2009.03.14

May 18 [Wed], 2011, 1:00
その日、自分はとめどなく凹んでた。何があったとか、そんなんじゃなく。ただ、色々嫌気がさした。そんな感じ。

仕事が終わった。
ただそれがその日の救いだった。早く現実逃避がしたかったから。

気分転換はドライブ。
夜中のドライブは、何も考えないから好きだ。

とりあえず、バイトの女の子を送って帰らなきゃ。

まさか、バイトの前で社員の自分が凹んでる姿は見せられない。
バイトの男の子の、謎なイライラスイッチに爆笑しながら、とりあえず自分は相づちをうって、家まで送る。

「なんか元気ないですね。」

ん?
「そんなことないよ。」

バレてる。
でも、そんな様子を見せずに、お疲れ様、と別れを告げて。

でも、やっぱダメだ。
帰り道、吐き出すために大型ショッピングセンターの駐車場に車を停めて、携帯日記に愚痴。

即座のメール。
『大丈夫ですか?無理して盛り上げてくれなくても隣にいますよ。つらかったら年下ですけど、聞きますから言ってください。』

さりげない優しさ。
気の使える彼女からのメールで、なんとなく柔らかい気持ちになって、家路につけた。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:うるとらまりん
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ultra_marine/index1_0.rdf