No.13 丸亀城を訪ねて

February 07 [Tue], 2017, 17:54
平成29年2月3日に四国巡礼の際に、第78番所と第77番所の途中に丸亀城があったので立ち寄ることにした。この城は、遥か遠くからでもその存在が分かる標高66mの高台にあり、日本の名城100選にも選ばれている日本を代表する名城である。特に急峻な石垣が有名であり、「石の城」と形容されているとのことである。
城跡の中心にあり最も高いところにある本丸である。そばによると思ったほど大きくはない。


本丸の中は急峻な階段となっており、その上層からは丸亀の市内が一望できる。


本丸は66mの高台にあるため、そこから市内を見渡すとちょっと怖いくらいである。


この城の石垣が有名である。そばに立つとそそり立っていることが分かる。


石垣の下には石垣の美の説明がある。


入り口の案内所で渡される見所である。


本丸などの説明である。


山下曲輪などの説明である。

No.12 高松城を訪ねて

February 07 [Tue], 2017, 16:59
平成29年2月3日に四国周遊で高松を通過した際に史跡高松城跡を訪問した。この城は、高松城または玉藻城と呼ばれており、現在、高松市立玉藻公園となって一般に公開されている。場所が、まさに高松駅前となっており、次の列車の待ち合わせ時間が1時間でもあれば訪問できるアクセスの良い場所となっている。
これが現在シンボルとなっている北之丸月見櫓である。


月見櫓の前に立っている紹介文である。


入園料は200円であるが、65歳以上は、身分証明書さえ見せれば無料となっている。


入城の際に渡されるパンフレットの表麺で高松城の沿革が記載されている。


裏面には見所が詳しく紹介されている。



No.11 韮山城跡を訪問 2016.12.29

December 31 [Sat], 2016, 14:04
韮山城は、明応二年(1493)に伊豆に侵攻してきた伊勢新九郎盛時こと北条早雲によって築城され、およそ100年以上に渡って城郭として存続した中世山城とのこと。


城跡入り口にには、この城は北条早雲により築城されたとの説明があった。


この城跡も広大な城であることが偲ばれる。


この韮山城跡については以下の三島市の観光案内に詳しく紹介されているので参照して欲しい。
(https://kamakura8.blogspot.jp/2014/06/blog-post_17.html)

No.10 山中城跡を訪問(静岡県)

December 31 [Sat], 2016, 14:03
三島市の郊外には山中城跡がある。年末の12月29日に訪問した。
山中城は、永禄年間(1560年代)小田原城を守る城として、後北条氏により創築され、天正18年(1590年)、天下統一を目指す豊臣秀吉の大群の前に、わずか半日で落城したと言われる悲劇の城とのこと。
石を使わない土だけの山城は全国的にも珍しく、北条流築城術の粋を集めた「障子掘」や「畝掘」が有名とのこと。
歴史的な面、技術的な面で評価され、「日本百名城」にも選定されているようです。
城跡入り口の表示。


築城の紹介。


城跡は広大な敷地となっている。


中は迷路のようになっており、残念ながら本丸にはたどりつけなかったが、西の丸の広大な敷地には到達できた。


西の丸の見張り台の説明


ここから遠くには富士山を眺めることができた。


この付近は箱根西麓のハイキングコースとなっており、良い季節にまた来たいと思った。

No.9 川越城跡を訪問 2016.12.25

December 31 [Sat], 2016, 14:02
12月25日に訪問した川越城は、江戸時代には川越藩の藩庁が置かれ、関東七名城・日本100名城とのこと。
現在訪問することができる、川越城本丸御殿は、嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典(なりつね)が造営したとのことで、16棟、1025坪の規模をもっていた、明治維新後次第に解体されてしまったとのこと。
当時の配置。


現存しているのは玄関部分と、移築復元された家老詰所のみですが、埼玉県指定文化財になっているとのこと。
入り口には石碑がたっている。


本丸御殿の入り口


現在、川越は、小江戸とも呼ばれ観光名所となっており、ここ川越城にもカップルなどが多数訪れているととのこと。


No.8 平戸城訪問 2016.12.21

December 31 [Sat], 2016, 14:01
平戸城を12月21日に訪問した。
平戸は日本で最初にポルトガル貿易が行われた港町。その平戸を治めた松浦氏が江戸時代居城としたのが亀岡に立つ平戸城とのこと。 明治6年廃城となったが、昭和37年平戸市により、この白亜の天守閣が復元されたとのことである。


入城料を支払うとパンフレットがもらえる。


天守閣から平戸の街が一望できた。


場内の配置など。

No.7 大村城跡(長崎県) 2016.12.20

December 31 [Sat], 2016, 13:59
長崎空港から程近い玖島城址(大村城跡)を12月25日に訪問した。長崎空港は大村市内にあり、玖島城の訪問には大変便利な立地であった。この玖島城は慶長4年(1599)、大村家19代喜前により築かれ、30代幕末まで12代270年にわたって大村藩2万5000石の居城であったとのこと。


長崎空港から諫早行きのバスにのり、20分程度で市役所前に到着。そこに大村公園があり、この園内に大村城がある。
空港には諫早行きのバスが待っていた。


大村l公園の入り口のサイン


入り口はいると太鼓橋がある。


太鼓橋をわたり左に曲がるとまもなく、残された古い城壁が見えてきた。


城跡付近は桜の名所となっているとのこである。


玖島城跡の説明。


城跡付近は整備されており、ぜひサクラの季節にはまた訪問したいところであった。

No.6 国宝松本城を訪ねて 2016.12.11

December 13 [Tue], 2016, 20:33
北アルプスを背景にそびえる国宝松本城を訪問した。松本駅から公園にはいると真っ先に、天守閣が国宝であると明記した石碑がある。日本には国宝の天守閣は現在、4ヶ所のみとなっている。なお他の3城は犬山城、彦根城、松江城である。


5重6層の天守閣を外から眺める。


天守閣への道。


天守閣からの松本市内の眺め


松本城お概要


松本城のパンフより歴代藩主の紹介


天守閣の内部の紹介、パンフより








No.5 富山城訪問:2016年

December 10 [Sat], 2016, 6:08
富山市内の丸の内にある富山城を訪問した。城の全景:


富山市内の眺め

No.4 大阪城を訪ねて: 2015年4月5日

December 10 [Sat], 2016, 6:02
大阪城を訪問した。海外からの多くの観光客でにぎわっていた。
全景:


入場口:


楽しむ訪問客の姿:


大阪の陣400年記念特別展のポスター:
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ui1127/index1_0.rdf