あがり症のためのスピーチ講座 実践

December 19 [Sat], 2015, 2:47
前者でも時と場合によっては笑って済ませられますが、後者の方がシーンを選ばずに聞いている人を味方にできます。「私はあがり症などではない。

スピーチが頭にすべて入っているのなら、多少大げさに、身振り手振りを交えて話すとより効果的。本番直前までは、自己暗示やおまじないにいそしんでください。

アメリカ大統領を演じるハリウッド俳優のようですが、これをあなたが演じるのです。スピーチなんて朝飯前だ」、これくらい強気に思い込みましょう。

そして、スピーチが始まる瞬間。「私はあがり症です」と、スピーチの冒頭で言ってしまうのです。

心構えも、原稿もばっちり。ここで大切なのは、「私はあがり症だから許してね」ではなく、「私はあがり症だけどがんばります」と聞いている人に思わせること。

というか、事前の準備が万端なら、それくらいしかやることがないはずです。これが成功すれば、あなたがあがり症だと気づく人は誰もいないはずです。

準備不足であがり症が顔を出すことはまずありません。多少失敗しても背伸びせずにやりたいのなら、あがり症をカミングアウトしましょう。

どうしても成功させたいのなら、俳優になりましょう。この時点で、スピーチは8割成功です。

それでもやっぱり、当日は緊張してしまうことでしょう。40代婚活
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ようすけuflu4t29
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uflu4t29/index1_0.rdf