新たな歯科医療の形として期待が持たれるイ

February 01 [Wed], 2017, 20:02
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療をうけるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)な人もいると思います。この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対にこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、腫れ立ところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みがつづいているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察をうけて頂戴。どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。おもったよりな費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことが可能であるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。



歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯がまるごと抜けてしまった後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療はすべて自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。


骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
持ちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密におこない、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安心して治療をうけることができます。それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できるのです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害するはたらきをします。



快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。



人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応し立ためで、時間の経過共に落ち着くのがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功指せるために必要です。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。ですが、便利な反面、気に留めておくべきポイントがあります。まず挙げられるのは、インプラント治療をうけるには条件があるということです。これは重要な事実です。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療をうけられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意して頂戴。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとしてのこすことができれば冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。根元から歯を抜い立ときの選択としては、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、トータルで30万円から40万円と考えて頂戴。地域によってかなり料金は異なります。



また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミ(ネットの普及により、以前よりも集めやすく、広がりやすくなりました)になります。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思って頂戴。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めと共に、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗し立とき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持出来なくなる事が考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持して頂戴。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスをうけることが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。



骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使ってつくられているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、ほぼ全額自費とみるべきです。



余計な負担や不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。誰でもインプラント治療ができる訳ではないんです。その大きな原因は他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
おおむね保険適用外で、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってきます。また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuhei
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる