高見がクロスバンドレッドテールキャット

January 18 [Mon], 2016, 8:44

引っ越しをして住所が変わりますとそれに伴い、運転免許証の住所変更手続きも必要になってきます。





ペーパードライバーの方などは、数年先の免許更新時までは免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。




例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。


他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。


そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。





日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、どんなことをしても費用は安くなりません。


当然ながら、土日とか祝日の引っ越しも高額の設定をされています。いくら割高でも、引っ越しする日は変えられないことが多いものです。



このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、数々の業者が無料見積もりサービスを行っています。


多くの業者から見積もりを集めて、費用を少しでも抑えていくべきです。



一人の引っ越しでは、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。ワンルームに住むとすれば、かなりの面積を占めるのがベッドです。





それに、業者がベッドを移動するとき、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう困った事態になることもあります。





そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみると結構適応できるのではないでしょうか。




挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやはり、転居元・転居先の隣近所へ挨拶しておいた方が気持ちよく生活できるポイントです。


挨拶をサボると隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。今後、迷惑をかけてしまう可能性のある隣近所の住人には、積極的に挨拶しましょう。


うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、梱包などの作業も、多くをお任せしていますが、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。


料金は料金としてちゃんと払うにしても、朝から夕方までかけて、大きな仕事をこなしてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。




おつかれさま、とペットボトル一本と各人に千円ほどを手渡しておりますが、他のお宅では、どのようなタイミングで、いくら包んでいるのか、知りたいと思っています。





たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで気配りが必要なのは何といっても割れ物です。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。


包み方にもコツがあります。


ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。


新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくと緩衝材として役に立ちます。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、かなり浸透してきました。



昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていたイメージを持っていたのではないでしょうか。ですが、今は運送会社の多くが一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。




日通のように、運送会社の中でも有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。


自分の引っ越しといえば結婚のときですが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。専門の業者にお願いした引っ越し自体が全く初めてで最初の電話から、緊張の連続でした。




最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。




また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもぜひお願いしたいと思います。大きな荷物の運搬を行なう際に、どうしても気を付けたいことは、大型家具、家電などにはなるべく傷がつかないような工夫をしたいところです。せっかくの新居ということで手に入れた大型家具などでしたら、何か緩衝材になるようなものを巻くなど工夫して注意深く運びたいところです。





きれいな新しい家具を、新しくてきれいな新居に置けるのは嬉しいのですが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、誰だってガッカリしてしまうでしょう。年金生活になれば、誰でも日常生活そのものが一変します。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払い続けられるかが問題になってきます。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも十分検討の余地があります。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時には考えていくべきでしょう。



現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、電話会社との間で、転居しても使い続けるための意外と時間がかかるやりとりが生じます。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話のない生活を余儀なくされますから特に年度末などは早急に移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば新しい環境に慣れるまで何かとお金が出ていくので引っ越しで業者を利用するにしても無駄なお金は使いたくありません。




少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。




ほとんどの割引サービスは年度末などの忙しい時期を外して引っ越しすることでかなりお安くしてくれるので可能であれば、その時期に引っ越しできるように調整していくのがおすすめです。



借りていた部屋から引っ越す時は、なるべくなら、少し掃除をしてから退去するのが良いようです。



何か効果があると到底、言えないのですが、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に良い風に、影響が出ることも考えられます。



さてお掃除に関してですが、何をしても落とせない汚れがあったり大きめの破損については、放置がベターです。



あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。お店などで、何かをしてもらったタイミングでいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人は相当大勢いるようです。





引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達に感謝をこめていくらか手渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。これらは、全く必要ないことではありますが、作業をする方からすると、もらえるのはやはりとても嬉しいもののようです。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。


買うことや譲ってもらうこともできますが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズを提供するサービスもあります。


契約成立でもらえるものが、ダブって余ってしまったという事態にならないよう、契約までの流れをよく見て、見積もりに来てもらう前に確認するのを忘れないでください。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:こころ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/uevireensvniti/index1_0.rdf