夏にあなたが寿命を延ばす長生きを三芋

June 28 [Sat], 2014, 19:09
夏季の養生は多く食べて三芋

ジャガイモを食べ、熱中症予防の情緒。ジャガイモに含まれるビタミンC、そして発熱量が高い。「感情の人が、一番熱中症」を受けやすい鬱憤がたまって、がっかりして、不安などのマイナス感情の悩み。ジャガイモを手伝ってくれるビタミンAとCを代わりに食べ過ぎるため、肉類による食べ物アルカリ度の不均衡、あなたの悪い感情を遠く離れて。

食べ紫芋――護血管抗アレルギー。紫のイモ鉄が豊富、セレン元素とアントシアニン。セレンや鉄は人体の抗疲労、抗老化、補血の必要の要素は、特にセレン「抗がん大王」、人体に吸収されやすい。アントシアニンは一種の強力な抗酸化剤、血管の弾力性を強め、改善の循環システム、炎症を抑えるやアレルギー、改善の関節の柔軟性。

食べ?イモ(山芋)??保湿の皮膚の健脾臓が胃。山芋学名?薯、を含む自然薯石鹸、内分泌のホルモンの合成を促進することができて、皮膚の表皮細胞の新陳代謝を促進することができ、肌の保湿機能を向上させ、体質改善。また、夏冷たい極偏食しやすく、胃腸の調子が悪いか何かを食べてヤマイモにも役立つ。と《本草綱目』によると、山芋性は暖かくて、味の甘平、無毒で、健の好み、益の肺腎、適量に食用消化を助けることができて、解毒酒。

夏の飲食の注意事項

苦味の食品を食べる。暑いですから、総氷のガムシロップ、デザートを食べるのが好き、いい入口。しかし知らない多くの熱を吸収した。一日三食の中で、注意を食う苦味の食品。苦味の食品は味にそんなに食味が、暑い日の健康食品。

注意にビタミンを補充する。高温の季節に人体の新陳代謝を加速して、各種のビタミンを不足しやすい。この時、選択的に定量的に追加するいくつかのビタミンは、最高の食べ物を補充する。「肉食獣」として、夏は素点でしょう。

忘れないで補補カリウム塩。夏は汗が多くて、体内の喪失の塩分が多い。ので注意してたくさん食べて塩味の食べ物を補充し、体内に失塩分に達し、体に必要な平衡。愛は甘いものは特に注意したのに、冷蔵?の中に置いてたそうなケーキ。

宜清補さ。夏の食を点検して、内臓を強くする、暑気払い化湿を原則にして、?ぶべきはあっさり滋陰効果の食べ物。非辛味鍋を食べるのを見て、自分でどうしよう。

冷食食べて。気候は特に暑い時、適切にいくつか食べたり飲んだり、冷たい飲み物涼食いくつか気心身が快適で、さらに果たす一定の駆暑温度を下げる作用。しかし、これらの食品を食べるべきでないすぎ。ところてんは、冷たいお粥を食べすぎやすい胃をこわす。すべての食べ物もないように冷蔵庫から出して、事実の証明、胃痛はたまらないの。

果物を食べるのは適度な。長期で「果物化」を招きやすい生き、蛋白質の摂取不足、人体の内分泌係、消化器係、免疫システムなどに悪影響を及ぼす。特に「果物を利用したい夏ダイエット食事」の家で、自分ばかりしないで、インターネットからかき分けるダイエット、やはり医師に相談。もちろん、あなたが気にしない病気で1週間と引き換えに体重が急激に低下し、無視することができるこの条。

避け生食水産品。水産物の栄養豊富かつ味もいいし、夏は生食食感も一流。ただし、炒め煮エビ、サルボガイ、泥蚶、魁蚶、漬けたエビ、酔っ払い蟹蟹などの海鮮、しょっぱい食品安全リスクが大きい。愛は夏に日本料理を食べて者、レストランを?択する時、衛生条件の第一要素として。

花痴

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uiensiwn57
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ヤプミー!一覧
読者になる