やすいですよゴールデンスランバー

February 24 [Fri], 2012, 14:10

ゴールデンスランバー
『ゴールデンスランバー 』激安 販売 送料無料 お買い得 ¥4000円
¥4,000

読書が好きな方に質問です。
@私におすすめの本を教ゴールデンスランバー DVDえてください。
A伊坂幸太郎さんは、どんな作風でしょうか。

最近読書にはまっていて、あいた時間を見つけてはするようにしています。
しかしなかなか新しく好きな作家さんを見つけられずにいます。
気になったものを手当たり次第読めばいいのでしょうが、ついつい同じ作家さんに偏りがちで…(笑)
などがおもしろいと思いました。人間の内面を書いたような作品が好きです。ハッピーエンド、バットエンドは問いません。ユージニアや愚行録のように、第三者からの視点の本もあればもっと読みたいです。
おすすめの本がありましたら、よろしくお願ゴールデンスランバー DVD BOXいします。また、伊坂幸太郎さんの作風について教えてください。

@京極夏彦「巷説百物語」…分厚いですが、話は独立した連作短編です。人の因果といいますか業といったものが見えるかと。
小野不由美「屍鬼」…正義/悪者の境が問われます。上巻はホラー、下巻は人間の醜さ、哀しさ、強さが描かれます。
恩田陸さんに近しいなと感じたのは桜庭一樹さんや有川浩さんでしょうか。桜庭さんは「赤朽葉家の伝説」(確か三人称)、文章はライトでも内容が重ための「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」がオススメ。

質問者さまの挙げた傾向から、素直にハッピーエンドにならないものを選びました。。
参考になれば幸い。

Aですが、さんとほぼ同じです。長編だと、終盤にバラバラだったピースがはまっていく感覚、そして痛快な気分で読み終わる作品が多かったなと。終始疾走感が絶えない「ゴールデンスランバー 激安」は鉄板です。

@おすすめは、宮部みゆきの「火車」とかかな?
あと、テンポ良くどんどん読めるのが、今野敏の「隠蔽捜査」です。おもしろいです。

A伊坂幸太郎は、読後感が悪くないです。ほろりと感動させられるような温かさも感じます。
登場人物が魅力的。
そして何より、とにかく伏線のはりかたがすごいです。ちょっとした描写にもすべてつながりや意味がある、と言ってもいいかも。
読みながら、「あれ?これってもしかして。。。」と気付き、
前のほうのページを読み直す、という行為の連続です。
ゴールデンスランバー 販売」がおすすめです。

オススメの本は・・・伊坂幸太郎の「死神の精度」です。
人間の内面を描いた様な作品が好きなのであれば、伊坂幸太郎の中でもこの作品を薦めたいと思います。

伊坂幸太郎の作風は・・・全体的に落ち着いていて読みごたえがあると思います。
人間の弱かったり、汚い所を鋭く突っ込んでいる作品が多いです。
少し暗い感じのストーリーが多いのですが(明るい作品もあります)、そんな中でもクスっと笑える様なシーンもあります。
伊坂幸太郎の作品は違う作品のキャラが所々に出てくるのでそういった所も楽しめます。

東野圭吾さんの悪意を読まれたのなら、同作者の加賀恭一郎シリーズを読まれたらどうですか?
私はすべて読みましたが、新参ゴールデンスランバー 通販者が一番のオススメです
ハードカバーでお高めなので、図書館で借りて来てはどうでしょう
短編集に見えて実は一つの話なので、とても読みやすいですよ!

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ufozcc/index1_0.rdf