mimi 

January 23 [Mon], 2006, 13:49


「無い乳ボンバー」編 

January 16 [Mon], 2006, 12:44
我が家での私の愛称は無い乳ボンバーだ。生まれてこのかたAカップ以上になったことのない正真正銘の「無い乳」である。結婚して10ヶ月、ちょっとムッとしながらもその呼び名にも慣れた。多分最後のボンバーに特別意味は無いのだと思う。最初は無い乳と呼ばれる度に「あるよ。あります〜!ほら、ココ。乳あるやん!!と抵抗していたが分かっていますとも、抵抗するのはなにより乳の無い証拠。肩が凝るのは単に腕の使い過ぎ。決して乳が重いからではない。理由は明確だ。いいじゃないか、乳が無くて。ふんふんふ〜んと鼻歌歌いながら料理をする。もちろん、乳が邪魔で下が見えないなんてことはない。よって包丁で指を切る心配もない。バンザイじゃないか。ダンナさんは松浦あやが嫌い。でもテレビであややがでるとじぃーっと釘づけ。「どしたん?」「いや、乳でかいよな」そこかい!気になるのは。天下のプリチーあややは顔より乳だった。でも、うちのダンナさんは十人並みの顔で乳ナシの私を選んでくれた。気は強いしドジ、マヌケ。おまけに乳ナシときたもんだ。それでも一緒になることを選んでくれた。ありがとう、乳は無くてもいい人生だよ。
次回は「乳無し女出産」編を書くつもりです。お暇があったらまた次回も読んでくださいね。(^_^)

        
懸賞応募やってるよ!↓ バレンタインに月の土地をプレゼントしてあの人の心を奪っちゃおう☆ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
最新コメント
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:uhauhaza-ka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる