キセキレイでなっさん

January 15 [Fri], 2016, 18:53
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。
ですから、食べ物から摂取する場合、調理には気を付けてほしいポイントがあります。
具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、熱は通す程度にした方が良いと思います。
こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリを活用すれば確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。
では、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。
確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。
ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそうではないのです。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。
サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって知っていたので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思います。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。
葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。
また、他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。
ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリメント等を活用するのがおススメですね。
サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ませられますね。
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
自治体の助成金制度を利用しても、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。
第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。
実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、いっそう精神的に疲れてきました。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
妊娠しにくい体質を改善する食品というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも大事な栄養素が含まれていますから、意識して摂取していきたいですね。
ただ、総合的に言えば、様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想であることは間違いありません。
また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、産後までは我慢したほうが良いですね。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、即、妊娠できるというわけでもなく、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。
私はラッキーだったのか、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えて充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省によって勧告されています。
葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。
亜鉛と言えばアルコール分解やコラーゲンの精製など、人間の体にとって必要不可欠の栄養素ですよね。
妊活中にも、亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。
その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。
このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。
男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることをサポートする効果があるのです。
健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を実践してみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Noa
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ulponwaisleces/index1_0.rdf