ドライマウスで舌が痛くなる症状

March 25 [Tue], 2014, 13:10
舌がピリピリする、刺激物がしみるといった場合には、ドライマウスの可能性が考えられます。
ドライマウスは唾液の分泌量が減少して口の中が乾燥し、会話や食事などに支障が出る症状です。

加齢やストレス、薬の作用などが原因であると考えられています。
口の中に常在している菌であるカンジダ菌は風邪をひいたとき、ストレスを感じているときなどに増殖する場合があります。

カンジダ菌が増えると、舌にピリピリした痛みなどを感じるのです。
ただ、この症状は一過性のものですから、唾液の作用によって自然に治ります。

ただ唾液が不足すると、カンジダ菌などといった細菌類の増殖を抑えることができなくなってしまいます。
これが、ドライマウスになると舌が痛くなる原因です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:真悠子
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uhbyb3md/index1_0.rdf