とどのつまり外科学の一分野

September 27 [Fri], 2013, 14:59
アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を薬の力だけで完治させようというのは残念ながら無謀な事です。習慣や楽しめる趣味などライフスタイル全体の捉え方まで共有した問診が必要だといえます。
唇の両端、即ち口角がへの字型に下がっていると、皮膚の弛みは徐々に悪化します。ニコッと左右の口角を持ち上げた笑顔を心がけていれば、たるみも防げるし、外見も美しくなると思います。
アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と繋がりがあるものの中でも特にお肌の慢性的な炎症(湿疹等)が出現するもので要するに皮ふ過敏症のひとつなのである。
なんとかできないものかと考えた挙句に自己流のフェイシャルマッサージをする方がいらっしゃいますが、ことさら目の下の皮膚は薄くて弱いので、こするように力をかける粗っぽいマッサージであれば止めておいたほうが良いでしょう。
顔の弛みは不要な老廃物や余分な脂肪が集まることで徐々に促されます。リンパが遅れがちになると老廃物が蓄積して浮腫が発生したり、脂肪が溜まり、たるみへと繋がります。
さらに日々の生活のストレスで、メンタルな部分にまで毒物は山のように溜まってしまい、体の不具合も引き寄せてしまう。このような「心身ともに毒だらけ」というような意識が、多くの現代人をデトックスに駆り立てるのだ。
お肌の乾燥の誘因の一つである角質層の細胞間脂質と皮脂の量の低落は、アトピー患者など遺伝的要素に縁るものと、逃れようのないエイジングや化粧品や洗浄料による後天的な要素によるものに大別することができます。
比較的女性によく知られているデトックスとは、身体の内部に溜まってしまっている不要な毒を排出するという分かりやすい健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に区分けされている。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification(ディトクシフィケーション)」を短く切った「detox」から来ている。
なおかつ、弛みに大きく絡んでくるのが表情筋。これはいろんな表情を作る顔の筋肉のことです。コラーゲンと同じく、表情筋の力も歳を取るに従い鈍化します。
太陽からの紫外線によってできてしまったシミを目立たなくさせようとするよりも、シミが作られてしまわないように防護したり、肌の奥で出番を待っているシミの種子を防ぐ方が大事だということを知っていますか。
左右の口角がへの字型に下がっていると、弛みは段々酷くなります。しっかりと左右の口角を上げた笑顔を心がければ、たるみも防げるし、何より見た感じが素敵だと思います。
顔などのたるみは不必要な老廃物や余った脂肪が滞留することで促されます。リンパ液の流通が停滞すると様々な老廃物が蓄積し、むくんだり、脂肪が付きやすくなり、たるみの要因になります。
美容整形をおこなう美容外科は、とどのつまり外科学の一分野で、医療に主眼を置く形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものである。また、整形外科とも混同されることがよくあるがまったくもって分野が違っている。
中でも就寝前の歯のブラッシングは大事。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、就寝前は丁寧に歯みがきしましょう。ただし、歯磨きは回数ではないので、質を向上させることが重要です。
早寝早起きと同時に週に2回以上自分が楽しいと感じることを続ければ、体の健康のレベルは上昇するのです。このような症例もあり得るので、アトピー性皮膚炎にお困りの患者さんは皮ふ科を受診するようにしてください。
肌がガサガサ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちょき
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ujhgtfd/index1_0.rdf