子供が口をゆすげない?うがいを覚えさせる方法とは?

March 09 [Thu], 2017, 23:09

もうそろそろ子供がうがいを覚えてもいい頃なのに、
なかなか上手にうがいができないと困っているママさんって
意外と多いのではないでしょうか?

大体、2〜3歳ぐらいには、
外から帰ってきたり、歯磨きのあとには、
「ぐちゅぐちゅぺっ」や「ガラガラぺっ」をしたもらいたいですよね?

特に、冬時期の風邪やインフルエンザが流行る時期なんかは、
余計にガラガラうがいを覚えさせたいと思ってしまいます。

また、歯磨きの後には、子供も自分で、
ぐちゅぐちゅぺっやガラガラぺっをしてもらえると
一安心というか、成長を感じるものです(^^)

それに歯磨き粉も安心して使えるようにもなると思います。

2歳ぐらいから、うがいや口をゆすぐことが、
上手にできるようになる子も多いようですが、
うちの子はまだできないと思うと
なんだか焦ってしまう気持ちもあると思います(-_-)

そこで、ここでは口をゆすいだり、
うがいができるようになる為の方法をご紹介☆

よかったら参考にしてみてくださいね♪


□子供にうがいを覚えさせる方法とは?

子供に口をゆすいだり、うがいを覚えさせるには、
「親がお手本を見せてあげる」ということがやっぱり大切です!

何回も何回も繰り返し見せることがポイント!

子供は、実はよ〜くママやパパのことを見ています。

いつの間にか、子供に真似されていたなんて経験ありませんか?

それに、子供はのみ込みが早いものです!

スマホなんかあっという間に操作してしまったりします(笑)

だから、まずは親がうがい(ぐちゅぐちゅぺっやガラガラぺっ)を
目の前で実践して見せてあげるようにしてみてください!

この時のポイントは、すぐにできなくても、
根気よく毎日見せてあげる
ということです!

個人的にうがいを覚えさせる方法としては、
お風呂を上手に活用するといいと思います(^^♪

お風呂に子供用のコップを持っていって、
湯船に入りながら練習するんです!

(ちゃんと蛇口から出る清潔な水を使ってくださいね)

というのも、お風呂であれば、遊びながら楽しく練習ができるし、
それに、口からこぼしても濡れて慌てるという心配がなくなるからです!

あとは、大事なポイントとして、
子供がうがいができないからといって、
怒らないように
してあげてください。

多分上手にうがいができるようになるまでは、
うがいをしても、吐き出さずに、
飲み込んでしまうということが多いと思います。

そこで、怒られてしまうと、子供も萎縮してしまうと思うので、
楽しく練習することがとっても大事です!

また、上手にできたときは、
「いい子いい子」と頭を撫でて褒めてあげることで、
子供は嬉しくなったり、得意気になったりすると思いますよ!

練習をしていれば、口をゆすぐことやうがいも
できるようになっていくと思いますので、
根気よく楽しく付き合ってあげましょう(^^)

ちなみに、まだ上手にうがいができないという場合には、
歯磨き粉も「うがいが不要」のものを使ってあげるといいと思います(^o^)

例えば、最近話題の「ブリアン」という歯磨き粉は、
歯を磨いた後に、口をゆすがなくても平気なので、
安心
して使えちゃいます!

しかも、この歯磨き粉は、
けっこう、メディアなんかでも
取り上げられてたりする
みたいなんです!

うちもこの歯磨き粉があって、
とっても助かっています☆

個人的には、けっこうオススメだと思います(^^♪

気になる人は見てみるといいですよ☆
→→BRIAN(ブリアン)


うがいもそうですが、子供に覚えさせるというのは、
大変な部分もたくさんあると思います。

でも、子供が練習してできるようになると、
親としてもとてもうれしいと思います!

子供も大人になるにつれて、
親元を離れていくと思いますので、
今という時間を大切にしたいものですね(*^^*)