ヒメウォンバットだけど響

August 31 [Wed], 2016, 23:48
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、一向に妊娠の兆候が見られなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。特にサプリで葉酸摂取をしている方にお伝えしたいのですが、サプリによる葉酸の体内吸収率が非常に高く、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。胎児が健康的に成長するためにも、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸を摂った方が良いと思います。一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜の野菜に多く含まれています。病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。妊娠を望む方や妊活中の女性にとって意識して欲しい事と言えば、やはり食事の内容です。普段から妊活を頑張っている方は、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。平均体温と基礎体温は違います。基礎体温を見るとホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表は5分もあればつけられますが、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、きちんと守っていくことが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿、汗と共に体外に排出され、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。とはいえ、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、葉酸摂取の期間を出産までと限っても大丈夫です。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。中でも特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は最も注目したい効果です。今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、葉酸を十分に摂ることがおススメです。毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。サプリでしたら定期的な葉酸摂取がそこまで負担にはなりませんので一番簡単な方法だと言えます。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:レン
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ulrpuh9nonote3/index1_0.rdf