金浦空港に到着すると、鬱陵島ソ

January 18 [Wed], 2012, 16:23
金浦空港に到着すると、鬱陵島ソウルの最初の日に、米国のアクセスを強制的 - 韓国のニュースを、10分午後8時まで飛行自民党の一日に羽田空港から出発、議会の3つのメンバーが日本であるに入ることは禁止されています。商務省の自民党議員隆進藤商工会議所、11:30前後昨日から三が、金浦空港議会に到着したが、韓国当局は、エントリを禁止通知。司法関係者の部門を導くために議員を待つ部屋、韓国移民者たちの事務所は、韓国政府が禁止移民政策を説明した。しかし、韓国政府当局者の説明を残すことを拒否にもかかわらず、議会のメンバーが日本大使を説得し続けるように要求。午後7時00分かそこらは、政府が使用すると最後通牒の部屋を待っている不法入国者の一般的な本国送還は、議員が自分の位置を変更するときだけ家に帰ってきて、帰宅することを決定していない。振動のメンバー"再び韓国を訪問、"日本で開催された記者会見は、それは立場を明確に述べた。呉松本、日本の外務大臣の昨日の午後の光、新しいGAK洙(Shingakusuが)日本に韓国の大使として知られているという一方で、韓国の日本大使館によると、日本は韓国政府に発現後悔のエントリのメンバーを禁止しています。さらに、外務通商部の李松本(OH)が、また国会が残念ながら独島独島の12日に開催される保護するために独島の全領土のための事務総長によって任命された特別なタスクフォースを発現し、議会はまた、観光客を破るように努めた。韓国政府のセキュリティ業務の日本国会議員の間で二国間関係に悪影響を及ぼすが、日本が韓国を強制的に訪問するので大使シェンは、早期参入の禁止が不可避であるが、と説明した下院その遺憾の意を表した。さらに、日本の場合に関連して領土主権の行使を支持する韓国への適切な李部長の訪問と会議委員会の独島(トクト)は、何も言わなかった。韓国の市民団体、"国務院は、常に鬱陵島に停止する、"日本の自民党の議員が鬱陵島を訪れるという、韓国の"強制"北朝鮮の成長"日本の議員は、鬱陵島受け入れを訪問"日本と韓国の外交的緊張、鬱陵島、または鬱陵島が日本を拡張するために議会の摩擦のメンバーを訪問し、韓国は"撤退すべき"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ukythrg
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ukythrg/index1_0.rdf