第三回多摩川ウォーキングフェスタ 

October 07 [Thu], 2010, 11:35
サボりまくりのこのブログ。
でも、ブログタイトルからして、このことだけは書かなくては!

先週の土曜日、<第3回多摩川ウォーキングフェスタ>に参加したのだーーーー!

この大会の、記念すべき第1回大会では、30kmコースを完歩したワタクシ。
去年はランニングで脚を傷めていたので不参加。
今年はランニングのトレーニングの一環として、またがんばってみようかな、と。

でも何キロ歩く? おととしの30キロでもへろへろだったよ? だけど未知の世界も見てみたくない?
――と、激しい葛藤を経て、なんと最長の50kmコースに参加を決定。
ランニング仲間に声をかけたら、NONちゃんが早々に参加表明してくれた。
そして大会前々日くらいに、pekomintちゃんが「いまからでもだいじょうぶかなあ?」と、ドタ参表明。ヤッターーー


50kmコースのスタート地点は、東京都羽村市。最寄はJR青梅線の羽村駅。午前6時半までにスタート手続きしなきゃいけないってことで、NONちゃんとpekomintちゃんと、今回マネジャー参加だったふかぴょんが、わが家に前泊。
当然、飲み会。
当然、夜更かし。
当然、寝不足。
約一名は二日酔い(わたしじゃないよ)。

朝4時おきってわかってるのに、これだもんね

二日酔いの約一名にイブを飲ませて、立川駅へ。
始発の青梅線に乗り込むと、同じ大会参加者らしき人たちもちらほら。終電を逃して始発で帰ってきたらしいサラリーマンも
ちらほら。始発のわりに、乗客がけっこういるものねー。

羽村で道に迷いつつコンビニに寄って、大会のスタート地点へ。

受付でいろいろもらったんだけど、その大半をスタッフに返してきちゃった。
だって、これから50km歩くんだよ? 最初から荷物増やしてどうするの? マップやお水は必須だしありがたいけど、その他のチラシやなにかが入ったビニールの袋を片手に提げて50km歩くの? 大きいリュックの人ばっかじゃないのに。……って、偉そうな言いかたしちゃったけど、大会主催者さん、そのへん考えてくれるとうれしいです。ホントに。

スタートしてすぐ、<たまリバー50キロ>に出る。
<たまリバー50キロ>というのは、多摩川沿いに整備された、全長53キロのサイクリング/ランニング/ウォーキング用道路。その起点となるのが、ここ。



500メートルごとにある、この距離表示。
ふだんランニングするときは、これに合わせて時計を操作してペースを調整してる。
でも50km歩くとなると、この距離表示をみていると却って少しイラついてくる。だって、なかなか進まないんだもん。

それでも、異様に高いテンションでしゃべったり笑ったり歌ったりしながら、てくてく歩く。
スタートしてしばらくは、時速6kmくらいだったかなあ。
でもだんだん疲れてきて。
歩くことに飽きてきて。

15kmを過ぎたあたりで、「走ろうよ」の声が出た。
前夜から言ってたもんね、pekoちゃん。
50km歩くだけでも大変なのに、走ったりしたら絶対もたない! と思って、断固拒否していたわたし。
でもここにきてさすがに、歩くだけなのがつらくて、提案に賛同。
16kmから2km、走った。走ったといっても、ゆるゆるのジョグ。おしゃべりしながら走れるくらい。
それでも歩くよりは若干速いから、短時間で距離を稼げるし、それ以上にうれしいのは、つっぱってきた脚の筋肉がほぐれるということ。歩くのと走るのとでは使う筋肉が違うから、走っているあいだは、それまで使っていた筋肉を休ませてあげられる。

その後、何キロか歩いては2km走り、の繰りかえし。
ふだん走ってるときやランニングの大会のときに比べると汗の量が少ないせいか、トイレが近かったので、そのぶん休憩が多かったと思う。きっとそれもよかったんだね。
それから、今回のマネジャーとしてあれこれ世話をしてくれたふかぴょんが差し入れてくれたオヤツも、かなりいい仕事をしてくれたと思う。黒糖キャンディ、チョコレート、種抜き梅干。ふかぴょん、ありがとう!
そして、もちろん、ひとりじゃなかったことも大きかった! 
3人いたから、ずっと笑っていられた。
「疲れたから、なんか元気の出ること言って」と言えば、なんかおもしろいことを言ってもらえた。
ただし脱力作用満載なことを言われてHPもMPも奪われることもあって、諸刃の剣ではあったけど。
それでもいつのまにかHP回復しちゃう“回復のゆびわ”。それが仲間。

結局、6回走った。最後の1回はゴール前。
だって、50kmコースって、ゴール前をいったん通過して、2km先まで行って帰ってこなきゃならないんだよ。
これがつらいのなんのって。2km先にあるはずの折り返し地点が、5kmくらい先にあったように思えた。
で、堪えきれずに、折り返してから走った。pekomintちゃんのガーミンがバッテリー切れでも、かまわず走った。

ゴールしてふかぴょんが持ってきてくれたキンキンのエビスを一瞬で飲み干した。ああ、しあわせ。
みんなでお風呂はいって、打ち上げして、帰宅。

あんなにきつかったのに、お風呂に入ってるときにはもう、来年もまた出ようと思ってた。不思議だわ〜

今回、歩いた距離は38km、走った距離は12km。
50km全部ちゃんと歩いた人に拍手を贈りたいです。それってほんとうにすごいです。ズルしてごめんなさい。


最後に――筋肉痛は思ったより軽かった

ちょっとズル 

September 26 [Sun], 2010, 19:14
このブログの左コラムにあるジョグノートのグラフに、<たいへんよくできました>のスタンプがついた!
月間走行距離の目標をたてて、その目標を達成するとこのスタンプがつくのだけど、
今月はちょっとズルした気分。

というのも、いままではだいたい月間目標を100kmにしていたのに、今月はちょっと弱気で80kmに設定していたから。
今朝のランで80km達成できたんだから、がんばれば100kmいけてたかなあ。

来月は100kmをめざそう! おー!!

来月はランニングだけじゃなく、2日に<多摩川ウォーキングフェスタ>の50kmコースにも挑戦する予定。
正直、完歩できる気がしないんだけど……。
おととしの30kmでもへろへろだったもん。

なにか願掛けでもして、それを励みに歩こうか。
でもそれをやると、歩けなかったときのショックが大きくなるよなあ。

完歩できたら、立川駅でFUJIUのチーズケーキを買って帰ってもいいことにする、とかがいいかも。
FUJIYAじゃないよ、FUJIUだよ。


明日、手作り市に出店します! 

September 18 [Sat], 2010, 10:54
友人と手作りせっけんのネットショップをやっていることを前にも書きましたが、明日(9月19日)、<おうめ手づくりいっぱい市>という手作り市に出店します。



手作り市というのは、手作りの作品限定のフリーマーケットのようなものです。
一日限定のリアルショップといったらいいでしょうか。
(不要品・リサイクル品を売るガレッジセール的なものではありません)


場所はJR青梅駅近くの住吉神社の参道。

よかったら遊びにきてください!

生還 

September 15 [Wed], 2010, 16:35
おひさしぶりです。
ショップのブログのほうをキープするのがそれなりに大変で、こちらをサボってました。

最近、大変なことがありました。
フクが――あの元気なフクが――入院したのです!
またもや卵詰まりでした。

おなかに卵ができたのがわかってから数日たっても生まれず、体重がじわじわ増える一方。
なんかヤバそうだったので病院に連れていったら、本当にヤバかった。
今回は豪徳寺の先生のゴールデンフィンガーでも卵が動かず、自力産卵が難しそうな状況。
そのまま入院になってしまいました。

その上、このまま卵が出てこなければ開腹手術をしなければならないとのことで、手術のスケジュールまで組まれてしまいました。
卵といっしょに卵管を摘出する手術です。
卵管摘出手術じたいはそう危険なものではないらしく、その病院での死亡例はないとのことでしたが、だからって絶対大丈夫ということではありません。また、手術を待たずに急変するおそれもあり、状況は深刻でした。

もう、心配で心配で

でも、入院二日目の夜、病院から電話がかかってきて、卵が出たとのこと。
そして、本来手術の予定日だったきのう、フクはめでたく退院してきました。


生還したフク子さん


キョトンとしてます


今回はこれですんだものの、フクの卵詰まりはこれで2回め。
卵詰まりを3回やったら、卵管摘出を考えることになるそうです。
リーチかかってます!

そうならないためにも、発情のコントロールをカイヌシがしっかりやらなければなりません。
先生いわく、体重管理がいちばん大切とのこと。
食いしん坊のフクは一時期体重が60gに迫る勢いでしたが、50〜52gくらいにしたほうがいいと言われました。
要するに、エネルギーを持て余さないように、ということなんでしょうね。
一日に与えるペレットの量、いままでは6〜7gと決めていましたが、少し減らさなきゃなりません。
かわいそうだけど、心を鬼にしてコントロールします。
カイヌシもいっしょにダイエットしようかな。

きのうは帰ってからずっと眠たくてしかたがないようすで、ゴハンもろくに食べず、ひたすら眠っていました。
夜には絶食便が出るほどだったので、カイヌシはまたまた心配だったのですが、今朝おきてみたら、いつもの元気いっぱいのフクに戻っていました。よかった〜
入院中、熟睡できなかったのかな、と思います。
お友だちがいっぱいいて、ずっと興奮状態だったのかもしれませんね。


ところで、フク太郎ってば、カイヌシの心配をよそに、入院中も歌いまくりだったようです。
退院の会計のとき、看護師さんが教えてくれました。
それも、レパートリーをほぼすべて披露していた模様。
やるなあ、フクちゃん。

松丘亭 

June 24 [Thu], 2010, 7:38
ひさしぶりに松丘亭に行ってきた。
某名物教授がゼミの学生たちを連れていくというので、わたしもいっしょに。翻訳のクラスの学生もひとり参加。

学生がたくさん行くことを、お寺に前もって連絡してあったので、いつもとは違う、いつもより広いお部屋が用意されていた。
いきなり客が増え、しかも平均年齢がさがったので、噺家さんたちもちょっとびっくりだったかな。
そうそう、蝠丸さんとは行きの多摩川線のなかで偶然いっしょになって、いろいろお話がきけてラッキー。
そのときに「今日は学生が……」って話をしたら、「なにをやろうか」って悩んでたみたい。

で、こうなりました。

山遊亭くま八      たぬき
林家時蔵        目薬
三遊亭右左喜     愛宕山
神田愛山        講談・大阪夏の陣
柳家蝠丸        幾代餅

残念ながら鯉昇さんは今月欠席だったけど、みなさんとてもよかった!
昨夜のわたしのイチバンは、愛山さんの講談『大阪夏の陣』。

ゲゲゲ系 

June 21 [Mon], 2010, 20:53
某名物教授の研究室から、今日は本を3冊借りてきた。



面白そうな本、難しそうな本、エグいコミック、神田に持ってったら高く売れそうな稀少本――いろいろたくさんあるなかから、なぜこの3冊なのか。
これがわたしの好みを象徴している……のかなあ? ふとそんなふうに考えてみたら、たしかにそうだわ、という気がしてきた。

でも、河童のやつはね、決して好みってわけじゃないの。ただ珍しそうだったから。
それにほら、いま、ゲゲゲブームじゃない? 
朝のドラマは、最初のほうを見逃しちゃったから見てないんだけどね。

しかしまあ、これって、暗くてエグくて怖くておどろおどろしくて……でも面白いわ。





水木さんのこういう作品、ほかにもあったからまた借りてこようっと! 
  ↑
 好みじゃないとかいいつつハマってんじゃん


そういえば、帰りの電車のなかでこれ読んでたら、隣に座ってた男子中学生の目が釘付けだったわ

止まり木の使いかた 

June 16 [Wed], 2010, 11:35
サザナミインコって、ヘンな生き物ですよね。
日々、何度もそう思います。
とくにこんなときは感心するというか、呆れるというか――

相変わらずのカメラ嫌いなので、ズームで撮影。



もうちょっとズーム。



右足でケージの側面をつかみ、左足もケージを軽くつかみ(左足はなにもつかまず脱力していることも多い)、脇腹を支点にして止まり木に体重を乗せ、バランスをとっています。

これ、やじろべえごっこをして遊んでいるわけじゃないんですよ。
このままじーーーーーーーーーっとしています。
超リラックスしちゃってます。

ただ両足でケージにぶらさがっているよりも、止まり木に体重をかけたほうがラクチンだし、フトモモと胴体のあいだになにかを挟みたいという欲求も満たすことができるし、フク的にはすごく心地よい姿勢なのかもしれません。

でもねえ、これって、鳥としてどうなのよ、と思います。
カイヌシとして、ちょっと情けない気分にもなります。
なにより、止まり木の使いかた、間違ってます。

野生のサザナミインコたちも、相当ヘンな姿勢で暮らしているのでしょうね。

朝の青汁 

June 15 [Tue], 2010, 8:29
こないだちらっと書いたけど、最近、青汁を飲んでるのだ。



……写真がいい加減すぎ

青汁はにがい、まずい、といわれるけど、大麦若葉の青汁はけっこうおいしい。
毎朝こうして牛乳に混ぜて飲んでる。じつはこの中に粉末のコラーゲンも入ってるの!
あまり得意じゃない牛乳も飲めて、一石三鳥な朝の習慣。さて、いつまで続くかな。






梅、梅、梅 

June 11 [Fri], 2010, 22:47


ごろごろごろ、南高梅4Lサイズ! これで2kgあるの。
じつはこのほかにも見切り品の梅やら、ちょっと熟して黄色くなった梅やら買っていて、今年の梅仕事は、いまのところ全部で7kg。

そのうち4kgはお酢に漬ける、いわゆる梅サワー。
1kgは37度ブランデー梅酒。
2kgは43度泡盛梅酒。

去年、梅サワーと、25度黒糖焼酎梅酒と、37度ブランデー梅酒と、43度泡盛梅酒を漬けた。

25度の黒糖焼酎梅酒はダメだった。
黒糖焼酎の華やかな香りは梅にバッチリ合うのだけど、アルコール度25度っていうのが頼りなさすぎ。
あんた、言いたいことがあるならはっきり言いなよ、みたいなお酒になってしまった。
やっぱ、30度以上じゃないとね。

ブランデー梅酒は、わりと早くから飲めて、おいしい。

泡盛梅酒は、アルコール度が高いぶん、おいしくなるまでに時間がかかった。けど、1年寝かせてから飲んでみたら、すごくおいしかった! 泡盛でりんご酒を漬けたことがあって、それもなかなかよかったけど、泡盛には梅のほうが合うね。
長期熟成保存したらもっとおいしくなりそうなので、今年は泡盛を一升瓶で3本買った。
その泡盛を全部使うためには、梅をあと1kg買ってこなくちゃ。

意外な大ヒットが、梅サワー。
スーパーで一番安く売ってる穀物酢を使うので、おいしく飲めるようになるには最低3ヶ月かかるんだけど、これがスッキリしてておいしいの。
やっすい焼酎にちょっと混ぜてよし、水で割ってよし。
おもしろいのが、牛乳にちょっと入れてかき混ぜると、とろとろのヨーグルトドリンクみたいになるってこと。
去年もけっこうたくさん作ったんだけど、年内になくなっちゃった。今年はさらに多めにしたけど、どうかなあ。


私信: おねーちゃん、今年こそ漬けてみたら? やりかた教えたるに。

ぱっつんぱっつん 

June 09 [Wed], 2010, 0:28
じゃじゃーーん


くず餅なのだ。
わたしの大好きな丁稚きんつばのお店のくず餅。

この形態が変わってるでしょ。紙の包装をあけたら、こんな超パッツンパッツンなくず餅が登場したので、思わず笑っちゃった。
このフィルムを破いて中身をお皿に出して、黒蜜をかけていただくの。
お皿に出したところも写真に撮るともりだったのに、お皿に出すときの「ぷるんっっ!」な感じに大興奮で、撮るの忘れちゃった。

札幌に住んでたときにたまに食べたまりも羊羹を思い出すわー。
丸くてぱっつんぱっつんなのを楊枝でちゅんって突くと、包んでるゴムみたいのが一瞬ではじけて剥けて、中身がぷりって出てくるのね。
味がよかったかどうかより、覚えてるのはあの形状と楽しさだけだったりするけど。
形状と楽しさといえば、白樺羊羹もポイント高かったわー。
紙筒の容器に入った円柱型の羊羹を下からちょっとずつ押しだして、糸で切って食べるの。
これも、味がどうだったかは覚えてない。

このくず餅は、ちゃんとおいしかった。
カロリー低そうなところもいいよね……と、ためしてガッテンの<はかるだけダイエット>をはじめたばかりのわたしはつい思ってしまうのであった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:らむ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
JogNoteのニックネームも
 らむ だよ!
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像フェラガモ 公式 サイト
» ストレッチボードってすごいよ (2013年07月24日)
アイコン画像フェラガモ 店舗
» ストレッチボードってすごいよ (2013年07月24日)
アイコン画像CoFFee Cups
» EXERMUSIC (2010年10月15日)
アイコン画像らむ
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月10日)
アイコン画像らむ
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月10日)
アイコン画像ノア
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月10日)
アイコン画像二日酔いの御仁
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月08日)
アイコン画像らむのすけ
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月07日)
アイコン画像完歩おめでとうでござる byブログ侍
» 第三回多摩川ウォーキングフェスタ (2010年10月07日)
アイコン画像らむ
» 生還 (2010年10月07日)