POMME D'OR / フリンジローファー

August 01 [Mon], 2016, 0:03
ロベルト デルカルロやMAX MARA のシューズラインのデザイナーとして活躍していたマルコ ベルチーニによってスタートしたイタリアのシューズブランド。



新宿ルミネのHITMANで購入しました。

もうすっかり通勤にヒールを履けなくなってしまった今日この頃。
5年前くらいに購入したTOMSのレースシューズをずっと履いていたのですが、
さすがに汚くなってきたのでリプレイス。

イタリアの伝統であるボローニャ製法とカッティングが用いられており、本当に履き易い。
靴はあたりハズレがあるけれど、これは"あたり"です。
店員さんが、色違いで購入するファンもいるといっていたが、納得。

高いので頻繁には買えないので、手入れして長年使いたい一品。

TOD'S WAVE

July 31 [Sun], 2016, 22:54
2013年2月にアレッサンドラ・ファキネッティ(Alessandra Facchinetti)がクリエイティブ・ディレクターとして就任し、
15-16AWからスタートした、同ブランドのアイコンバッグシリーズ " WAVE BAG " 。



- - - - -
ほぼ衝動買いで、TOD'SのWAVEを新宿伊勢丹で購入しました。
( 2016春夏コレクション / XBWAMRJQ101TOPB999 )



30歳の記念の品を購入したくて、2015年末からずっと探し続けていた。

カルティエのビンテージ時計、FENDIのPEEKABOO、MulberryのBAYSWATER、Chloé新作...と悩み、すべて却下となった結果、突如浮上したのがTOD'S。

最終的には "長く使える鞄" に絞って百貨店を中心に探していても、なかなかときめくものに出会えず。探していた条件は以下。

 ・シンプルだけど凝っていて、洗練されたデザイン(奇抜でない)
 ・あまり人とカブらず、ブランドロゴが主張しない
 ・5〜10年くらい使える
 ・できれば世界展開しているブランド
 ・ショルダーと手持ちの2way
 ・大きすぎず小さすぎない
 ・重くない(本当に重いものが多い...)
 ・予算に合う(上限25万)

これを満たしたのが、まさかのTOD'SのWAVEだった。
TOD'Sは、今年の彼の誕生日プレゼントとして靴を購入したことをきっかけに認識したブランド。
正直それまではもう少し年齢上の層が買う、あまりパッとしないシンプルなブランドというイメージだった。
でもここ最近ドラマや雑誌で起用されることも多く、ブランドイメージが少し向上してきている印象。 (まんまと戦略にハマる)

気になって早速見に行ったお店にて実物を見ると、とても洗練されたデザインであることに気づかされる。
吸い付くようなしっとりとしたなんとも言えない革の質感。
かっちりとした形ながら、曲線やZIPが見えないデザイン。
見れば見るほど、凝っていて美しい。

更には、
 デザイナーの退任が決定していて今後WAVEの継続自体が未定であること。
 購入したフリンジのタイプは定番デザインでなく来週本国に返却されてしまうこと。
  2方向ZIPタイプは今後のデザインでは展開がないこと。

そんな”今しか買えないですよ”な上手いセールストークを聞いているうちに、完全に落とされた。

Micro / S / M / L の展開で、購入したのはS。
もう少しだけ容量があるとベストだが、Mだとちと大きい。

偶然にもフリンジデザインの靴も購入したので、この秋冬は使い倒したいと思う。

Murlberry

September 28 [Mon], 2015, 7:28
学生のころに、MurlberryのTooled Bayswaterシリーズに出会ってから、
マルベリーは私にとってずっと憧れのブランド。
(最近はデザインもミーハーになり、品質も悪く、値段だけ高い、というイメージもあるけれど。。)

ちなみにTooled bayswaterは手に入れたのだけど、デカくて重いから使わないだろうと思い
日本においてきてしまった。

日本では数店舗、しかも百貨店内の小さいスペースしかない。
となればもちろん、マルベリーの路面店を訪れることも、当初の楽しみの一つだった。


ルンルンしながら路面店へ出かけた。
なぜなら、これからがんばるぞ!の気持ちを込めて、鞄を清水買いしようと企んでいた。

が。
小さめのもので、セールで700GBP程。
まだ当面生活費が毎月どの程度かかるかも想像つかず、これを買ってもよいものかどうかと悩み、
更に日本円換算してしまうクセが抜けなかった私。当時のレートは円安で1GBP=約200円。
(今はレートに関係なく、1GBP=100円程度だと思い込むようにしている(現地給与支払い範囲に限り))

というわけで、とりあえず鞄は見送り、なぜかマフラーを購入した。



もう少しこっちで頑張って、何か誇れることができたら、そのときは鞄を買おうと思う。

Fiorelli

September 28 [Mon], 2015, 7:22
ロンドンは思っていたより安全なまちだ。

まだ本格的に暗く季節を迎えていないからいえるのかもしれないが、
今のところ危険な目にあったことはない。

でも、やはり繁華街ではスリに警戒する必要がある。

まだロンドンに来たばかりのころ、船便も届いておらず、私服用の鞄を購入した。




ロンドンのブランド。
日本のセレクトショップ(PAL系)なんかでも、たまに目にすることがある。

合皮なので軽く、雨でも使えて、お値段そこそこなので、日常使いには丁度良い。

私はアクセサリーの色がゴールド派なので、ボタンなどのパーツがゴールドであることころも好み。

しかも、防犯の観点からも、斜めがけができて、ジッパーがきちんとあり、
複数の収納スペースに分かれているところが良い。

Oxford Street近辺のデパートに行けば、必ず扱っている。

FRENCH CONNECTION

September 28 [Mon], 2015, 7:11
日本にいたころから、フレンチコネクションが好きだった。

以前アルバイトをしていた ららぽーと横浜 にも店舗があったので、
仕事終わりによく覗いていたし、
青山の広い路面店も、これまた以前のバイト先の近くでもあり、足を運んだものだ。

2009年,2010年ごろだったか、そのフレンチコネクションは日本から撤退してしまった。
2014年ごろには、北参道の近くにアウトレットショップみたいなものがあった気がする。
今はオンラインショップだけ、細々残っているようだ。

一方イギリスでは沢山の店舗を展開している。

Angelのショッピングセンターにも店舗があり、セールの勢いも手伝ってセーターを購入した。




裾と腕周りにギャザーがあるデザインなので、
普通のニットなのだけどシルエットがきれい。

普通に洗濯機で洗ってみたけど、今のところデザイン崩れはない。

TOP SHOP , H&M , Accessorize

September 28 [Mon], 2015, 7:00
この年になって、TOP SHOPやH&Mで買い物するなんて思っていなかった。
デザインは確かに可愛いけれど、縫製は雑だし、生地も良くないし...。

が、こちらではものすごい数の店舗がある。
道を歩けばH&Mに当たる。

先日夏休みでビーチリゾートに行くことがあり、せっかくだから浮かれた服でいこうと思い立ち寄った。

Top Shopにて。

ポンポンがなかなかの浮かれっぷりで気に入った。
しかもセールで10GBP程度。
TOP SHOPは意外と、アンティークのワンピースなどを扱っている店舗もあり、
(お値段も結構高くて100GBP以上するものだけど)
日本とは違って結構良い。

H&Mにて。

これも7GBP程度だったと思う。安い。

何より、水着が安すぎて驚いた。

中央のセットは違う店のものだけれど、
セール中だったこともあり、上下で5GBP〜10GBPくらいで十分揃う。

道を歩けば当たる店のもう一つに、Accessorizeという店がある。
http://uk.accessorize.com/
どちらかというと鞄などを売っている小物屋さんで、少しルームウェアや洋服をそろえている。


見えないけど、オウムがプリントされた派手なデザイン。

日本だったら恐らく着ない(着れない)であろう服も、抵抗なく街中で着れるのは、
海外の楽しさの一つかもしれない。

TOMS SHOES

September 28 [Mon], 2015, 6:52
ロンドンに来て変わったことがある。

それは、ヒールのある靴を滅多に履かなくなったこと。

通勤時は殆どの人がスニーカー。
女性はヒール靴を持ち歩き、会社で履き替えるそうだ。
男性は女性に比べ少ないものの、スーツ姿にスニーカーという人も良く見る。

そして私が通勤時にずっと履いているのがTOMS SHOES。
日本からも4足ほど持ってきたのだが、TOMSは靴底が薄すぎて少し疲れる。
そう思っていたところ、LIBERTYの近くにTOMSの路面店を発見し何気なく入ったところ、
スリッポンシリーズが展開されていた。

それ以来、こちらでの購入は3足目。
写真は先日購入した2,3足目。


最初に買ったスリッポンがあまりにも楽で、薄汚れてきたので、
素材違いで同じデザインを。

そしてもう一足、仕事でも履けそうなデザインのものを。
さすがにこっちは少しかかとの部分に靴擦れができた。

もうヒールは履けない。。。

NICE THINGS BY PALOMA S / SPICE LONDON

September 28 [Mon], 2015, 6:32
買い物記録。

私はAngelという駅の近くに住んでいるのですが、
駅の近くにCamden Passage Market という、アンティークマーケットなどが並ぶ通りがある。

その中にある、 SPICEというセレクトショップ。
http://www.spiceshu.co.uk/


主に靴と鞄、それと少しの服。
Chie MiharaやMegumi Ochi(元エンジニアらしい)などの日本人デザイナーの商品も扱っている。

ここで、 NICE THINGS BY PALOMA S というブランドのワンピースを購入。



ポイントは、
・膝丈近い長さ
・裏地がしっかりついているところ(薄い色なので)
・シンプルだけどちょっとこった配色とデザイン
・割とタイトだけど細すぎないシルエット
・高すぎない値段(109GBP)
・カジュアルにも、少しフォーマルにもできそうなところ

あとは、ラスト1点といわれ、サイズがぴったりだったので思わず衝動買いしてしまった。。。

ベルトやカラータイツ、小物でアレンジできそうで楽しみ。

Chie Mihara / Liberty London

September 28 [Mon], 2015, 6:09
買い物記録。

日本にいたときからChie Miharaの靴が好きでした。
といっても、サンダル1足しか持っていなかったけれど。

ロンドンに来て、LIBERTYのセールをふらふらしているとき、
仕事にも使えそうな一足を見つけ、衝動買い。



この人の靴の殆どは、私にとっては少し奇抜なのだけど、
たまにシンプルなものがあって、それがとても良い。

ヒールの高さと、足の甲が美しく見えるデザインが好みです。

Chie Miharaは2002年にスペインで始まったブランド。
日本だと伊勢丹などでも取り扱いがあ模様。
http://www.chiestore.com/

美味しいジントニック

May 24 [Sun], 2015, 20:40
ジン


沢山の種類のジンが置いてあるバーへ行った。
オクスフォードストリートから少し歩いたところにある。

The London Gin Club
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g186338-d3329636-Reviews-The_London_Gin_Club-London_England.html



店員さんが全員パンキッシュで、店内も雰囲気のあるオシャレなかんじ。



さまざまな種類のジンが置いてある。
私はカクテルタイプの、オレンジピールが浮かんだかわいいものをチョイス。

同僚はジントニック。
No.3という名前のロンドン ドライジンらしい。
これまたシンプルながらどこかフルーティでとても美味しい。

来週またテイスティングに行く予約をした。
楽しみでござる。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:hit me
  • 誕生日:1986年
  • 血液型:AB型
  • 現住所:東京都
読者になる
最新コメント
ヤス
» Murlberry (2015年10月04日)
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31