ちょっと変? 

February 21 [Thu], 2008, 2:21
未だに解決の糸口が見つからない年金問題だけれど、マスコミで騒がれている
”年金未納問題が、年金収支を圧迫している”という報道。

ちょっと待てよ、
年金未納者は、そもそも受給資格を放棄なのだから、ノーカウントだろう?

だとしたら、年金収支に対する影響はほとんど無いのでは???

現在の年金支払金が、未来にそのお金を受け取るのではなく、現在の受給者の年金
を支えていると言われるが、それは厚生労働省の人数目算が多少外れただけで、
根本的な原因ではないはずだ。

おかしいだろう?
”保険”を掛けていない者は、将来”保険金”を受け取れないだけで、その保険会社の
収益に対して、損害を与えている訳ではない・・・という理屈。

年金原資の使い込みや、不明瞭は支出を隠す為の、言い訳に聞こえます。

あはは☆、、 

February 14 [Thu], 2008, 6:41
麻鈴でス。





久々のパソ更新でス・・

ああ、やはり良いですねぇ





は/か



麻鈴は遅かれながら、

Phantasmagoriaが大好き

になってしまいましてねぇ・・




音源聴きまくりですよっ!



個人的、神歌が好きですねっ



内容がないのでさよなら〜っ

知り合いの加齢臭に真剣に悩む。 

February 05 [Tue], 2008, 2:28
どのようにプライドを傷つけずに指摘するか。

「加齢臭の消える具体的な何か」の話をしたときに
「そうそう。それ加齢臭もとっちゃうんですよ!」
そう言葉を添えればよいです。

相手が自覚しているか、そして素直に実践するかは

「ザ・その人次第」

以上、シンプルな模範解答です。

備忘録として(にゃは)。

油断? 疑心暗鬼? それとも不安感? 

January 19 [Sat], 2008, 4:36
最近、持病を持っていた動物の死を看取ることが続きました。

その持病で亡くなるのであれば、私の処置が悪かったと反省しますが
別の、まったく別の病気が原因で亡くなってしまいました。

要するに「他のところが悪くなった」ということなんですけれど
結果からすると、私には「他のところが悪くなっていたのに気づかなかった」と思えます。

例えば・・・
僧帽弁閉鎖不全症 通称「MR」といわれる老齢性心疾患があります。
珍しいものではなく、この病気に対する知見も数多くなされています。
症状・診断・治療法と細かく詳細に分析され
我々はテキストをマル覚えしておけばいい、というところまで来ています。
しかし、体のパーツは心臓だけではないわけで
心臓が悪くなって、それと関係して他の臓器に異常が出る、あるいは
それとは関係なく他の臓器に異常がでる、ということは
日常診療の上では決して珍しいことではありません。

そうすると、MRの犬の検診・処置だけしていればいいのか?という疑問がわいてきます。

人間のように、循環器内科とか消化器外科とか、専門が別れていれば
こんな風に悩むことはないのかもしれませんが
獣医は「何でも屋」ですから、すべての可能性の「芽」を摘んでいかねばなりません。

では、どうすればこの不安を解消できるのか?

少なくとも飼い主さんは、我々獣医師を信頼してくださっているわけで
「すべてお任せ」されています。
しかし、この「すべて」とは、何を指しているのか?
現在の疾患のすべてなのか、その動物のすべてなのか。

私は、後者であると常に考えています。
そうだとすると、この不安を解消する方法は・・・
飼い主さんの「異常所見」に関する訴えを待っているわけにはいきません。

では、どうする?

検査を行うか? どんなタイミングで? かかる費用は処理する?
異常なしというためか、異常をみつけるためか?

問題山積です。
一言で言うならば・・・

「難しい」  です。

いろいろな可能性を考えることは、一向に苦になりませんが
それを証明するための方法を模索しています。

ああ〜 眼からレントゲンが出ればいいのに・・・

昔からこれを望んでいます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ujllbi1004
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像たむら
» 油断? 疑心暗鬼? それとも不安感? (2008年01月27日)
Yapme!一覧
読者になる