ムササビのみきたん

August 04 [Fri], 2017, 12:14
皆さんは蟹はお好きですか? 美味しい蟹が食べたい方は、ぜひ蟹通販を利用して蟹を買ってみましょう。


初めての方でも安心です。蟹通販なら、蟹の名産地から直送してもらうことができます。自宅にいながら、専門店さながらの美味しさの蟹がクリック一つで注文できる。



それこそが蟹通販の良いところです。お分かり頂けるでしょうか。


また、店頭では売り物にできない傷物の蟹も通販なら買えるので、かなりお得に蟹を味わえます。
上手に利用したいですね。

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。



最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹のふんどしを外します。
これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。
包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくというのが捌き方の基本手順です。蟹の魅力といえば、脚の身が絶品という方も多いですが、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。

蟹ミソを重視される方にオススメの蟹は何かと聞かれたら、私のイチオシは毛ガニです。毛ガニのミソは甘くクリーミーな味わいで知られ、新鮮な蟹なら蟹ミソの王道といえる味わいを実感できます。

私のオススメの食べ方は、脚肉をほぐしてミソとあえるというもの。ついつい普段よりもお酒が進みますね。
蟹通販は便利なものですよね。
ですが、せっかく取り寄せた蟹を美味しく頂くには、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。
皆さんも経験があるでしょうが、蟹は基本的にゆでて食します。そのため、茹で蟹の基本的なやり方に精通するのが肝要であるといえるでしょう。


さて、そのコツとは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。
たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。


そのやり方なら美味しい茹で蟹が簡単にできます。テレビの通販番組でも蟹はよく出ています。それを見て一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。


しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。ネット上でも、テレビと同じような値段で蟹通販が利用できるのか、お手元のスマホやパソコンで一度検索してみましょう。


なぜお勧めするかというと、一般にテレビ通販よりネットの方が安い値段で買える、または同じ値段ならより良い蟹を買えるからです。一方、詐欺やトラブルの危険性を気にされる方は、信頼と実績のあるテレビの通販番組を通じて購入する方が無駄な心配を防げるという点ではいいでしょう。かにの産地といえば?と聞くと、何といっても北海道ですね。まあ、当然といえば当然でしょう。毛蟹の産地に限っていえば北海道に限られるのが現状だからです。

日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。

そこで日本各地にそれぞれの種類が有名な場所があることでしょう。有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても実にいい味を出すので、世界有数のブランドがにです。チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産でかなり広く分布しています。



高級食材の割には、何でも食べるので外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。
養殖などで持ち込まれ、拡散することを防ぐため生体の輸入だけでなく、取引全体を固く禁じている国もあるくらいです。
私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないかもしれません。
その名の通り激安なので、一見、大きな魅力があると感じます。

でも、考えなしに利用するのはよくありません。

お得といっても度が過ぎる場合、安売りを騙った詐欺業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。



トラブルや詐欺に巻き込まれないためにも、事前によく調べた上で判断することをおすすめします。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。地域によっては、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

逆に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子と外子がバランスよく含まれており、一般的には、このような部位を茹で珍味として愛されています。


色々な方から、一番おいしいかにはとしょっちゅう聞かれますが、いつでも、ズワイガニと答えています。
ズワイガニは、産地が直接かにの名前になるという他のかににはない特長で、松葉ガニだの、越前ガニだの地域の名前入りのタグをつけたズワイガニは味の保証ができます。



他の産地より高いのには目をつぶっていただき、ブランド品のかには味噌もおいしいとすすめています。


皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。


それなら、いわゆるブランド品のかにをあたってみるそれで失敗はないでしょう。かに本体、あるいは箱を見てください。
ブランドがにならブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。

それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの立派な証拠です。


言うまでもなく、それが味の保証となっているので、自信を持って産地を表示し、一つのブランドを打ち立てたのです。


美味しい蟹が食べたいですよね。私も蟹が好きなので、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。

しかし、通販ならではの注意点もあるので説明します。通販では色々と確認が大事ですが、中でも事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。


詐欺まがいの量ごまかしをやってくる業者もいます。それ以上に大事なのが、冷凍された蟹の解凍です。解凍はプロでも気を遣います。急がず焦らず、自然に解けるのを待つことが大切です。急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。


かにのシーズンはじめに、テレビでかにを特集していました。

そこで通販を紹介していました。これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。

今まで生鮮食品を通販で購入したことはなく、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。届いたかにを調理して一安心しました。



ぎっしり身が入っていました。しっかりした味のかにで家族もお客様も大絶賛でした。



あの味は忘れられません。今年も買います。寒い季節のお楽しみとしてこれ以上のものはないと言えるのが、かにではないでしょうか。名産地の出所確かなかにを小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。かにを通信販売で購入するのに当たって何を基準にすべきなのか悩む人も多いと思いますが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。

これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。



何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。

日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。
最終的には、インターネットを活用して口コミを始めとする参考になりそうなサイトを一回りすれば、よいお店にめぐり合える確率は高いはずです。活かにをさばいてみましょう。

洗って汚れを落とし、30分水に浸します。軍手が必要です。



着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。次に甲羅と半身を離します。両手で持って、交互に半身を外すのです。
胴に残った黒い部分を取り除いて、かに味噌を出しておきます。
脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。


殻に切れこみを入れたり、殻の一部を削ぎ取っておくなど、一手間をかけてください。
コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。



最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。



代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、まんまと支払わされてしまうのですね。
本来なら支払いを拒むべきなのですが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかとそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。通販を名乗る荷物が突然届いた場合は、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。
お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば最後まで気を抜かないでください。それはただ一つ、贈るかにを決める際、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。


とてもよくある話ですが、お店の人に全面的に選択を任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。大事なお歳暮用のかにですから、お店の人との関係を大事にしてください。



初めての蟹通販。



初めての方でも安心して注文できるのはどういう蟹かというと、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。


一見、冷凍より生の蟹のほうが美味しいと思うでしょうが、専門店で扱うならいざ知らず、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、一般家庭では大変なので、そういった下処理が終わっている状態の商品を買ったほうがいいと私は思います。

今までにかに通販を利用した方、どこまで加工したものを買うかということで、ボイルしてあるものか、それとも活かににするか決め手がないと思った方も多いのは仕方ないことです。通販のかにの加工法を条件設定するときボイルではなく、活かににしてください。ほとんどの通販では、活かになら新鮮さやおいしさで勝っています。

丸のままの冷凍かには大きいので、丁寧に解凍しない方もいるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら解凍に手間ひまをかけるのが正解です。おいしく冷凍かにを調理して食べるためにまず行ってほしいのは冷凍庫からすぐに室内に出さずに面倒でも冷蔵庫に入れましょう。


これを守るだけでもかなり差が出てきます。手を抜かず行ってください。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yu
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ufsrmbourzmwdi/index1_0.rdf