プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ugmxfsmzajyfud
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
レナウン臨時総会 山東如意傘下入り承認 中国に2000店出店 前途多難 / 2010年07月31日(土)
 経営再建中のアパレルメーカー、レナウンは29日に東京都内で臨時株主総会を開き、5月に発表した中国繊維大手、山東如意の傘下入りについて株主の承認を得た。山東如意の幹部3人が非常勤取締役に就任する人事案も同時に承認された。財務体質を強化し、急成長する中国市場への進出を加速させる考えだが、株主からは再建の前途を不安視する声がくすぶっており、正念場はこれからだ。

 承認を受け、レナウンは30日に山東如意を引受先とする40億円の第三者割当増資を実施、山東如意は発行済み株式の41.18%を保有する筆頭株主となる。今後は主力ブランド「シンプルライフ」などの展開を加速。山東如意と来年2月末までに北京市で合弁会社を設立し、10年後には2000店以上を出店し、1000億円以上を売り上げる計画だ。

 レナウンによると、非公開で行われ84分で終了した総会では、北畑稔社長が資本提携の趣旨や今後の経営方針を説明し、「新しいことをやるのがレナウンのDNA。今回の提携もそうで、再生の大きなステップにしたい」と賛同を求めた。これに対し、一部株主からは「ブランド力を生かすというが、これまでも赤字だったのに中国企業の傘下に入り、さらに業績が低迷するのではないか」といった不安の声も上がったという。

 総会終了後、ある男性株主(53)は「心情的には反対。中国での2000店の出店計画についても具体性はなかった」と語り、経営に疑問を投げかけた。

 レナウンは、バブル崩壊後の長引く景気低迷や低価格衣料の台頭を背景に売り上げが減少。人員削減や本社ビル売却、有力ブランドの売却を行い合理化を進めてきたが、業績悪化に歯止めがかかっていない。2011年2月期の連結決算は、子会社売却で売上高が690億円と前期の半分近くに減少し、最終損失も109億円の巨額赤字を計上した前期に続き、6億円の赤字が残る見通しだ。

 家電量販店運営のラオックスが中国の同業大手である蘇寧電器の傘下入りするなど、経営の傾いた日本企業が資金力が豊富で技術力やサービス力、ブランド力を高めたい中国企業の下で再建を図る事例が増えている。老舗で知名度が高いレナウンの再建は、中国企業による日本企業買収のテストケースにもなりそうだ。

【7月30日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000006-fsi-bus_all
 
   
Posted at 07:01/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!