EV普及のための4社タッグ

September 24 [Tue], 2013, 23:23
2013年7月29日、トヨタ、日産、ホンダ、三菱の自動車4社が共同でEV等の普及に
向けて充電施設の設置推進を図っていくことが発表された。
4社が共同でショッピングセンターの駐車場や高速道路のパーキングエリアに
充電器の設置を呼びかけ、設置費用の一部を負担するという内容だ。4社は
急速充電器については現在の2倍以上の4000基に、普通充電器は8000基規模に
来年の2月末までに引き上げることを目標としているという。
この発表の背景にはEVやPHVの販売不振がある。2009年に三菱が最初にiMiEVを
発表して以来、当初の目標の半分程度しか普及していないのが実態だ。
自動車メーカーからすると、「なぜもっと売れないのか」と思うのかもしれない
が、そもそも、フル充電でも200km程度の走行距離しかないEVだ。しかもこれは
カタログ値だから、夏場や冬場でエアコンを使った運転をすれば、半分以下の
せいぜい80km程度しか走れないだろう。これでは街乗りならばともかく、
ちょっとした小旅行でも充電設備の心配をしないといけなくなる。
だからこの充電施設の拡充はEVの販売には不可欠のことなのだが、逆に言えば
これまでは各メーカーが車を作れば売れるものとサボっていたようなものだ。
今回は2014年2月末までの目標値が設定されており、4社の中のある会社のEV
推進担当者によると、各社ごとに充電施設の設置数「ノルマ」が設定されて
いるようだ。今回の普及は各社が本気で取り組むので、全国で1万ヶ所以上の
充電施設がこれで整備されることになる。ようやくEV車の普及のインフラが
最低限整ったということになる。ここまでにそもそも時間がかかりすぎだと
思う。ガソリン代が高騰している今、もっともっとEVには注目が集まるべきだ。

小獅子


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆいとzx74
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uhpwqwr6/index1_0.rdf