オプション報奨の公正価値

March 06 [Wed], 2013, 14:02
2011年12月31日の時点では、8百万ドルがあった
ストック·オプションに関連する未認識報酬費用。その
費用は加重平均期間にわたって認識される見込みである
0.3年の。に行使されたオプションの本源的価値の合計
2011年、2010年及び2009年2.46億ドル、2.98億ドルであったと
それぞれ50百万ドル、。
2011年のストック·オプションの行使から受け取った現金、
2010年及び2009年は5.54億ドル、6.87億ドルと1.53億ドルだった
それぞれ。
我々は株式を買い戻し上の特定のポリシーを持っていない
株式オプションの行使を満たす。むしろ、我々は一般的なポリシーを持っている
普通株式の発行を満たすために、株式の買い戻しに
共有オプションを含めた当社の給付制度(のための要件
演習)、我々の転換証券の転換、買収
およびその他の企業の目的。様々な要因によって決定
当社を含む当社の株式買戻しの金額と時期、
資本要件、私たちが発行する予定の株式数
買収および従業員給付制度、市場の状況
(当社株式の取引価格を含む)、および規制や
法的な問題。これらの要因には、いつでも変更することができ、
我々は意志株式数に関して保証はありません
買戻したとき、または私達がそれらを買い戻すます。
日以降に付与された各オプション報奨の公正価値
2006年1月1日には、ブラック·ショールズ評価を用いて推定される
モデル。付与された非リロード·オプションの予想期間は
一般的には臨月の歴史的な運動の動作に基づいて
オプション。当社の予想ボラティリティは以下の組み合わせに基づいています
歴史上の当社普通株式のボラティリティとインプライド·
当社の普通株式の上場オプションのためのボラティリティ。 riskfree
率は米国財務省のゼロクーポン利回り曲線に基づいている
付与時の効果。予想ボラティリティとriskfree両方
レートは私たちに見合った期間に基づいています
言葉を期待した。 2009年から、予想配当は
固定配当額に基づいています。我々は、我々の方法を変更し
利回りから予想配当の前提を推定
TARP(不良資産救済プログラム)への参加に起因する一定量へのアプローチ
私たちを増やすことから私たちを制限2009年に、CPP、
米国財務省から承認なし配当、我ものの
2009年のTARP返済、連邦政府の承認が必要とされ続けている
前に、私達は私達の配当を増やすことができます。配当利回りのアプローチ
モデルと考えられていた一定の配当利回り、
不適切が増加する当社の能力に制限を与えられた
配当。追加情報については注記3を参照してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:スズ
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ujg7v7r9/index1_0.rdf