ピーラーで熟練シェフの腕前になる

December 12 [Fri], 2008, 13:13
ピーラーは簡単に言うと果物や野菜の皮をむく器具のことです。
包丁一本ですべての料理をするのは大変です。
ピーラーのない時代、板前さんは皮むきや千切りの技を習得するのにものすごい努力をしていました。有名な料理の技に大根のかつらむきがありますね。
大根を薄く一枚の膜のようにむいて最後に千切りにするわけです。
このかつらむきの技術の良しあしで板前さんの技量を図っていたのですね。
今は違います、こんなことは機械器具がやってくれます。
いつの間にかシェフとかいう名前になってしまいましたが、板前さんは本来の仕事である盛り付けや味付けに全力投球できるようになりました。
当然ですわな、大根やキャベツの千切りがいくら上手にできたとしても、それでお料理の味が良くなるわけではありませんからね。
でもでも、素材の味を引き出すには、素材を加工しなきゃなりません。
皮をむいたり千切りにしたりとかね。
 → お料理に欠かせないピーラーはコチラから! 






谷口真介 幼稚園受験
女を落とす 連絡
アダム徳永 快楽
ジャージ 福袋
手袋 福袋
TETRA


  • URL:http://yaplog.jp/ugov3i47/archive/1
P R
カテゴリアーカイブ

  • seo