さじのスプーンを持っていきました。
少しわけてもらいました。
でも、妹がテレビに夢中で、ビビンバが中々へらないので、私の食欲が増幅しました。
だから、しかたないし・・・どんどん食べました。
そしたら、ケンカになりました。あんなの妹じゃない。
妹にはプリンのバニラ味が出たことは教えてやりません。絶対に!ふん!


世界は広い。いろんな人がいる・・・ 

2007年06月21日(木) 23時06分
変な客がきた。変だった。というか、もう・・・うぜぃ。
お座敷に案内して、お茶を出しに言ったら

「これ(携帯の充電器)さすとこない?」
「(外にあったけど)すみません、ございません」
「(私の謝罪を無視)こことか」

っていいながら、私のエプロンの結び目にコンセントをさすまねをする客。
セークーハーラー!
そして

「今度作っといて、コンセント」
「(作らねぇよ!)はい」

それから、コールがなったんで、その部屋に向ったら

「あれ?押したっけ?」
「(押してるよ!ランプついてんだろ!)はい?」
「あー、押した押した。でも、まだ決まってないんで後で呼ぶわ」

ふざけるなー!!てめぇー、こっちは忙しいんだぞ!!
決めてから押せって最初に言っただろ!!
・・・だなんてミジンも思わずにっこり。うふふ。

その後呼ばれて、オーダをとる。

「ざるそば、ねぎもノリもゴマも乗せないで」
「(オマエはもう何も食うな!)はい」
「あぁー、みそとんかつのご飯大もりで」
「(言うの遅せぇ!)はい」
「ついでにコーヒーも大もりで」
「「「あはははは」」」
「(面白くもないし、そんなもんない!)はい」

そして極めつけに、部屋を出ようとしたら

「あ、これから、ケンカ始めるんで、うるさかったら言いに来てください」
「(はぁ!?)え、あ、はい」

もう・・・なんていうか、イライラするお客様でした。凄く素敵なお客様でした。

今日の出来事(分刻み) 

2007年06月19日(火) 22時46分
朝、6時54分起床。
うむ、我ながら早いほうだ。理想としては30分あたりがよいのだが・・・まぁ、よしとして。

準備完了、さぁ!出発だ!7時35分。
少し余裕があるぞ!いつもより2分か3分早い!

優雅に自転車をこいで駅へ到着、7時43分。
・・・・・・電車、私の目の前で出発・・・あれ?
いつもより早く出たのに?どこでどう間違ったというの!?

とにかくまぁ、学校の最寄り駅に到着、8時15分。
あと・・・15分・・・
ダッシュ、ダッシュあるのみ!!走れ自分!!

8時29分、学校到着。
自分を褒めてやりたい。あぁ。汗がすごい。

バイト始まり、6時30分。
少ししてお客さんに
『お姉さんもしかして16歳?』
『15です』
『うわー、赤ちゃんやなぁー』
・・・あ、あ、赤ちゃん!?中学生以下とかそんな問題どころじゃねぇい!!
小学校も保育園も全部全部終了しましたー。赤ちゃんなんかじゃありませんー。
と心の中で怒り狂いながらもニコリと愛想笑い。

9時45分、バイト先から出る。
電車・・・また乗り遅れた。
待つこと20分ほど、蚊には4箇所刺される。痒い。

10時20分あたり、わが町へ到着。
自転車のカゴにヤクルトのゴミが入ってある。
私の自転車のカゴはゴミ箱ではない。ふざけないでくれ。ダレが捨てると思ってる!!

10時30分前、我が家に到着。
家に入ると誰も出迎えてくれない。みんなリビングにいない。
ちょっと、ほんとうに少し、寂しい私・・・

12時あたり、熟睡する私(予想)
きっと今日の苦労が私にいい夢を与えてくれるだろう。
ケーキ食べ放題とか、玉木と会えちゃうとか、お金が降ってくるとか
・・・・・・うん、期待しよう。そして寝よう。
おやすみ、みんな!

だから、私! 

2007年06月17日(日) 23時27分
私、決めたんです。だからブログもついでにリニュウアルしたんです。
何を決めたかというとですね・・・

大人な女性になる!!!

理由はといいますと、バイト先の話です。
みんな・・・大人っぽいんだよ。
一つ上のお姉ちゃんとか、もうもう、私と5歳くらい離れてそうなくらい大人な雰囲気だし・・・
背だって皆高いし。
今日だって、上に置いてあるタオルに背が届かなかったし・・・恥ずかしいし・・・
言葉使いとかも、なんていうのかな、大人だし、瞬時の対応がすごいし!
いや、もう、私一人子供なのね。
子供が一人働いてるのね、お客さんも不安だと思うのね、
子供にオーダー聞かれても不安なのね。多分、きっと、絶対。
ていうか、お客さんも子供扱いっていうか、年齢聞いてくるんだよ!
『お姉さんはいくつ?』
『高1です』
『あぁ〜そう。頑張ってるねぇー』
なんていう会話を何回したことか!!
年聞かないでよー、そいでもって、ちょっと納得した顔しないでよー。って感じ!


ついでにオマケに、この前、中学生と間違えられた!!
ぐふぉー、中々なダメージ。私はショックを受けた。ガビーン。
学校の近く歩いてるんだし、高校の制服着てるでしょうに・・・



だから、だから、私は大人になるんだ。
ちょっとツンとしてて、冷たい雰囲気でイッツァ、クール!
だけども笑ったらウフフ、オホホな、ふんわりしたお姉様に!!
憧れるぅ〜。
いやいや、憧れるんじゃなくて、実行するのだよ私は。
ファイアー!自分!!

ささいな話。日常かどうかも危うし。…何だこのタイトル。 

2007年04月30日(月) 14時16分
ちょっぴり久々な気がする。うん。でも、気のせいってことにしておこう…。


金曜日に兄が帰ってきました。兄もまだバイトを始めてないらしく、私と同じくプーだ。
これは、兄より先にプー脱出をしなくては!と俄然バイト探しに燃える。
でも、なんだかんだで中々行動に移せない私なもんで…働けるのはイツになるやら…。


家にあるPCが占領されてて、兄のノートパソコンを借りてブログの更新に励んでいるんだけど、
つ、使いずれー。めちゃくちゃ使いづらい。
なんだ、このキーボードのタッチの軽さ。押したことに気づかない!
マウスの代わりの――何て名前か知らないけど――板みたいな所には知らずに触れてしまってるし…
うおぉー、不便だ。どこが便利なんだ。不便意外の何者でもないじゃないか!!
これを使いこなすのは無理がある!!!


ワーニバル。という曲を探しているんだけど…みつからない。
ッチ。
ちょっとした管理人の生態
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:兎夢
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
兎の夢と書いてトムと読む。ちなみに兎はさほど好きではない。私は犬派だ。
誕生日は、知ったら知ったで気を使わせちゃいけないので伏せておきましょう。
職業は、睡魔と闘う女子高生兼和食レストランでせっせと働くアルバイトといったところ。
性格は、自分でも把握しきれていないんですが・・・一言で言ってしまえば『え』と、まぁ、こんな具合。
最近の悩みは・・・あ、聞いてくれます?・・・朝です。朝瞬時に布団から起きる方法が知りたい。誰か教えてください。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
旬なコメント、うっわ、ニュウじゃん!?
アイコン画像Aさん
» さては!? (2007年07月20日)
アイコン画像とむ
» 最近の衝撃的発言集! (2007年07月19日)
アイコン画像ゆい
» 最近の衝撃的発言集! (2007年07月17日)
アイコン画像東城
» 最近の衝撃的発言集! (2007年07月13日)
アイコン画像ちさ
» なんか…悲しくなるよね!うん! (2007年07月10日)
アイコン画像ゆい
» なんか…悲しくなるよね!うん! (2007年07月09日)