それはわかってる

May 11 [Fri], 2012, 16:40
何がいけないのかはわかってる。
声掛けを怠る。
粗暴な態度でいる。
愛想がない。

わかってはいるけど、好きにも嫌いにも友達なんて作る気にもなれない職場でいけ好かない、生理的に受け付けない人の中で礼儀正しくなんて私のようなクズには難しいこと。甘ったれというのだろうな。

では、何故他にも注意を受けるべき者はいるのに何故私だけこんな思いをしなければならないのだろうか。
独りよがりもいいところだと思われることだろう。しかしこれは私の長年の不満。そういう星の元に生まれついてしまった者の不満なのだ。

劣等感を感じながら声掛けなど私には難しいことだ。いっそのこと機械のように感情なんか打ち捨ててしまいたい。どんなにそう努めても結局感情が勝ってしまう。人間やめたい。

感情を打ち捨てろ。
私個人のプライドなどここでは塵に等しい。
声を掛けられたら、ただ応えるだけでいい。

そう心構えたつもりでもあくまでつもりでしかない。想像するのは容易くとも、いざ本番になれば勝ってしまう感情など捨てて燃やして海に沈めろ。
何がいやって注意されること。そんなに嫌ならとっとと辞めちまえと言ってしまえばいいのにね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:烏貴
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ukiofchicken/index1_0.rdf