まさおの永岡

May 12 [Thu], 2016, 11:28
病院では普通、看護師が注射や採血をおこないます。注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、注射されるなら上手な看護師に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、看護師によって上手い下手があるのは当然で、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。

上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。

一口に看護師と言っても、部署がちがえば、看護師として必要になる技術や処置もまた違います。
それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの知識を身に付けることが出来ます。
将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、やる気も湧きやすいようです。

他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、少なくとも平均年収においては明らかに看護師の方が多いです。慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある理由ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

少し前までは、一般常識として、看護師イコール女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の職業でしたが、近頃では男性看護師の割合も増加しています。


看護職においては、患者の移動の際や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性看護師の存在は有難がられることも多いです。
年収については、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れないといけないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。



おもったより以前は、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると人々に捉えられていたようです。

でも、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるということを知る人は多くなってきています。

その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに看護師は給料の高い専門職だということです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruto
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uln2mabu0terpt/index1_0.rdf