やっしーがオーロライエローグリーン

September 01 [Thu], 2016, 11:02
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。
全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。実は、かかる費用は歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:杏
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる