総量規制後の審査基準の変化 

2013年12月21日(土) 20時38分
数年前にキャッシング関連に導入された総量規制。

こちらは年収の1/3までしか借り入れが出来なくした規制で、返済が自転車操業になって借り入れが膨大に膨らみ、自己破産や債務整理をしないようにユーザーを守るために作られた規制です。

この規制ではキャッシング申し込みの審査基準の変化が起こったと言われています。

総量規制後は金融会社側で特定の信用情報機関を通して審査することが義務付けられました。

信用情報機関には個人での借り入れや債務に関する情報が詳細に登録されているので、各金融業者も多重債務者には融資しないと言った具合に審査が厳しくなってしまいました。

どの金融業者も同じ内容を見るのですが、融資する審査基準は各社異なるので全ての業者がダメかというわけではありません。

こうなると門前払いを受けて苦しむ人も増え、結局は金利が法外な違法闇金などに手を付けなければならないと言うことに繋がってしまいます。

守るはずの規制があだになっている可能性も否めません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そらtte3
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる