気になるインプラント手術の内容とはま

January 15 [Sun], 2017, 23:04
気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、ご飯も格段にしやすくなっています。


インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になるのですが、効果もまた高いと言えます。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことが出来ます。

現状では、インプラント治療はすべて自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでちょうだい。


しかし、他の原因から生じる事もありますので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功指せるために必要です。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。



歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるためご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口のにおいが気になるといった変化がままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口のにおいと侮れません。
より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが重要です。


長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良い訳はなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてちょうだい。



地域によって異なりますし、どのような治療をおこなうかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミ(いい評判も広がりやすいですが、悪い評判はより一層広がりやすいものです)です。



近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプといわれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられる訳ですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。



埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療はしゅうりょうです。



けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになるのです。メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えてちょうだい。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。



インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ずもとめられます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってちょうだい。感染が重篤化する危険性があるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。


近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点があるのですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。

もちろん造り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術一緒に大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。
インプラントの特質として、安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくあごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムを幾ら噛んでも取れな幾らい丈夫に創られていることはいうまでもありません。例えば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていればおもったより長い間保たせることが出来ますが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。


1年近くもかけてインプラントを定着指せ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化指せないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてちょうだい。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施す訳ですから、異常に気付くのも遅くなります。
担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑠花
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる