うごく七夕山車作り -山車作り 3-

August 11 [Sat], 2012, 19:51

こんばんは、かじ坊です

今日の夜は、竹駒で花火大会でした!

かじ坊は少し離れた場所で花火をみましたよ

離れた場所は、うごく七夕まつりをやったところです



8月15日まで山車が3台あって、夜の7時から9時まで

山車が明るくかがやいているんだよ見にきてね!!


山車作りのつづきです

舵棒がついて何日かして見にいってみたら

上に家みたいな小屋みたいな・・・



お囃子をする舞台ができてました

10人くらいのれて太鼓が何個ものって

人もたくさん乗るから広いんだって



山車は飾りがつくんだよ

色とか夜の光るのとか毎年いろいろと工夫して

飾りをきめるんだって

かじ坊が川原祭組さんの山車を作るところにいったら

飾りをつくってました



おそろいのシャツを着てる人たちは

沖縄の宜野湾市から陸前高田にきた高校生のボランティアさん

御簾(ミス=竹を長く切った細い棒)に和紙(ワシ)をまいて

花かざりをつけてました!

遠い沖縄からありがとうございます!




山車の飾りで和紙をたくさんつかいます

かじ坊からクイズです!

一台の山車で何枚くらい和紙をつかうでしょうか?

コメント欄に答えまってます!


山車につかう和紙は愛媛県 四国中央市で作った和紙なんだって!

四国中央市のみなさん!

ありがとうございます!!


かじ坊、愛媛県にいってミカンジュースのんでみたいです



うごく七夕山車作り -山車作り 2-

August 09 [Thu], 2012, 20:36

こんばんは、かじ坊です。

しばらくサボってごめんなさい

かじ坊、うごく七夕まつりにいって感動しちゃいました!

お祭の様子は、まだです


山車作りの続きです

大きなトラックで大きな長い木が運ばれきて

クレーンの付いたトラック降ろして行くよ

みんなでおさえて、山車の下のほうに入れていきます



何か考えてる?

お兄さんたちに聞いてみたら…

「長い舵棒(かじぼう)だからバランスをとるため話してるんだよ」

長い木は舵棒…ってかじ坊とおなじ名前なんだ

舵棒は山車(だし)を引いたりおしたり回したりするときに使うんだって

「どのくらい長いんですか?」

「15Mだよ!」

電気や電話の線の電柱の長さくらい…



バランスをとって、こっちが山車のうしろ



そして前、お兄さんたちが舵棒の下で何かはじめました



「せーの!せーの!」と声をかけて舵棒をしばってます

しばるのは「藤(フジ)の木」の蔓(ツル)で山から木を切って

たたいてやわらかくしたのを水をかけながら巻いてしばってくんだよ



しばり終わったよ!

すごく丈夫そうだよね

しばってから何日も水を何回もかけていって

乾燥させると強くなっていくんだって




山車にタイヤがついてないから聞いてみたら

社長さんのところにあるからとお兄さんが教えてくたれので

見に行ってきたよ!


大きい…でもタイヤじゃないよ…

柴田建設の社長さんに聞きました!

「かじ坊、これは土車(どく(ぐ)るま)っていって木で出来てるんだよ」

木のタイヤなんだって!

重そう…



欅(ケヤキ)の木で作ってるんだって



幅も広いなぁ〜



木のタイヤ、土車はここに付くんだよ



ちゃんと回るようにきれいにします



「社長さん、なんで一つしか作ってないの?」

かじ坊が質問したら…

「かじ坊、この山車は2年前に新しくしたんだよ」
「でも、津波で流されて土車が一つ無くなったから…」

そうなんだ…

残った三つの土車は丈夫だったからつかうってわかったけど

かじ坊、ちょっと悲しい気分になりました。





yaplog!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:かじ坊
  • 性別:男性
  • 誕生日:8月7日
  • 現住所:岩手県
読者になる
かじ坊のひとり言と七夕の話
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる