「データsim音声sim違い」に関して、調べてみた。RISAの携帯電話料金節約術まとめブログ

March 21 [Mon], 2016, 20:53
最近よく耳にする格安SIMについて、いくつかのポイントをご説明します。今まではどこの携帯会社も自社の扱う製品に「SIMロック」をかけており他社のSIMに乗り換えて使うことが出来なかったのでSIMフリーが義務化された今、格安SIMが注目されているわけです。多くのスマホユーザーは、月に7000円程度の料金を大手キャリアに払っているものと思います。なんと、大手キャリアから格安SIMや格安スマホに変更すると、大手に引けを取らないサービス内容で今までの半分の料金、約2000円〜4000円の値段で利用できるということです。最近ではイオンが格安スマホの取り扱いを始めるというニュースが話題になったので、イオンスマホという名前でなら知っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、この事実についてはどうでしょうか?実は、多くの格安SIM・格安スマホはドコモやauの電波を使います。つまり、「格安なのは電波が悪いから」ではありません。ドコモ・AUを使用している時と全く同じレベルの電波の届き具合なんです。しかも格安SIMの場合、契約期間に縛りがあり、大手キャリアの場合は2年間がほとんど。ところが格安SIMであれば6ヶ月程度と契約期間の縛りが短く、良心的です。データ通信専用の格安SIMであれば、契約期間のしばり・最低利用期間の設定が無いことがほとんどです。デメリットがあるとすれば、@docomoなどのキャリアメールが使えない点でしょうか。








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽向
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ueoamldtgrtcue/index1_0.rdf