ゼロ金利政策を解除

October 20 [Thu], 2011, 16:00
毎月の住宅ローン返済額を見直して家計にゆとりを
老後や教育資金づくりのために住宅ローンを見直しませんか。 住宅ローンの金利が高い時期に住宅ローンを組まれた方の場合、現在の低金利のもとで借り換える事によりローン返済額を大きく減らすことができる可能性があります。また、目的によっては返済額軽減以外でのメリットもみつかるかもしれません。多種多様な商品からライフプランにあった住宅ローンを検討してみましょう。

住宅ローンも通常の借金と同様に元金と利息でなりたっています。
住宅ローンの仕組みを理解しないまま業者の言うとおりに住宅ローンを組むのは大変危険です。
まずはしっかりと住宅ローンについて理解した上で専門の方に相談することがおすすめです。

日銀、ゼロ金利政策を解除。住宅金融公庫は住宅金融支援機構へ。
今、住宅ローンが変わりつつあります。
ゼロ金利政策の解除に住宅金融公庫の廃止、さらには民間金融機関の参入で、今住宅ローンは多様化、競争化の時代を迎えました。「どう借り、どう返すのがよいのか」 後悔しない住宅ローン選びをまずはしっかりと研究してきましょう。

もうひとつ、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が民間金融機関と提携した新型住宅ローン【フラット35】が発売されました。新型住宅ローン【フラット35】は、借換住宅金融支援機構が示す参考金利を元に窓口となる金融機関が自分たちの手数料を上乗せして販売します。そのため新型住宅ローンの特徴は、窓口となる金融機関によってローン金利・事務手数料が異なることです。

住宅ローンは大きく分けて「公的ローン」「民間ローン」の2種類に分けられます。
公的ローンはつなぎローン固定金利で長期返済ができるという特徴がありますが、住宅に関して細かな条件が設けられており、条件などで利用できるローンが制限されることがあります。
民間ローンはここ数年、住宅金融公庫廃止をうけて金融機関によりさまざまな商品が登場してきています。公的ローンにくらべ、物件に対する条件が緩やかで融資限度額も高額のものが多いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fgjfgh
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ufgjdftg/index1_0.rdf