放射性物質(放射能)からは、さまざまな放射線が出ます

May 03 [Tue], 2011, 14:29
 

一般に被爆時にヨードを含む食材を食べるべし、という話は「放射線被ばくにより誘発される甲状腺発がんのリスク」があるため。これは幼児・子供・妖婦に適用される。40歳以上では甲状腺発がリスクはないとされている。

 本来、ヨウ素は、甲状腺ホルモンの構成成分として生体に必須の微量元素であり、体内には約25mgが存在する。また、海草に多く含まれ、1日の摂取量は成人で約1.5mgとされている。一方、甲状腺は、ヨウ素を取り込み蓄積するという機能があるため、原子力施設の事故で環境中に放出された131Iが体内に吸収されると、甲状腺で即座に甲状腺ホルモンに合成され、甲状腺組織の中で放射能を放出し続ける。その結果、放射能による甲状腺障害が起こり、晩発性の障害として甲状腺腫や甲状腺機能低下症を引き起こすとされている。

放射性物質(放射能)からは、さまざまな放射線が出ます。ガイガーカウンター.どの種類の放射性物質からどんな放射線が出るかはここでは割愛しますが、どの放射線もみなDNA損傷(遺伝子損傷)を引き起こし、このことが原因で癌になる可能性があります。これが、放射性物質の怖いところです。これは、官「直ちに人体に影響を及ぼす」ような問題ではなく、長期的な視野の元で起こる健康上の問題です。放射線により癌になっても、それが明らかになるのは早くても半年か1年後ですし、長い場合には10年も20年も経った後に影響が出る場合もあります.



ガイガーカウンターが放射能を測定することができます。


放射線による被ばくは、今回のように原子力発電所が事故を起こした場合にのみ起こるものではありません。自然放射線といって、私達が普段生活している中でも、毎日のようにさまざまな放射線の被ばくを受けています。ガイガーカウンターが放射能を測定することができます。そういった被ばくを受けているにもかかわらず、すぐに癌にならないのは、私達の体を形成している細胞にDNA損傷を修 復する能力があるからです。さまざまな遺伝子がDNA修復に関与していて、その結果、たとえDNAに損傷を受けても修復されるので、癌にならないのです。さらに、DNA修復によって修復し切れなかった場合に、細胞が自らの機能を止めて死細胞になる仕組みもあり、これも癌化を引き起こさないメカニズムの一つです。ガイガーカウンター .







P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/uggwindow/index1_0.rdf