ドコモのXperia、初代iPhoneに匹敵する注目度 / 2010年04月07日(水)
 カカクコムは4月6日、ドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia」発売後の反響に関する調査結果を発表した。

 4月1日発売されたXperiaは、ドコモが2モデル目のAndroid端末として投入したスマートフォン。価格.comの主要スマートフォンの製品ページへのアクセス数推移を見ると、3月中旬までは、どの製品もアクセス数にさほど違いがなかったが、Xperiaの発売が近づいた3月中旬以降は、他の製品を圧倒的に引き離すアクセスを獲得するようになった。発売当日の4月1日には、スマートフォンや携帯電話製品を含め、価格.comに登録されている全製品の中でトップとなる、1日で5万5570PVというアクセスを達成した。

 初代iPhoneの発売当日のアクセス数も、5万3473PV(8Gバイトモデル)という高い数値だったが、今回、Xperiaはそのアクセス数を上回る結果となった。ただし、初代のiPhone 3Gには8Gバイトモデルと16Gバイトモデルがあり、それぞれのアクセス数を足すと6万5346PVとなるため、Xperiaの注目度はトータルでは初代iPhoneに若干及ばなかった。

 ただ、初代iPhoneが登場した時点では、まだスマートフォンが一般的ではなく、実際に購入を考えていない人からも注目されていたため、スマートフォンが定着した現在、Xperiaがこれだけの注目を集めたことを考えると、単体製品としてはiPhoneにほぼ匹敵するほどの人気を集めたといえそうだ。

 価格.comに登録されたXperiaのユーザーレビューによれば、総合ポイントは「4.12」(4月6日時点)と比較的高評価を得ているが、評価の高い項目とそうでない項目が分かれる傾向が見られた。

 評価が高いのは「デザイン」「画面表示」「文字変換」などの項目で、特にデザインについてはほとんどのユーザーが高く評価しており、デザインに惹かれて購入したというユーザーも少なくない。画面表示に関しては、スマートフォンでは最大クラスのサイズとなる4インチ液晶が高く評価されており、文字変換の精度についても評価が高いという。

 これに対して評価が低いのは「バッテリー」で、ほとんどのユーザーが「1日持つかどうか」とコメントしている。また、「ウォークマンのソニー」がかかわったスマートフォンということで期待していたユーザーも多い「音楽再生」に関する評価は、意外にも低く、内蔵スピーカーや付属ヘッドホンの音質があまりよくないという意見や、再生ソフトウェア「Mediascape」の機能に対する不満などが上がっていた。操作性については「ボタンの位置が悪い」「iPhoneのほうがこの点はすぐれている」といった意見が比較的多かった。

 いずれにせよ、Xperiaは多くの注目を集め、購入ユーザーの評価もまずまずといったところで、好調なすべり出しをみせている。バッテリーの持ちや操作性など、いくつかの課題はあるものの、これまで登場してきたスマートフォンの中では、iPhoneに対抗できる要素を持った製品といえそうだと、同調査は結論づけている。

(プロモバ) 4月7日19時4分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000049-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 22:01/ この記事のURL
個別記事リンクに賠償請求? 日経サイト方針に大批判 / 2010年04月07日(水)
 新聞業界で注目を浴びてスタートした日本経済新聞の「電子版」に、思わぬ形で逆風が吹いている。サイトへのリンクについての方針が、「個別記事へのリンクはお断り」「違反した場合は損害賠償を請求することがある」という異例の内容で、強い批判を浴びている。

 一方で、同社が他サイトに出稿した広告からは、個別の記事にリンクが貼られていることも明らかになっており、リンクポリシーとの矛盾を指摘する声もある。

■「リンクポリシー」の内容は各社バラバラ

 マスコミ各社を初めとする企業のウェブサイトには、外部サイトからリンクを張る際の方針を定めた「リンクポリシー」が掲載されていることが多いが、その内容は各社バラバラだ。例えば、在京の新聞・通信各社では、毎日新聞や産経新聞、共同通信の記事を中心に掲載している「47ニュース」では、「営利目的でない」「新聞社の名誉や信用を損なわない」といった一定の条件を満たせば、原則としてリンクは自由だ。

 読売新聞と時事通信では、トップページへのリンクについては原則自由だが、個別記事へのリンクについては、事前の許諾申請を求めている。朝日新聞は、トップページにも個別記事にもリンクして良いとの立場だが、事後連絡を求めている。

 波紋を呼んでいる日経のリンクポリシーは、「トップページへのリンクは自由だが、リンク元のサイトの内容などを連絡する必要がある」というものだが、他社と際だって異なっているのが、「個別記事へのリンク」を明示的に禁止していることと、リンクポリシーに違反した場合は「損害賠償を請求することがあります」と明記されていることだ。

 なお、日経電子版の前身である「NIKKEI NET」にも同様のリンクポリシーが掲載されており、こちらにも、やはり損害賠償と個別記事へのリンク禁止のくだりが掲載されている。ただ、08年時点のページでは、損害賠償のくだりは確認できないため、ここ数年で損害賠償を求める方針を打ち出したものとみられる。

 いち早くネットへの本格的な取り組みに乗り出したはずの日経電子版なだけに、ネット上の失望感は大きく、ITジャーナリストの佐々木俊尚さんはツイッター上で、

  「リンク禁止とか100億光年的外れなこと言ってる日経が書くITの記事を信用できるわけがない。購読やめて良かった。あーあ」

  「別に日経にウェブのルールを守れ、とか上から目線で言ってるわけじゃない。リンクによるソーシャルメディア的効果とかまったく考えてないであろうところに日経のネット理解の情けないほどの浅薄さが見えてしまう。そこがトホホ」

などと切り捨てている。

■リンク張ることは著作権法上は問題ない

 一方で、日経は、「最近の人気エントリー from 日本経済新聞電子版」と題して、「はてなブックマーク」にバナー広告を出稿している。広告には見出しが5本掲載され、見出しをクリックすると、個別の記事にアクセスすることができるという、同社のリンクポリシーに矛盾しているともとれる作りだ。

 日経新聞の経営企画室広報グループでは、J-CASTニュースの問い合わせに対して、4月7日夕方、以下のコメントを寄せた。

  「日経は経済紙としてマーケットに影響を与えやすい記事を多く扱っています。個別記事へのリンクの付け方次第では、報道目的以外に記事を利用され、例えば特定株の推奨など市場に誤ったメッセージを与える懸念があります。このため一般紙よりハードルの高いリンクポリシーを掲げています。リンクポリシーについては、随時検討し、必要に応じて変更しますが、ルールを逸脱する行為で損害が発生した場合には、厳正に対処します」

 なお、いわゆる「無断リンク」や、トップページ以外にリンクを張る「ディープリンク」問題をめぐる議論は「古典的」とも言えるものだが、法的に問題があるとの見方は少数派だ。例えば、著作権についての啓発活動を行っている社団法人著作権情報センターでも、

  「リンクを張ることは、単に別のホームページに行けること、そしてそのホームページの中にある情報にたどり着けることを指示するに止まり、その情報をみずから複製したり送信したりするわけではないので、著作権侵害とはならないというべきでしょう」

といい、著作権法上は問題ないとの見方だ。


■4月6日18時52分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000003-jct-soci
 
   
Posted at 20:58/ この記事のURL
【日本版コラム】ハイチのアメリカ人 / 2010年04月07日(水)
 今年1月に大地震が発生し、甚大な被害を受けたカリブ海の島国ハイチ。3カ月近くたったいまも被災者はテント生活を続けている。先月から今月にかけてハイチ支援に参加したWSJ日本版コラムニスト津山恵子氏が現地の様子をリポートする。

 ハイチのポルトープランス国際空港ビルを一歩出ると、そこは柵で囲まれ、物売りたちの黒い顔と手がにょきにょきと出ている。赤帽たちが、彼らを柵内に入らせないように、クレオール語で怒鳴り合う。

 日本からはあまりに遠い国、ハイチは、ニューヨークから飛行機でわずか3時間半。1月12日午後、マグニチュード7の大地震に襲われ、ハイチ政府発表で約23万人が死亡、過去最悪の地震被害を受けた。

 それから2カ月強、ニューヨークで非政府組織(NGO)を運営する友人らが「ハイチに行って、子供たちを助けよう」と呼び掛け、NGO関係者、「何か役に立ちたい」という市民・学生、そして私のほか二人のフォトグラファーの計11人が、ハイチにやってきた。私以外はみな米国人だ。

 滞在先は、首都ポルトープランスから約25キロ西にあるレオガン市。建物の約9割が倒壊し、住民のほとんどがテントに住んでいる地域で、いまだに停電が続く。

 NGO「カンボジアン・プロジェクト」のジャン―ミシェル・ティジェリナなど数人は、避難民の子供と教育に焦点をあてて活動。早速、手分けして地元にあるユニセフ、Save the Children、国連ハイチ安定化ミッション(MINUSTAH)などを矢継ぎ早に訪問し、情報交換と協力を求める。

 レオガン市の学校は、MINUSTAHによると、一校を除いて全てがぺしゃんこに。住民が近づかないように、武装したスリランカ陸軍のMINUSTAH 兵士が現場を警備しているほど危険だ。

 子供たちは、校庭やサッカー場、空き地に建てられたテントの中で、お腹をすかし、2カ月以上も何もしないでいる。昼は40度近い炎天下、夜は停電で真っ暗。学校さえ再開して、友達に会えれば、少しでも希望を与えられるのは間違いない。

 スリランカ陸軍のワサンタ大佐の案内で、唯一建物が残った小中学校を訪問。寄付された3つの大きなテントを校庭に建てて、授業を始められるように手はずをつけた。私がスーツケース2つに詰め込んで運んだ文房具もここで使われるはずだ。4月6日現在、まだ開校していないが、 ニューヨークに戻ってからも学校関係者と連絡を取り合い、開校への支援をしている。

 ほかのメンバーも驚くほど、精力的に存在感を示した。歌手のサリ・ショアは日曜日、教会に行って、「We Are The World」を歌い、神父や約1000人の信者が総立ちで大合唱になった。孤児院に行って、賛美歌を歌って子供たちを喜ばせ、帰ろうとしても子供たちが離さない。

 3週間前に雑誌編集者をクビになったスティーブ・ハンクスは、同じ教会で激励のスピーチをした。「君たちには僕らがついて いる」。彼は、避難民が寝起きするテントの周りにある瓦礫(がれき)を取り除く作業にも出向いた。

 11人のうち7人が下痢・嘔吐(おうと)を訴えて寝込んだ(私は幸いにも逃れた)。1週間以上インターネットに接続できないというこ とを予想もしなかったのか、携帯電話すら持ってこなかったメンバーが7人。毎日、朝はトーストしていない食パンとピーナツバター・ジャム、夜はライスと野菜煮込みとチキンという同じメニューを、ハエと闘いながら食べるのは、我慢すればいいのに、さすがに文句が出た。

 サバイバル慣れしていないようにみえる米国人たちだが、「また戻ってこよう」と帰りの便で話し合っていた。支援のためハイチに行きたいという人には、米国内の支援も整っている。

 アメリカン航空の直行便チケットは当初、往復950ドル(約8万9000円)と言われたが、サリが交渉し、ハイチ救援団体割引ということで、 390ドルになった。キャンプ用品店では、「ハイチに行く」といって、団体名を書き残すだけでディスカウントがあり、2割引で蚊帳や寝袋、蚊よけスプレー を購入した。iPhone(アイフォーン)の充電のため買ったソーラーパネル付きバックパックは、友人が交渉し、55%引きの“ハイチ・ディスカウント” でゲットした。

 下痢と嘔吐で一時はゾンビのようになったスティーブに「成果はあったと思うか」と、帰りの機内で尋ねた。「小さな変化は引き起こせた」とスティーブ。米国人はどこへ行っても「チェンジ」が好きだ。

津山恵子(つやま・けいこ) フリージャーナリスト

東京生まれ。共同通信社経済部記者として、通信、ハイテク、メディア業界を中心に取材。2003年、ビジネスニュース特派員として、ニューヨーク勤務。 06年、ニューヨークを拠点にフリーランスに転向。08年米大統領選挙で、オバマ大統領候補を予備選挙から大統領就任まで取材し、AERAに執筆した。米 国の経済、政治について「AERA」「週刊ダイヤモンド」「文藝春秋」などに執筆。著書に「カナダ・デジタル不思議大国の秘密」(現代書館、カナダ首相出 版賞審査員特別賞受賞)など。

【4月7日12時25分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000303-wsj-int
 
   
Posted at 20:28/ この記事のURL
クラシックカーフェスティバルをFSWで開催 4月11日 / 2010年04月07日(水)
日本クラシックカー協会は4月11日に富士スピードウェイにて、1975年以前に製造されたノーマル車両からチューニング車両、1969年以前に製造された葉巻型フォーミュラーカーなどによるレースの祭典「JCCAクラシックカーフェスティバル富士ジャンボリー」を開催する。

画像2枚:前回の同イベントの様子

このイベントでは、各種レースのほか、1979年以前に製造された外国車と国産車の走行会や関連グッズ販売、フリーマーケットも実施され、家族連れの人にも楽しめる内容となっている。

入場料は、大人4000円で中高生は3000円。前売り券は大人3500円で中高生は2500円。小学生以下と駐車場の料金は無料となっている。

前売り券の購入はチケットぴあ、ローソンチケットで4月8日まで購入が可能。

《レスポンス 佐々木誠》

【4月6日19時12分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000033-rps-ent
 
   
Posted at 19:30/ この記事のURL
「試合の方がラク…」カーリング目黒&本橋、映画イベントのゲスト審査員にドキドキ / 2010年04月07日(水)
 カーリング女子日本代表選手の“マリリン”こと本橋麻里とチームキャプテンの目黒萌絵が7日、都内で行われたジョニー・デップ主演最新作『アリス・イン・ワンダーランド』のPRのための日本限定「ミス・アリス」を選出するコンテストでゲスト審査員を務めた。慣れない仕事を目黒は「オリンピックとは違う独特の緊張感」、本橋も「試合していた方がラク」と四苦八苦で乗り切った。

【写真】笑顔がキラリ輝くグランプリ・栗生さんのアップショット

 映画は、ルイス・キャロル原作の世界的に有名な小説『不思議の国のアリス』のその後の冒険を描いたオリジナルストーリー。この日は、原作から13年、19歳に成長した主人公アリスのように“美しさと強さ”を兼ね備えた女性を選出するべく日本全国から募集を募り、9562名を勝ち抜いた8名による最終選考会が行われた。

 出場者は「自分の強さを3分間でアピールする」というお題のもと、それぞれダンスや歌、オリジナルの寸劇、トーク、絵、空手の型、映画館の場内アナウンスなどを披露。17年間続けているバレエで「日本のアリスを作ってみました」とロック調の曲に合わせて四季を創作ダンスで表現した、東京都出身の大学生・栗生二稲(くりゅう・にな=20)さんがグランプリに選ばれた。

 栗生さんはグランプリの瞬間「頭真っ白で、何言ってるかわからない。生まれて初めて賞をもらったので」と号泣。審査員として参加した、2010ミス・ユニバース・ジャパンの板井麻衣子は「栗生さんの笑顔がきらきらと輝いて、みんなにハッピーを与えていた」と評価した。

 本橋は「個性豊かな皆さんがいて、このコンテストが自分を見直すきっかけになったんだなと思いました。自分もカーリングを通じて、勝って嬉しかったり負けて悔しかったりという過程を経て成長してきたので、ちらちら頭に浮かばせながら見ていました」と出場者に自分を重ねていた様子。

 目黒も「最初のダンスを踊っている時が本当に楽しそうだった。緊張の場を乗り越えて表現できることがすごいと思いました」と競技者とはまた違った“表現”に感銘を受け、「オリンピックとは違う独特の緊張感があった。でも、大きな舞台で戦うというところは共通点がある」と本橋と同じく自分を重ねていた。

【関連】
「ミス・アリス コンテスト」ファイナリスト8名の写真
素肌の自然美が魅力的な女性アスリート、カーリングの“まりりん”もランクイン (10年03月05日)
バンクーバー冬季五輪、“感動指数” 「クリスタル・ジャパン」も名を連ねる (10年03月09日)
“最も感動した冬季五輪”、1位「長野・ジャンプ団体優勝」 〜原田の涙に感泣 (10年02月05日)
2010年ミス・ユニバース日本代表に元大分市役所勤務の板井麻衣子さん 感涙でいざ世界! (10年03月09日) 4月7日16時22分配信 デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000006-devi-ent
 
   
Posted at 19:02/ この記事のURL
寅さんに五郎さん?『ダーリンは外国人』の驚きに満ちた撮影現場の真相 / 2010年04月07日(水)
ある時は「男はつらいよ」の寅さん、またある時は「北の国から」の五郎さん、そして落語家と、『ダーリンは外国人』(4月10日公開)の撮影現場では、とっても楽しげな光景が繰り広げられていたという。実はこれ、ぜ〜んぶ宇恵和昭監督の演出の話。CMディレクター出身、宇恵監督のユニークな演出術はそれだけにとどまらない。

インタビュー中もほんわかしていた3人写真左は宇恵和昭監督

本作に主演した井上真央も「『カット!』の代わりに、綺麗!イケメン!キュート!という言葉が飛び交っている現場で、監督もしょっちゅうギャグをとばしていました」とその撮影を振り返る。

彼女が演じるのは、ひょんなことからアメリカ人のトニーと交際することになったイラストレーターのさおり。漫画家を目指しているという設定のため、劇中ではイラストや漫画を描く姿も披露しており、その腕前は原作者の夫が「ホント良く似てた」と感心するほど。

そんな彼女が苦戦を強いられたのが「イラストのトーン貼り」なんだとか。「洋服や袖の細かい部分に、貼っては削り、削っては、はがすという作業の繰り返しなのですが、これが難しくて。『慣れるまでガンバロウ』と、夜な夜な地道に練習していました」と明かした井上。

一方、迷言、珍言を繰り出しつつ、パートナーとなるさおりを見守るアメリカ人トニーを演じたのは、新鋭ジョナサン・シェア。実は彼、私生活でも奥さんは日本人。ゆえにトニーさんには共感することも多かったのだそう。「日本語で道を聞いても答えてもらえなかったり、洗濯の仕方がわからなくて相手のセーターをダメにしちゃったり、同じような経験をしているので、トニーさんにはとても共感しました」。

そう語るジョナサンは、さおりとケンカするシーンで、本当に落ち込んでしまったのだそう。「真央ちゃんは、スイッチの切り替えが上手だから、怒るシーンではものすごいパワーを発揮するんだけど、演じているうちに本当に悲しくなってしまってね。立ち直るのに2日間もかかりました。でも好きなシーンです」と明かす彼に、「私も好きです」と井上もニッコリ。監督も「迫真の演技で良かったよね」とニンマリ。普段は面白ギャグを飛ばす監督も、この日ばかりはギャグを封印! と思いきや「こらえ切れなくなって小さな声でボソっと言ってましたよ」と井上が教えてくれた。

国際結婚を題材にした本作。井上も「こんなに結婚について考えたことはない」と明かすが、特に憧れの結婚観はないとのこと。ただし原作者夫妻からは、たくさんの刺激を受けたようで「ふたりの掛け合いはホントに素敵で面白いんです。隣で一緒に自分の事のように、喜んだり悲しんだりしてくれる方がいるって、すごくいいなって思いましたし、これからの人生でそういうパートナーに巡り合いたいです」と笑顔で語った。

最後に「小栗家は大好きな家族! こんな素敵な家族に囲まれて幸せでした」と井上真央が締めくくる『ダーリンは外国人』。ぜひ映画館でご覧あれ!【MovieWalker/大西愛】 4月7日13時3分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000014-mvwalk-movi
 
   
Posted at 14:48/ この記事のURL
プロ野球「日韓クラブチャンピオンシップ」、韓国でも開催を期待 / 2010年04月07日(水)
 プロ野球の実行委員会が5日、東京都内で開かれ、日本シリーズと韓国シリーズのそれぞれの勝者が対戦する「日韓クラブチャンピオンシップ」を今オフも開催する方向でまとまった。近く韓国野球委員会(KBO)に要請するという。

 日韓クラブチャンピオンシップは、2009年から開催されているプロ野球の国際試合で、日本シリーズ(NPB)と、韓国シリーズ(KBO)それぞれの優勝チームが対戦する。賞金総額は2500万円。第1回目は昨年の11月14日に長崎・ビッグNスタジアムで開催され、日本の巨人と韓国のKIAタイガースが対戦し、巨人が初代の覇者となった。

 韓国メディアは2005年から2007年まで日本コナミの後援で韓国と日本・中国・台湾などアジア 4カ国プロ野球リーグのチャンピオンが実力を競う「コナミコップ」が開催されていたが、観衆動員に失敗し赤字が続いたため、コナミサが後援を中断した。新しいスポンサーが現われないまま、 2008年にはアジアシリーズという名前で開催された。去年には韓国と日本プロ野球優勝チームが取り組む日韓クラブチャンピオンシップとして生まれ変わったと紹介している。
 
 また「日韓クラブチャンピオンシップ、日本が先に提案」と題し、日本野球機構から公式な文書が届けば、韓国もただちに日程を調整し、開催を前向きに検討したいとのKBO側のコメントも紹介されている。

 日本のプロ野球界では、今シーズンから5人の韓国プロ野球出身の選手が登録されており、韓国内でも大きな注目が集まっている。そのため、韓国のファンは、今年も日韓クラブチャンピオンシップの実現に期待しているようだ。(編集担当:李信恵・山口幸治)

【4月7日13時42分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000045-scn-spo
 
   
Posted at 14:10/ この記事のURL
ドコモのスマートフォン「Xperia」、発売後の反響は?――カカクコムが報告 / 2010年04月07日(水)
カカクコムは2010年4月6日、購買支援サイト「価格.com」に蓄積される、アクセスデータや価格情報などを集計・分析した、レポートサイト「Trend News」にて、「Xperia」についてのユーザー動向やトレンドを報告した。

【画像が掲載された記事】

4月1日、ドコモから話題のスマートフォン「Xperia SO-01B」(ソニー・エリクソン製)が発売された。「Xperia」は、Google が主導して開発した OS「Android」を搭載するスマートフォンで、Android 搭載機としては日本国内ではすでにドコモから「HT-03A」(HTC 製)が発売されているが、国内で大きな注目を集めている端末である。

ソニー・エリクソンのブランド力と、事前に発表されていた高いハードウェアスペックなどが話題となり、これまでソフトバンクモバイルの「iPhone 3GS」などに乗り換えなかったドコモユーザーの期待を一身に集めた形となっている。

■気になる評価は?音楽再生とバッテリーの持ちに不満も
発売から1週間近く経ち、価格.com 上でのユーザーレビューもすでに50件を超えている「Xperia」。ユーザーレビューの総合ポイントは「4.12」(4月6日時点)で、総合的にはそれなりに高評価といえるレベルだ。ただし、このうちわけを見ていくと、評価の高い項目とそうでない項目とが比較的はっきりと分かれていることに気付く。

まず、評価が高いのは「デザイン」「画面表示」「文字変換」といったポイントだ。デザインについてはほとんどのユーザーが高い評価をしており、このデザインに惹かれて購入したというユーザーも少なくない。

また、画面表示に関しては、スマートフォンでは最大クラスのサイズとなる4インチ液晶が効いている。解像度も480×854ドットという非常に高い解像度を持っているため、インターネットサイトの表示はもちろん、「YouTube の映像がキレイに見られて驚いた」という意見が多い。

また、文字変換も、ボタンの押しづらさなどの問題も指摘されてはいるものの、変換精度については「さすが国産製」といった意見が多く、非常に評価が高い。このほか、ドコモならではの「通話品質の高さ」を挙げているユーザーも多かった。
 
逆に評価が低い項目としては「バッテリー」が挙げられる。これについては、ほとんどのユーザーが「1日持つかどうか」というような評価をしており、性能の高いスマートフォンとしては仕方ない部分もあるということは理解した上で、「予備用のバッテリーは絶対必要」といった厳しめの評価を与えている。

また、意外なことに「音楽再生」に関する評価がおしなべて低い。「ウォークマンのソニー」が作ったスマートフォンということで、期待していたユーザーも多いようだが、内蔵スピーカーや付属ヘッドホンの音質があまりよくなく、加えて、再生ソフトウェアである「Mediascape」に「イコライザーすら載っていない」という点も評価を落としている。

このほか、操作性については賛否両論あるものの、「ボタンの位置が悪い」「iPhone のほうがこの点はすぐれている」といった意見が比較的多かった。

■今後の課題も残るが、ドコモのスマートフォンとしては秀逸な製品
ドコモが“iPhone の対抗馬の筆頭”として期待をかけて発売した Andoroid ケータイ「Xperia SO-01B」だが、購入したユーザーの評価もまずまずといったところで、好調な出だしを切ったといえる。

バッテリーの持ちの悪さや、若干残る使いにくさの解消など、いくつかの問題はあるが、これまで登場してきたスマートフォンの中では、唯一 iPhone に対抗できる要素を持った秀逸な製品と言っていいだろう。

【関連キーワード】
Xperia | HT-03A
【4月6日17時51分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000031-inet-inet
 
   
Posted at 13:32/ この記事のURL
QNAP、法人向けNASキットに5ベイ搭載モデル「TS-559 Pro」を追加 / 2010年04月07日(水)
 ユニティは4月6日、QNAP製高機能NASキット「TS-559 Pro Turbo NAS」(以下、TS-559 Pro)の取り扱いを発表、4月14日より販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は11万5000円前後。

 TS-559 Proは、QNAS製法人向けハイエンドNASの中位モデルで、2.5インチ/3.5インチSerial ATA HDDを最大5基搭載することが可能だ。

 利用可能ドライブ数と本体サイズ以外の仕様は従来モデル「TS-659 Pro Turbo NAS」などとほぼ共通で、CPUとしてAtom D510(1.66GHz)を搭載した。RAIDレベルはRAID-0/1/5/6および5+スペア/6+スペアなどをサポート、VMware vSphere4 (ESX 4.0) 仮想化プラットフォームにも準拠する。本体サイズは210.6(奥行き)×235.4 (奥行き)×185(高さ)ミリ。

【4月6日21時40分配信 +D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000075-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 12:54/ この記事のURL
アスース、Athlon Neo搭載で5万2800円のモバイルノート発売 / 2010年04月07日(水)
 アスーステック・コンピューターは2010年4月5日、12.1型ワイド液晶を備えるモバイルノート「Eee PC 1201T」を4月8日に発売すると発表した。Eee PCシリーズとして初めてAMD製のCPUを採用したのが特徴だ。予想実売価格は5万2800円前後。

【詳細画像または表】

 ネットブックより大画面で高解像度なディスプレイとフルサイズのキーボードを搭載してA4ノート並みの使い勝手を実現した。ディスプレイは1366×768ドット表示対応の12.1型ワイド。CPUにはAthlon Neo MV-40(1.60GHz)を搭載。グラフィックスにはATI RADEON HD 3200を備え、ネットブックよりも描画性能を高めた。メモリーは2GB、HDDは250GB。OSはWindows 7 Home Premiumとなる。

 バッテリー駆動時間は約5.2時間。サイズは296(W)×208(D)×27.3〜33.3(H)mm、重さは約1.46kg。カラーバリエーションは、クリスタルブラック、ボルドーレッド、シルバーの3色。

(文/三浦善弘=日経トレンディネット)

【4月6日4時1分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000000-nkbp_tren-mobi
 
   
Posted at 12:16/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!