マリリンの唐沢

April 06 [Wed], 2016, 23:27
浮気調査で肝要なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。浮気の痕跡が確かでない場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。もしも浮気が確かなこととなれば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、不倫相手の正体を確定させるのです。
探偵による調査は高額ですから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、いざ、自分がしてみると相手に勘付かれずにつけるのはとても技術がいるでしょう。勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。
結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所が望まれます。他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか確認が必要です。法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼をやめておきましょう。
探偵の一部はアルバイトのようなことがありえます。探偵としてのアルバイトを調べてみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。ということは、バイトを使っている探偵事務所もいくつもあります。浮気について調べるように言うときには、個人情報を教える必要があります。バイトだと簡単に辞職することも考えられますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。
同じ電話番号の人から何度も電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を割り出せますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。
配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ただし、配偶者が不倫をする前から、家庭内で別居している状態であったり、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料をもらうことはできません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど色々な事を考えて裁判所が決定します。
相手に全く覚られずに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。浮気調査を探偵が依頼されたときは、用途に適するサイズのカメラも用意し相手にバレないように顔がはっきり判る写真を撮ることができます。
探偵は頼まれたことの調査をやるだけではいいということではありません。浮気の実態を調査し始めると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。その時、どれだけ依頼者のことを最優先に考えてくれるのが信用していい探偵と言うものです。探偵を信頼してもいいか判断するには、どのような対応をしてくるのかなどでよく考えて判断するようにしてください。
なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、ある程度自分で前もって調査をすることでしょう。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば良いだけです。毎日、仕事に出掛けた時間、帰宅した時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。
どのような行為をしているか記すことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。毎日の行動の仕方には、ほとんどの場合決まりができるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、動きの法則性が変化してきます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを特定することができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:優芽
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ukottinsrwenoh/index1_0.rdf