最近。 

2004年09月17日(金) 19時48分
物凄く体調不良なのは仕様ですかそうですか…。
だるい寒い頭痛い食欲皆無吐血まできましたよ…。
最初は風邪だろうと高をくくってたんですが、どうやらそれだけじゃないようで。
死にそうなほど寒いです。何この寒さ…。
今打つのも結構辛かったりなんですが、まぁ次いつかけるか解らんので…。
明日かもしれないし、はたまたずっと先かも知れない。
複雑な状況ですハイ…。

現在の問題は、単にリアルでのこと。
前書いた様に、孤立は構わないんだ。
でも、其れによって周りからどう見られるのかが微妙に怖かったり。
1人で居ることは苦ではないんだけど。
周りの視線が嫌なんです。あぁぁ_| ̄|○|||
単にその功績が、結局身体に跳ね返ってきてるだけで。
あぁきっつぃ…。

…('A`)r 

2004年09月16日(木) 18時40分
なんつーかなぁ…。
http://kabocha.org/tenpai/ragna/
こんなんが有って良いのだろうか。

なんつーか。 

2004年09月15日(水) 17時50分
矢りんご始めました。


いあ、他に何て言えと(´Д`;)

胡蝶の夢。 

2004年09月14日(火) 18時20分
また来たよ微欝状態。
今回は頼らなくてもいけそう。只単に全てに対して泣けるだけだから(´Д`;)
なんつーのかな、情緒不安定状態とやらか。
曲聞く→泣く(ロックでも
話す→泣く
…_| ̄|○|||
何なんだろう。
何がいけないのかなって考えたら
やっぱりリアル生活しか問題ありそうなのなくて。
あぁ、孤立は別にいいんだよ。
ただ
自分含め変わっていく人々が
悪い方に変わっているような気がして。
自分が本当にここに存在してるのとか
今ここに居ること自体夢なんじゃないのかと言うくらい。
存在否定がしたくて。
まぁ一種のうつ病なんですが。
まだ友人を信じられるだけ前よりか軽い。
あぁ。
また迷惑掛けちゃうのかなって思うとこれ書くのも後ろめたいんですが。
少しは逃げ場つくらないと、また自己崩壊するしなぁ(´Д`;)
結局のところ、私は弱くなった、と。
頼りすぎたんだよなぁ。北の人に…;
前まで、って言ってももう意味無いか。
いいや、もう。

いつの間にか
自分の存在が欲しかった。

ずっといらないと思っていた
自分の存在が欲しかった。

こう思うようになれたのも、北に逢えたからなんだろうなぁ。

こうして今胡蝶の夢に浸るのも、
溜め込みすぎたのが原因であって。
少し前までは、自分の存在なんて無くていいと思っていたのに。
今になっては存在して居たい、と思う。

その思いをかき消すような存在になってく
クラスメート含め友人が怖いんです。

自他共に、
変わっていくのは解っていても。

公平。 

2004年09月10日(金) 22時59分
Gメンのハンタさんのプリ姿である人とニブルに公平にいってきましたっ。
2日連続でニブルとかすばらしいね!

黒い猫の人形もらっちゃったよ!?Σ(゚Д゚;≡;゚Д゚)
矢代にはなるでしょ、って(゚Д゚;)
宇依サン銀矢ぶっぱなしてるだけなんであんまお金つかわなぃのに…
昨日もドロップもらったりと、ほくほくでしたのにっ。
このG良い人がいっぱいです(゚Д゚;)
皆大好きーっ(*ノノ)
ぁ、ちなみにプリさんの格好は気にしちゃイケナイそうです。
姿勢が悪いらしぃ。そうなの(´Д`;)?

こっそりですが北に復帰してきてます。
家出短いよ!って突っ込まないで゜・(ノД`)・゜
頑張って両立しまつ(`・ω・´)
今月の垢課金、ハンタ垢は確実として
ローグ垢かダンサ垢、どっち入れようかなぁ。
面倒なのでトリアエズハンタ垢分だけ買ってこよう。ダンサ垢3日後切れるけど(ノ´∀`*)
(既にローグ垢1ヶ月放置なのはキノセイです
ローグでねこみみ( ゚Д゚)ウマーしたいんですが…ハンタでレアだすのも(・∀・)イイネ!!
売り払った弓買い戻さないとなぁ。
ひどらちゃん…゜・(ノД`)・゜

明日もしかしたら(30%の確立で)相方様Roできるかもらしぃです。
うわーぃヽ(´▽`)ノ
ぷにぷにしよう(…

心機一転、ネタ。 

2004年09月10日(金) 7時34分
久々に明るいネタでもイコウカ。
つい先日から、南に出張というか家出しています。
見かけたら拉致ってあげて☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ
そんな中、北から受け渡しの為に拉致った北民。
誤爆王が、顔文字王になりました(…
(゚Д゚;)
ハンタ、G入りなおしてすげぇレベルの高い公平Gにお世話になってます(゚Д゚;)
|ω・`) っ[Gメンの騎士サンのHP http://www.enjoy.ne.jp/~bado/rag/ ]
んでまぁ、昨日4人でニブルに遊びにいったわけなんですが。
公平するってことで2PTに別れまして(゚Д゚;)
↑に書いた騎士サン。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
_| ̄|○ノシ))バンバン
すげぇうけました。おもろかったです。

てかこれ書いてるの起きたばっかりの学校いく5分前だったりするんですが。
遅刻しよう…かな…_| ̄|○|||

ってことで北の皆さんっ。
夜10時ごろ様子見にコソーリ戻ってますのでヨロシク('ω'*)
用事あればハンタにWisしてください。90%の確立でハンタです(ぁ
お祭りとかプロデスつれてってねヽ(`Д´)ノ

まだ 

2004年09月08日(水) 18時14分
まだ 駄目なの
今この場を去るのは
まだ 駄目なの。

いつもの事だけど
解っていながらも
やっぱり苦しいんだよね。

いなくなることはできないの。

それは弱さを証明する証だから。

How... 

2004年09月07日(火) 21時36分
打ち込んだ言葉
一番伝えたかったこと
伝えられぬまま、消した。

アリガトウはいえた。
でもゴメンナサイがいえなかった。
涙がこぼれるのは
多分其のセイ。

本当は
全て話してしまいたかった。
その方が楽になるのも知ってる。
その方が良いのだって知ってる。

明日から、私は何処に行けばいいんだろう。

ただ、ただ泣くだけじゃ駄目なのに。
いつからこんなに弱くなった?

隠したいからの強がりなのに
帰って迷惑を掛けていること
今さら気付くけど、もう遅い。

今までは手を伸ばせばその手をつかめたのに。

今ではもう、つかむことは、できない。




約束は守るの。
自分から居なくならないっていう約束だけは。

もう一度
もう一度だけ。

手を差し伸べてくれれば、必ず掴めるというのに。

公開後先に立たず。
まったく其のとおりの行動をしただけで。

…−結局なんの成長もしてなかった。

ごめんなさいを最期に。 

2004年09月07日(火) 17時24分
一言伝えたい言葉があった。

ごめんなさい。

私にかかわったヒト、全員に言わなくちゃいけない言葉。
謝りだけですまされるなんて思えないけど。
それでも伝えなくちゃいけない言葉。

今までの欝な日記。
傍から見れば悲劇のお姫様を演じてるだけにしか見えないのかも知れないね。
でも。
私、は。
演じたくて綴るのではないと伝えたい。
本心を書いているだけだ、と。

救ってくれたヒトがいた。
初めて私を叱ってくれたヒトで。
いつも甘えていたんだと思う。

笑ってくれたヒトがいた。
いつも悩みを明かせば笑顔で迎えてくれて。
ずっと頼っていたんだと思う。

ねぇ。
どうすればいいのかなぁ。
もう、私だけで解決できる問題じゃなくなってしまった。
誰かに話さなくちゃいけないのに。
それすらも出来ないほど涙がこぼれて。あふれて。
救ってくれるヒトすら、突き放してしまったような気がする。
本当は、誰もかも、信じきってなかったのかな。

独りでも平気なんだと思っていた。
ヒトなど全て偽善者なのだと思っていた。
全てを覆してくれた言葉をもらった。
その言葉を信じたいと思った自分がいた。

この世界のどこかで
初めて寂しさを嘆く涙を流す、自分がいた。

全てが思い通りに行くなんて思ってないよ。
でも、
でも。
ハッピーエンドだって望んでない。
ただ、傍にいて欲しかった。
みんなの笑顔が欲しかった。

…それが欲しくて溜まり場という場所に、入ったというのに。

結局は迷惑掛けてばかりだった。
甘えるばかりで、自分の安息の地を求めるだけだったのかもしれない。

放って置けば死ねる場所にいる。
あぁ。
消えてなくなりたいと願うのなら
今、なくなってしまおうか?
其れが最善なのかもしれない。

あぁ。
ごめんなさいすら言えない自分がもどかしい。

I was very glad to see you...
I hope we'll meet again some day.

いや、まぁね。 

2004年09月06日(月) 18時16分
大体解っていたとは言えどもやっぱりムカツクんだよね。
もう負けよしみはよせよ、アハハ。(# ゚Д゚)

ってコトでコンバンワ。(ぁ
今日、青森への旅行の帰りで、地元の駅にいたんですよ。
そこで、ばったりと先日の体育祭でボロ負けしたクラスの女子と鉢合わせてしまって。
私のクラス、予行で3位、本番で2位だったんですよ。
一番のとりである伝統“ムカデ競争”。
予行、私たち4位で、其の子のクラス、2位だったんですよ…。
それが本番、私たちのクラスが1位、其の子のクラスが4位で。
まあ立場逆転というかなんと言うか…(゚Д゚;)
自分達の実力負けの癖にやっぱり悔しいのか、こっちのことうらんでるらしく。
目を合わせるや否や、すっげぇ形相で睨み付けられまして(´д`;)
2人組だったんですが、両方ともそのボロ負けしたクラスの子で、ひそひそと…_| ̄|○|||
読唇術は出来ませんが、なんていってるのか解っちゃうのが切ない(゚Д゚;)
実力勝負の世界。
単に自分達の実力が駄目だったんだろ、って言いたくても、悲しいのは解るんですよね。
夏休み返上して練習してたクラスだったんですもん。
でも、終わってから恨まれても困るなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。と。
選手宣誓したじゃない!ね!
帰ってきて早々、「もう此処居たくねぇ。またどっかイコウカシラ。」とか
素で思っちゃいました゜・(ノД`)・゜

そんな中、例のアレ。
本当に、なんでこんなに馬鹿ばっかりなんだろう、と。
そう思った1通のメールがありましたっ。
いいんだこれは自分の中にしまっておけば。
誰も巻き込んじゃイケナイ。イクナイイクナイ。
また沈み込んじゃったらごめん!
溜め込むのはイケナイかもしれないけど、そうしなきゃいけないときもアルンダ。

みんな、みんな。
ずっとずっと遠くにいるけど、
ちゃんと信じていられるのは。
答えてくれるその言の葉が、
信じれる勇気を私にくれた。
風は何処までもいけるけど、
行き止まりみたいな制限があるでしょう?
大地は何処までも広がっているけれど、
いつかはその先端に、たどり着く。
空と地は交わらないけど、
2つの存在をつなぐのが、私たちヒトなのだと教わった。

ねぇ探して探し出して。
私はココにいる。
2004年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/ui_uki/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ui_uki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる