これでいいのか国会?

June 27 [Thu], 2013, 11:34
参議院で安倍首相に対する問責決議案が可決された。
そしてそれと同時に、重要法案が廃案になる事態となった。


生活の党、社民党、緑の風の野党3党から問責決議案が25日提出され、
会期末の26日に緊急上程されて可決されてしまったのだ。

もし仮に、この問責決議案の前に重要法案を審議していれば、
可決・成立する見通しだっただけに、
国会運営のやり方と、各党の国民への向きあい方が問題視される。

国民の意思を反映して国会に臨むのが国会議員で、
国民にとって党の思惑などどうでも良いこと。

ところが今の国会議員は党利党略が優先で、
それどころか自分自身を優先しているようにさえ思える。


国民が望んでいたのは重要法案の可決・成立で、
審議してほしかった定数是正や、国会議員の歳費などは審議されず、
せめてもの電気事業法の改正案などは採決して欲しかった。


今回の安倍首相の問責決議案の可決に対し社民党の党首は、
「まず先に民席決議案が審議されて可決されたことが良かった」
と述べている。


なぜ?

なぜ重要法案を廃案にしたことが良かったのか?
それが不思議でならない。

自民党と民主党が今国会で成立させることで合意していたのが気に入らないのか、
それこそ党利党略としか思えず、
これでは国会などというものに信用ができず、
政治離れされるのは当たり前のこと。

こんな事が続くようでは、
先の参議院選挙の投票率が悪くなるのも目に見えている。

確かに選挙をすることは大事なことだが、
その選挙自体に何の意味がないのでは、
選挙に行こうと思わないのは当然である。


アベノミクスで一時大幅に値上がりした株価も、
今はある程度の水準で落ち着いている。
せっかく景気回復に弾みを付けたのに、
これでは又、元の木阿弥になってしまいかねない。

こんなことで良いのか日本!







P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょうv2u3
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる