医療現場で使われるレーザー

July 10 [Wed], 2013, 15:46
色素パルスレーザーは様々な医療現場で使われています。

ワーキングチューブと併用した軟性尿管鏡による腎結石摘出術、あるいは腹壁の小孔から行なう経皮的腎結石摘出術などが行なわれています。

体外衝撃波結石破砕法ではめんどうな内視鏡の使用は不要で、患者が水槽の内でじっとしている問に処置が終了します。

けれども大きな結石の場合、破砕片が尿管をふさぐことがしばしばあり、内視鏡による結石の処置が必要となります。

ごく一部の尿路結石ですが、シスチン結石や修酸カルシウムの一水化物の結石は、色素レーザーでは砕きにくいので、超音波砕石器の使用がまず最初に選ばれます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まつたけ
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる