誤りの多い犬のしつけについて見直すこと

March 26 [Thu], 2015, 17:34
怒ったり、叱るよりも褒め称えてあげると、ポメラニアンのしつけに好影響あるでしょうね。しつけの際は大袈裟にほめることが肝心かもしれません。

もしも、従順な犬とお散歩をしていたら、やはり羨ましく思われますし、周りの飼い主さんたちにしつけ法を教授したら、感謝されるでしょうし、救世主になるは間違いないんじゃないでしょうか。

しつけ時の心掛けとして、故意でなくてもポメラニアンに体罰を与えるようなことをしては良くないです。怯えるようになって、それからは心を閉ざしてしまうようになってしまうようです。

子犬が噛んでくるタイミングは、「噛むのは良くない行為だ」というのをしつけるチャンスだと思います。噛んでくれない犬には、「噛むことは許されない」というしつけを教え込むことが不可能です。

もしも犬が痛みが原因で音を上げるのは、相当な事だと思ってください。犬の無駄吠えの理由がケガや病気のせいだと推測されたら、かかり付けの獣医に診察を受けましょう。

ドッグオーナーの方は、犬の無駄吠えについて悩んだりしていませんか?実際のところ、愛犬の無駄吠えをなくすのは実行可能です。正しい知識と意欲があれば、どなただってできるはずです。

黒いトイプードル犬が他の色よりも最も賢いと考えられます。よって、しつけに関しても習得がはやい状況にあるのではないでしょうか。

普通トイレトレーニングというのは、ペットが進んできちんと決められた場所でオシッコなどをすることですし、トイレのしつけなどは、小さいころからちゃんと教える必要があることはお分かりでしょう。

一般的に、チワワはトイレをしつけることも簡単なほうではないでしょうか。その一方で、デリケートなところもあるみたいなので、ある程度の期間はペットシーツを置いておく場所を頻繁に移動しないようにするべきです。

飼っている犬のしつけで苦労している人は、しつけの方法を出来る限り納得した上で、柴犬や飼い犬の個性を認識することが非常に重要だと考えます。

噛み癖を持つ犬のその理由を探知して、現在までの誤りの多いしつけについて見直すことをして、噛む行為をきちんと矯正してみましょう。

犬をしつける際は、まず吠える・噛むのは、どういう原因でそうやっているかということを考慮し、「吠えるのはだめ」「噛むのは悪い行為」というようなしつけをすることが肝要です。

無駄吠えが少ない上、人になつきやすいだけでなく、飼いやすいと思われていますが、ラブラドール犬はある程度の大型犬の部類に入りますから、上下関係を習得するしつけを怠ることなく、ベーシックなしつけも誤ることなくすることをお勧めします。

例を挙げると、油断していると無駄吠えの頻度が増えてしまうミニチュアダックスフンドだろうと、しっかりとしつけてみると、無駄吠え頻度を減少させていく事だってできます。

基本的に、規則が存在する遊び事は、ラブラドール犬のしつけ対策に適しているようです。飼い主の主人とラブラドールが息もぴったりにエンジョイしながら、あれこれ学習できるでしょう。

体重を減らしたい時には

April 23 [Wed], 2014, 17:28
なにが理由で体重が増えるのかは、それぞれの食事の内容や食べ方によって違うようです。

一回の食事でのカロリー摂取量が多ければ体重が増えることは言うまでもありません。高カロリーの砂糖や油脂などの成分が気づかれないうちに食品に使われていることが実はあるので要注意だといえます。

一見わかりませんが、甘いジュースやお菓子だけに限らず、かなりの油脂がクロワッサンやポタージュスープ、カレーなどは使われているといいます。

かなりのカロリーになるでしょう。うっかり体重が増える食事を続けてしまうことが、油脂、砂糖が多い食べ物には何があるか、おおよその見当をつけておかないとあるでしょう。気を付けたいのは、食事中の食べ方です。残り物を食べる習慣がある人、早食い、ながら食い、まとめ食い、つまみ食い、まとめ食いをする人は注意したほうが良いでしょう。

気づいていないかもしれませんが、蓄積すれば結構な量になっていることがあります。体重が増える食事を自然としている可能性があるのは、しょっちゅう外食する人や、アルコールを摂る習慣がある人です。

高カロリーなものが多い外食は、どんどん食べられるように濃いめの味つけがされているものがほとんどです。体重を減らしたい時には、お酒は言うまでもなく高カロリーなので、なるべく飲まないようにしましょう。油脂や砂糖の多いものがつまみとしてはよくあります。

食事で体重が増えることにならないように、気を付けるポイントを理解しておいたほうが良いでしょう。

ミネラル

February 14 [Fri], 2014, 15:11
ミネラルは骨や歯の材料になったり、体液の酸度・アルカリ度や浸透圧の調整を担います。

酵素の材料になり、その働きを助けるなど、からだの機能を円滑にするさまざまな働きがあります。

単一の元素からなる栄養素です。

人のからだの96%は、炭素、水素、酸素、窒素の4つの元素(主要元素)で構成されていますが、それ以外のを構成する元素をミネラル(無機質)といいます。

体内に含まれる量によって、準主要元素、微量元素などに分類されます。

ミネラルは体内では合成されないため、食品などからとる必要があります。欠乏症が認められている必須ミネラルは16種類あります。

ミネラルには相互に影響し合っている組み合わせがいくつかあります。たとえば、ナトリウムとカリウムの組み合わせなどがその代表例です。一方が不足するともう一方が過剰になり、どちらの場合でもからだの機能に悪影響を及ばします。

骨粗しょう症や貧血

ミネラルが不足するとからだの機能が円滑に働かなくなります。日本人はカルシウム不足が問題で、骨が弱くなり、骨粗しょう症になりやすくなります。

女性の場合は鉄が不足しやすく、貧血を招きます。また、亜鉛やカリウムなども不足しやすい成分です。

過剰症や中毒症

ミネラルは適量とされる範囲が狭く、過不足なくとるのが難しい栄養素です。とりすぎた場合は、過剰症や中毒症をおこします。

日本では、加工食品に多く含まれるナトリウムとリンをとりすぎる傾向があります。ナトリウムのとりすぎは高血圧などの原因となり、リンの場合は骨が弱くなります。

水虫の予防は足の清潔を心がける

February 13 [Thu], 2014, 11:33
水虫の予防は足の清潔を心がけましょう。石けんは特別なものは必要ありませんが、指のあいだまで十分に洗うことです。

洗ったあとはよく水けをふき取り、乾かします。とくにパウダー類を使う必要はありません。

皮膚が厚く硬くなったら要注意・・・

たこ(皮膚科では脱脂腫という)を放っておくと、そこから孔があいて、治りにくい潰瘍をつくることがあります。たこにかぎらず、小さなけがなども皮膚科医の適当な治療をうけるようにしましょう。

深爪にも注意してください。

皮膚の乾燥とかゆみに注意・・・

すね(下腿)から足にかけての皮膚が乾燥し、かゆくなることがあります。皮膚科医と相談のうえ、適当な保温剤やかゆみ止めを使うようにしてください。熱いふろや長ぶろは、皮膚が乾きすぎる原因となります。
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ujnbghjk8/index1_0.rdf