宇治川花火大会 2014 穴場
2014.01.20 [Mon] 10:18

宇治川花火大会2014穴場ならここ♪
宇治川花火大会の穴場スポットを集めてみました。


「宇治川花火大会 穴場ランキング」


No1:宇治川西岸の道路上
地元民の私は、20年以上宇治川西岸の道路上(ホコテン)で見ていますので、屋台の出る西岸から見ると東岸は暗く静かな感じがしますので、ゆっくり静かな雰囲気かもしれません。西岸は屋台が出て騒がしいかも。

宇治川東岸は有料観覧席(完売)が、打ち上げ場から京滋バイパスまでの600mほど占めてます。
その、隙間とか後ろとかが、空いているのかもしれませんが、人出と監視員警官(交通規制のかかるのは5時です)できるだけだけ早く行かないと、たどり着けないかもしれません。
京阪宇治付近は混むので、京阪三室戸下車の方が結果的に近い。京阪・JR黄檗下車はちょっと遠いので、花火の迫力が?車は駐車や渋滞で難儀する可能性大。(打ち上げ午後7時45分〜8時45分)

実際に自分で見た場所(宇治川西岸で宇治橋北側)しか評価できませんので、そこでの優劣についていいますと、

・私が見ているのは、宇治川西岸・宇治橋から北へ、観覧禁止のJR踏切付近を越えての500m〜1kmですが
・出来れば、踏み切りの北200m位が、東岸打ち上げ場の真正面ですので、そこが花火が一番大きく見られます。
・ただし、混雑が一番激しいようで、私は車通行禁止となった堤防道路を空いてる北から混んでる南に向かって自転車で行きますが、
到達できず500m位で妥協してます。

・良いと思うのは、西岸JR踏切越え北300m位で、簡易の携帯イスかシート持参で、車道に座り込むか、場所によってガードレールの外側に場所が取れれば最高です。(河川敷内は通行止め(花火の落下危険防止?)ですので、入れない可能性大)

(花火が大きく見えて、いいですよ。 私も今年はこの辺を目標にしたいと思います。)

No2:東側の河川敷
駅を出たら、すぐ右手が川なので、河川敷はすぐにわかると思いますが、
「東側の河川敷」に行くなら、まず「宇治橋」を渡って、
左手の平等院表参道を登っていったら、川沿いに出られるとおもいます。

昨年はじめて行きましたが、とてもよかったですよ。
ただ、15時くらいから場所取りに行きましたが、2回もゲリラ豪雨にあって・・・
河川敷の席は、あきらめました(>_<)

早めの時間は駅前の橋の辺りは「立ち止まらないでください」って言われるけど、
開演時間ごろになると、どこもかしこも人だかりになってました(^_^;)

いい席が確保できるといいですね(*^_^*)


No3:アルプラザ宇治東アルプラザ宇治東というスーパーの屋上駐車場が開放されていると思います。
屋上から花火が見えると思います。


No4:穴場の堤防
近鉄 向島駅で降りて、右方向へ20〜30分歩けば、堤防へ出ます。
堤防までに、途中で大きな交差点があるので右に曲がり、ロイヤルホストの交差点を左折し、まっすぐ歩いて行くと(途中信号を渡ると細い道をまっすぐ)、堤防に出ます。少し遠目ですが、花火が綺麗に見えますよ。宇治川花火大会の穴場だと思います。

車両通行止めになっていますので、シートを敷いて見ることもできます。
人は少ないので、ギリギリに行っても大丈夫ですよ



「宇治川花火大会 場所や概要」

京都府宇治市の花火大会。ことしも「源氏ろまん」をテーマに、多くの花火が宇治川に花開く。紫式部にちなんだ紫が基調の花火をはじめ、スターマインなど、風雅な花火が目白押し。華やかな宮廷世界を思わせる美しさだ。また、花火と音楽が共演するプログラムも予定されている。


開催場所:
府立宇治公園中の島、宇治川畔一帯

打ち上げ数:
約5000発 (約70種類)

昨年の人出:
14万人

交通:
京阪宇治駅より徒歩すぐ JR宇治駅より北東へ徒歩10分 京滋バイパス宇治西ICより約15分、京滋バイパス宇治東ICより約5分