所が時子

February 14 [Sun], 2016, 14:32
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、自分の気持ちが固まりました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べたと思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。それは気にしないでください。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミツキ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uir0uloapty6re/index1_0.rdf