意識と無意識は共同して働く

May 26 [Mon], 2014, 21:22
ある既婚の男性が、恐怖症、窓から飛び出したいという欲求に苦しんでいた。彼はいつもこの欲求と闘っていたが、このことを別にすれば、まったく何ら異常はなかった。友だちもあり、社会的地位もあり、妻と幸せに暮らしていた。彼のケースは、意識と無意識は共同して働くということを考慮に入れるのでなければ説明がつかない。意識的には窓から飛び降りなければならないと感じていた。それにもかかわらず、飛び降りることなく生き続け、実際には、窓から飛び出そうと試みることすらなかった。自殺しなかったのは彼の人生には別の面があり、この面では自殺したいという欲求と闘うことが、重要な役割を果たしていたからである。彼の存在のこの無意識の側面と意識とが共同する結果として、彼は勝利を収めた。事実、彼のライフスタイルにおいては、彼は優越性の目標に到達した征服者であった。意識的には自殺するという傾向を持っているのに、どうして優越していると感じることができるのかと疑問が残る。答えは彼の生存には自殺の傾向と闘っている何かがあったということである。彼を征服者、優れた人にしたのは、この闘いにおける勝利だった。

新たな矢印

May 19 [Mon], 2014, 15:36
ラカンはあらゆる数学者がその導出方法を知っていると彼が軽率にも主張する高次のグラフを打ち立てようとする。あたかも現在のところエクリとして知られている精神分析の著作のコレクションのなかの彼のテクストが熟達した数学者によって丹念に読まれるべきであるかのように。このグラフを一歩一歩解凍してみよう。ネットワークの大きな円の凹分円を構成する四つの弧を半分に切断し切断された各々の場所に点を位置づけることで、これら新たな点によって決定される正方形が何られる。次いで右と左にある00と11を回るループを大きな円との接点から半周で切断することでさらに二つの点を決定し、そして10と01の間にある中央の直線、これは古い1-3ネットワークを見て思いだされるように実際には二つの弧を描く矢印から構成されていた、を切断することでさらに二つの点を決定しよう。次いで、これらの点を1-3ネットワークにおけるように方向づけられた新たな矢印でつなぎ直そう。このように私たちは1-3ネットワークの各ステップを二つの別のステップへと分解することで、グラフの形を説明してきた。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パズルん
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uikaetae/index1_0.rdf