恋愛って・・・

March 28 [Mon], 2016, 13:28
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
私はラッキーだったのか、全部飲み切らないうちに、下の子を授かりました。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。
しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。
葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害などを発症するリスクが高まると言われているそうです。
また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類ほど配合したサプリを選べば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も今から飲んでおくと安心です。
妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。
では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。
妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。
しかし、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。
妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。
一般的な食事では、十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。
最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも開発されています。
葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。
葉酸を多く含む食べ物ですが、フルーツでは、イチゴ、ライチに多いことが有名です。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲むのもおススメです。
友達と話していたら、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
ベルタが販売している葉酸サプリが気になっているようでした。
友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。
友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思っているんです。
妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性にも出来る妊活があるんです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
特に注意すべきは精子の染色体異常です。
受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。
多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。
特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。
葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。
もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。
サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できますから、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。
妊婦にとって重要な葉酸ですが、加熱すると失われやすいという弱点があります。
ですから、食材を調理して摂取しようと考える場合には気を付けてほしいポイントがあります。
それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。
葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。
とはいえ、加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。
こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アヤネ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ufi5ongro55icd/index1_0.rdf