川端で丸山

December 21 [Wed], 2016, 22:35
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできる状況になっています。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
ですから、見た目を考えればどちらかというとインプラントが優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、海外で治療を受けるという手段もあります。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するのが成就への第一歩です。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。
それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、真っ先に見ておきたいところです。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rune
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる