なんとでもなるでしょうが

June 02 [Thu], 2011, 1:59
世代間の不公平解消、厚労省案まとまる世代間の不公平って何なん今の世代が多くの借金をして良い暮らしをし、その借金を未来の世代に背負わすってことが不公平だって言ってるのかそれとも、今の高齢者の年金が万円で、俺たちの世代では万円だということが不公平なのか国家レベルで考えるから難しいのだよ一般的な会社レベル、もしくは個人レベルで考えれば簡単でしょうが良くも悪くも、この国は借金をし続けてきた。会社レベルで言えば、先行投資という名のもとの借金だ。しかし、その先行投資があまり意味をもたないものだった。多くが誰ぞの懐の中に消えていったからだ。そして年金や福祉といった給料が減額され、しまいには、滞る事態になる。去年、おととしに入社してきた社員は、そういう扱いを受けるが、役員たちはこれまでどおり、高い報酬を受け取っている。今の世の中、普通に行われていることですやん多くの会社がこんな状況ではそやけど、誰も、文句ひと言わず、それなりに働いてるやんリストラされても、ほとんどの人が泣き寝入りでしょこの国は民主国家数がもの言う社会ですぞ団結すれば、たいがいのことは勝ち取れますぞ立ち上がれ労働者階級って全くの横路にそれてしまいましたが、安心、安全に暮らせれば、不公平なんて気にならないのでは借金で首が回らないのであれば、平成の徳政令を発布すればよろしい。日本の信用が落ちるのたれ死ぬよりは、マシでしょそれに良い製品を提供しづければ、そんな信用、すぐに回復できますぞ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uia3wx8du0
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/uia3wx8du0/index1_0.rdf