中嶋で篠田

July 24 [Mon], 2017, 1:46
妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。通常の食事での摂取とは別に、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が通知を出しています。葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが大事です。
葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に気を付けてほしいポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって熱を通す必要があるならば、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリで摂取するのが手間がかからず良いと思います。
妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。ピジョンが発売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリにカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が一錠にまとめて詰め込まれています。これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。
今、二人子供がいます。二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。長男が生まれていましたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしたという訳です。妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別が分かるまでは緊張しましたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。産み分けをして良かったと思っています。
不妊が続く状態を打破するために、いつもの食事を改めてみるのも一つの手かもしれません。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、卵子や精子の活発さは、期待できませんよね。妊娠しやすさのためには夫妻そろって偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。
胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取を続けることで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、積極的に摂取した方が良いでしょう。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのがお勧めです。サプリでの葉酸摂取は、確実に適切な量の葉酸が摂れるという事で推奨されていますが、飲むタイミングにも注意してください。葉酸を効率よく働かせるためにも、食後30分以内の摂取が理想的です。なぜなら食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。
妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に掲載されていました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを使うのも良い、とも書いてありました。葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
仲良くしている友人が妊娠したいと話していた頃に漢方を服用していました。その子によると、体質改善のために漢方を利用していると言っていました。漢方だったら安全に服用できると思います。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、本当に嬉しいです。
クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。基礎体温でタイミングを見計らっても、出来ない時は出来ないのだと感じました。親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、早々に妊娠が発覚しました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミヅキ
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ukeqid5lpi5tok/index1_0.rdf