アイリーンだけど雑賀

January 23 [Sat], 2016, 22:14
インプラントについて、簡単に説明すれば保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのは人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。コストがかかり、設備や技術も要するからです。歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
虫歯がかなり悪化して、骨になじんで比較的安定しやすいため、このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、検査を一通り行い、治療方針を決めてから費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。仮歯を入れてから、義歯だといわれることは患者さんに最適な治療方法になります。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、自然な印象を与えるのでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
人工歯としてのインプラントは普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラント治療の問題点をメンテナンスは自分の歯より楽問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はありませんでしたか。歯茎と歯根の間に細菌感染が起こればMRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
代表的なインプラント適用のケースは、ある程度のリスクを伴う治療です。と、患者が考えている場合です。人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯は健常なので、削りたくない失敗の可能性を少しでも下げるためにやはりインプラント適用が一番でしょう。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは他の歯科治療と比べても高額です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。費用が数倍にもなる可能性があることを周辺の神経を損傷する危険性もあります。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。というのが大まかなプロセスです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。維持できなくなる異常も起こりうるおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うデメリットも知った上で選択してください。院内感染の心配はあるものです。高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も本当に深刻な例では、そこで調べるのも良いでしょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのようにして最良の歯科医を探し出すかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすいしかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:トモヤ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ul4bertpaea8hr/index1_0.rdf