呼び捨て。 

May 08 [Thu], 2008, 18:51
毎日が忙しくて、引越しも控えてて手続きやら、荷造りでなかなか時間が取れなくて、いつもコメントも残さず訪問してごめんなさい。

昨日のお風呂でのこと、

みゆ:「ゆか!!」
私 :「お母さんやろ??」
みゆ:(首を振って、にや〜っと笑いながら)「ゆか!!」

おばあちゃんが冗談で教えていたのを覚えてしまったようで・・・。

5歳下の妹からも、先輩のとこの子(現在年長さん)からも呼び捨てにされる私。自分の娘にまで呼び捨てで呼ばれるとは思いませんでした(T▽T)

冗談で言うのは許すけど(可愛いから・・・。)本気で呼び捨てで呼ばれないようにしなきゃなぁ。

実にオカシナ『日本書紀』(2) 

February 15 [Fri], 2008, 13:05
 なのに11世紀に登場するときは、

 陸奥(むつ)の俘囚(とりこ)、安倍頼時として叛賊とされ、

 源頼義、義家父子らに子貞任(とう)ともども討たれ、宗任は伊予に流される。

 三年後宗任は太宰府に移されているから、

 山名(さんめい)の森は彼がつけたものではあり得ないが、

 わざわざ伊予に流されたのはなぜであろうか?

 これは、なぜであろうか。

 ひと言でいえば、『日本書紀』が頼りない史書だからである。

 一応大きな批判が加えられた戦後でも、

 日本の正史とされて崇神天皇あたりから実在、

 応神天皇からは信じられるとして「何世紀には……」という引用が行なわれているため、

 一般にはそれほど疑問視されていないが、実は、かなりおかしな内容が混じっている。

 初期の天皇の年齢(さきの御歳のこと)が異常な高齢にみえることは、

 もうご承知のとおりだが、それは臣下にも及んでいる。

 武振熊(たけふるくま)という人物は、

 神功皇后(じんぐうこうごう)元年に登場し、仁徳六五年にも出てくる。

 この間165年。

 武内宿祢(たけうちすくね)に至っては孝元天皇の孫といして

 景行一二年より前に生まれ、仁徳五十年に天皇と歌合わせをする。

 この間450年。

 中臣烏賊津使主(なかとみいかつおみ)は仲哀九年に四大夫の一人で、

 允恭七年にも出る。

 この間218年。

 倭直吾子籠(あたえあここ)は応神四一年から雄略二年まで146年。

 いずれも初出のときすでに成人で、後出以後もすぐに死んだわけではない。

 ※出典:加治木義博・言語復原史学会
    「KKロングセラーズ≪真説≫日本誕生誰が巨大古墳を造ったのか:117」

久々に日記ぃ♡♡♡ 

February 08 [Fri], 2008, 11:48
                          久々に日記を更新しますっっっ

                        一週間・・・結構ぁいたなぁ。。。

                      なぁんて思いながら更新してます(((笑
            
                 今日ヵらワールドカップバレーが始まりましたねぇ

                     日本ゎ初戦見事ストレート勝ちっっっ〓〓

                                 すンごぃです♪

                  ってソコょりもあたしが気にしてたのゎモチロン

                   メインサポーターのJUMPの方なンですけどねっ

                    もぉTVの前でずっと妹と叫んでましたょ・・・

                   まぁこれから見れるヵら超嬉しぃんですょねぇ

                        ゃったねっっっっ(嬉★*'凵`◎)b

                            ンじゃぁそろそろ寝ますぅ

                                ぉやすみなさぁい

★第二章 奇跡 ★ 

January 18 [Fri], 2008, 23:42
第二章 奇跡

「世田谷救急隊から...救急本部...」。

「こちら救急本部...世田谷救急隊どうぞ...」。

「患者は二名..二名とも男...二名とも年齢十七...学校の屋上でけんかをしている最中...

落雷に合った模様...」。

「本部了解....状態はどうだ...?」。

「一人はCPA..(心拍停止状態)CPR実施中(心臓マッサージ)..」。

「本部了解..」。

「もう一人は意識無し..呼吸有り..血圧五十の二十..」。

「本部了解..」。

「聖マリアンヌ病院OK取れましたので、搬送します..以上世田谷救急..」。

「本部了解...」。
 
病院に、救急車が到着すると、直さま二人は、集中治療室に運び込まれた。
 
そして救急担当の医師が、看護婦に適切な指示を与えている。
 
病院には有りがちな光景でも、真、小百合にとっては、うろたえるしかなすすべは、無かった。
 
浩次は心臓停止状態に。聡は息は有るが、極めて危険な状態に置かれていた。
 
小百合、真は、集中治療室の外でただ呆然と、立ちすくむしか手立ては無かった。
 
学校からの連絡で、浩次、聡、の母親、担任の教師らが駆けつける。

事情を、真、小百合に尋ねるが、

気が動転している彼らには、聞く耳も持つ余裕など無った。
 
集中治療室から、一人の医師が出てきた。
 
そして両親、担任に、事情を説明し始めた。
 
「浩次君のご両親は..?」。そう尋ねると、事態をまだよく把握していない浩次の母親が、

顔を強張らせながら、担当の医師に近づく。そして医師は、

「浩次君は担当の医師が、全力を尽くして

治療に当っていますが、極めて危険な状態に置かれています」。
 
浩次の母親はまだ事態を、把握できぬまま挙動を荒立て、

「い..いったい、どうなってしまったのですか」。
 
その言葉に医師は重苦しい面持ちで、その危険な状態を母親に告げる。
 
「今、浩二君は、心臓停止状態に有ります。担当の医師が、心臓マッサージを行いつつ

心臓に電気でショックを与えて.....」。
 
医師がその言葉を、口にした瞬間。浩次の母親は、

病院の待合椅子に座り込み、挙動を荒立てたまま、

両手を顔に押し付けて、ただ泣きじゃくるだけで有った。

真、小百合、聡の母親が、同時に聡の容体を担当の医師に尋ねる。

「聡君の容体は...」。 
 
担当の医師が、右手を頬に当てながらながら、

「聡君は、息は有りますが..、意識は有りません..。ただ、

落雷した時..右足のシューズが脱げていたと考えられす。

搬送されて来た時に...、右足だけシューズを履いていませんでした。

つまり落雷が有った時、電気は心臓を通らず、履いてい無かった右足から、

電気が抜けたものと考えられます。従って、手から上下つまり..

脳に到達しながら、右上半身を通り..右足を経由して..

伝導率が良い雨、つまり水を伝わって抜けたものと考えられます。

ですが意識が戻ると言う保証は、確実には有りません..

最悪の場合を想定いたしますと..このまま意識が戻ら

ないと言う、可能性も覚悟の上、ご承知願いたいと思います...」。

そして..担当の医師は頭を深々と下げ、重苦しい面持ちのまま、集中治療室に戻って行った。 
 
真、小百合、担任、母親二人は、返す言葉を失い、

ただその姿をじっと、見つめるに過ぎなかった。

 そして..十日後。

「..なんだ..どうなったんだ..俺は...」聡は闇の中から、ざわめく声を耳にする。

(死んじゃったの...)

(もうコイツだめだろ〜..かれこれもう十日も、こんな状態だぜ..)。

(恵美には悪いけど私..聡君に..手紙で、ずーっと、告ってたのに..)。

(香典とか出すのかよ、今月、金ねーんだよ、息吹き返してくれよー..)。

(聡が死ねば恵美は俺の..)。

(受け持ちの生徒が死ぬなんて、初めての事だから..関係者、親御さんに、

どう対処して行けば..、鈴木君のクラス担当の山下先生、頭抱えて悩んでたしな)。

(浩二は死んで..こいつは植物人間かよ..もうバンド解散するか、メンバー探すか..)。

(聡君..聡君..死じゃだめ..)。

(俺、聡に金返してね〜や、まっいっか、息吹返す様子..無さそうだし...)。
 
聡はその時、大きく息を吸った。
 
そして、目をゆっくりと..開けて行くと、

同じクラスの友人、両親、担任、の顔が真上から見下ろし、

驚愕な眼差しを、目の当たりにした。
 
 そして、母親が、「聡、聡」と、聡の右手を両手で持ち、

泣きながら、聡の胸に顔を埋めて行った。

「生き帰ったんだぁ〜」彼女の白畑恵美は、聡の左手を、両手で持ちながら、はしゃいでいた。

みなこの状況下に、抱き合い喜び合っていた。
 
まだ事態を把握していない聡が、ただ朦朧としていた。
 

明石防災フェア 

January 10 [Thu], 2008, 10:13
 明石市総合防災訓練としてこれまで行われたきた取り組みが今年度から明石

防災フェアとして行われることになりました。

カワイハウジングもダンプを持ち込んで訓練に参加予定です!!

   【備えあれば憂いなし】

災害は忘れた頃にやってくるものです、家族や地域で災害に備えましょう

日 時 : 9月1日(土) 10:00〜11:30

場 所 : 明石市立朝霧中学校

問合せ : 明石市 総務部 防災安全課

      078−918−5069  

いよいよ明日☆ 

December 21 [Fri], 2007, 3:56
旅行に行ってきまーす!



3泊になるかな?4泊になるかな?フフフ



1泊以外は車中泊なので、キャンプみたいです。
私はワクワクだけど、まいりが夜、寝られるかちょっと心配かな。。



今日、準備をしていたら・・・、
なんと・・・




いつのまに(((゜□゜;)



旅行の資金をまいりが狙ってました・・・^^;

★広山直美からのお知らせ★ 

December 12 [Wed], 2007, 16:14
こんにちは*広山直美です。

このブログで紹介させていただきました昨日発売の温泉ムック本ですが、
なんとマヌケなことに、本のタイトルを間違えて紹介しちゃいました・・・・。

正しくは「温泉ベストプラン!」(昭文社)でございます!

「ガイド」ではありません「プラン!」です。

お問い合わせメールをくださった皆様、大変申し訳ありませんでした!!!
ああマヌケ・・・。


広山直美

クッション衣替え 

December 07 [Fri], 2007, 11:42
秋が深まってキター




と言うわけでクッションも衣替え







'''可愛いでしょ?'''



フランフランで買ったの。



どちらもニット。暖か〜い♡



'''おいおい、おやじ臭がつくから白いクッションに頭をのせないで!!'''

夕食(10/17) 

December 04 [Tue], 2007, 21:40
母子不在のため,



夕食をどうするか・・・



スーパー行ってから考えようと,



結局,こうなりました。







・さんま
・ブリ
・イカ



3種盛り+泡飲料




秋は,いいですねー。



おいしいものがたくさんあって(^^)。



刺身代600円です。

H 

December 01 [Sat], 2007, 13:21
H
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ukusro906
読者になる
2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像花鳥風月
» 呼び捨て。 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» 呼び捨て。 (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 呼び捨て。 (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 呼び捨て。 (2008年10月13日)
アイコン画像めーたん
» 呼び捨て。 (2008年10月08日)
アイコン画像はにまる
» 呼び捨て。 (2008年10月01日)
アイコン画像きりひと
» 呼び捨て。 (2008年09月30日)
アイコン画像ゆりり
» 呼び捨て。 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» 呼び捨て。 (2008年09月21日)
アイコン画像MASA
» 呼び捨て。 (2008年09月18日)
Yapme!一覧
読者になる